MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
5分で完成! カルディで買える食材とシェリー酒で作る簡単タパス

5分で完成! カルディで買える食材とシェリー酒で作る簡単タパス

コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。

perm_media 簡単タパスの作り方を写真でまとめてチェック!! navigate_next

銀座の名店店主が、日本人の心の保存食で作るお手軽つまみを伝授

今回、人気の高級スーパー「カルディ」の商品を使ったタパス(スペイン語で小皿料理)のレシピを教わったのは、銀座の名店『BAR el sembrador(バル・センブラドル)」店主の須釜伸一郎さん

路地裏のバル。換気もバッチリ!

『BAR el sembrador』店主の須釜伸一郎さん

そもそもシェリーとはどういうお酒なのでしょうか?

スペインのヘレス地区で作られている酒精強化ワインです。辛口から極甘口まであって、味の変化を楽しめます」(須釜さん)

酒精強化ワインは、醸造過程でアルコールを添加し、アルコール度数を15度以上に高めていますが、しっかり熟成しているので不純物が少なく、悪酔いしないとされています。日本では吉田茂や松田優作などが愛飲したことで知られています。

シェリーは調味料としても優秀です。

「いつもの食材にちょっとシェリーを加えるだけで、本格的なスペインの小皿料理、タパスに化けますよ」(須釜さん)

小さなスペインで旅気分

銀座・泰明小学校近くの路地裏にある、わずか3坪の立呑みシェリーバー。店は小さくても、須釜さんの作るつまみは絶品です。コツは缶詰などの加工品を上手に使うこと。

スペインでは缶詰をよく使いますし、種類も豊富。缶詰専門のバルもあるくらいですから。日本の缶詰も最近はとても美味しくなりました」

今回教えてくれるのは、日本人の心の保存食ともいえるサバの水煮と、豆類の中でも日本人に人気の高いひよこ豆を使ったレシピです。どちらもカルディに売っています。

カレーに入れても美味しいひよこ豆

ポイントは塩を一切加えないこと。食材の塩分だけで十分、いや入れない方が断然美味しいです」

「サバ缶とひよこ豆のシェリー蒸し」の材料&作り方

材料。使ったのはたったこれだけ!

◆材料(1人前)

・サバの水煮…1缶
・ラ・プレッツィオーザ ひよこ豆…50g
※水気を切る
・YBARRA オリーブ(アンチョビ入り)…4粒
・ピュアオリーブ油…大さじ1
・ドライシェリー…15cc
・おろしニンニク(チューブ入り)…小さじ1
・山椒粉…適宜
・EXバージンオリーブ油…適宜

◆作り方

・フライパンにオリーブ油とおろしニンニクを入れ火にかける。
・サバ缶(汁ごと)、ひよこ豆、オリーブ、シェリーを入れ、フタをして強火で加熱。

オリーブ油でチューブの生ニンニクを熱して香りを出す

サバ缶は汁ごとドバッと豪快に

ひよこ豆もオリーブも全部最初に入れちゃいます

シェリーを調味料として使うのがコツ

・ふつふつとしてきたらフタを開け、フライパンをゆすりながら煮詰めてゆく。
・汁に少しとろみがついてきたら、山椒をふりかける。
・さらにとろみがつくまで、ゆすりながら3〜4分煮詰める。

だんだんトロみがついてきた

・エマルジョン(乳化)させるため火からフライパンをおろし、白濁するまでしっかりとゆする。
・仕上げにEXバージンオリーブ油をふりかけて完成!

最後に火からおろしてしっかりゆする!

とにかく簡単。正味5分もかからなかったのではないでしょうか。
まな板も包丁も一切使いません。そして塩などの調味料も一切不使用。

果たして本当に美味しいの?

完成! フィノシェリーとともに

食べてみると、しっかりと塩けがついています。サバの水煮、ひよこ豆、オリーブ、それぞれにかなり塩分が含まれている様子。確かにここに塩を足したら、塩っぱすぎてしまうかも。素材の味を活かすには、まさにNO塩が最適解です。

そしてシェリーと山椒の香りが利いています。

「山椒はスパイスというより、柑橘系のハーブ。シェリーはぶどうが原料なので、合わないわけがないんです」(須釜さん)

ゆすりながら火を入れるのがコツ

調理のコツはフライパンをしっかりゆすってスープをエマルジョン(乳化)させること。

温度が高い状態では乳化しないので、一旦鍋を火から下ろすのがコツです」

このね、スープがまた絶品なんです。パンを浸して食べたら、これだけで1食済ませられそう。ちょっと凝りたい人は、残った汁を油で炒めたお米に入れてフライパンで炊けばリゾットに。サバ缶の代わりに焼き鳥缶(塩味)でもイケるそう。

家庭の救世主・水煮缶で、さっそく今宵のおつまみ、いかがですか?

お店の張り紙。働かざる者食うべからず!

▼須釜伸一郎(すがましんいちろう)
茨城県五霞町出身。大学時代からバーやレストランで働き、25歳で銀座のシェリー専門店の社員に。30歳の時にスペインを旅し、シェリーの深みにはまる。2016年に独立、『バル・センブラドル』をオープン。

『バル・センブラドル』
[住所]東京都中央区銀座6-3-17 悠玄ビル別館1階角
[電話]070-4377-9839
[営業時間]17時半〜23時(土・祝は17時〜22時)
[休日]日
※営業日や営業時間については直接ご確認ください

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
いからしひろき

ライター歴25年。街歩きやグルメ、温泉が得意分野。おとなの週末では2020年2月号まで約3年半「東京タイムトリップ」を連載。著書は「開運酒場」「東京もっこり散歩」(いずれも自由国民社)。個人ブログ http://weekendmania.blog.jp/

関連記事
ジャパニーズモルトをメインに据えたバーだ。店主・高橋さんが国産にこだわる理由は至ってシンプル。ここが日本だからだ。
この店に行くと決めれば、普段よりもちょっとだけおしゃれをしようと思う。キッチン一体型のカウンター席に座ると、センスのいいBGMに混じって食材を切る音、炒める音が心地よく響いてくる。
店主・谷嶋さんは早大理工学部から大学院に進んで高分子化学を修め、化粧品会社の研究所に勤めた後、ウイスキー愛が高じてバーを開いた異色のバーテンダー。そんな香りのプロが日本ウイスキーの最高峰として推すのが「サントリーウイスキー 響21年」だ。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。
扉を開けて店に入ると、圧巻の光景が広がる。壁一面に設置された天井まで届く書架には、古今東西の稀少本……ではなく、世界中のウイスキーがびっしり。
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル