MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
いつかは行きたい、温泉好きの3つの格言を覆す会津若松の宿

いつかは行きたい、温泉好きの3つの格言を覆す会津若松の宿

コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。

perm_media 温泉宿好き必見の写真をまとめてチェック!! navigate_next

温泉好きに知られる3つの格言

JR会津若松駅から車で約10分、川沿いの道を少し行くと会津東山温泉『向瀧(むかいたき)』が忽然と姿をあらわす。

会津東山温泉「向瀧」

温泉好きには三つの格言がある。

1.温泉が良いお宿は食事に難あり
2.食事が良いお宿は温泉に難あり
3.両方良いお宿は懐に厳しい


バランスのとれた温泉旅館はなかなかないもので、温泉も良く、料理も旨いと、お宿の価格は高くなる傾向にある。また宿泊客にもかかわらず、いざ浴場に入ってみると日帰り入浴の客でごった返していたりして、幻滅する場合も多々あったりする。

しかしである、ここ『向瀧』に限って言えば、まず温泉が抜群に良い上に日帰り入浴は行っていない。そして料理も会津の伝統にこだわった郷土料理で存分に楽しめる。

さらにお値段も手頃。おまけに有形文化財に登録された建物は貴重な木造建築の部分を多く残していて何かとても懐かしいものに触れたようで感慨深い。

はからずして、いにしえの「会津東山」に迷い込んだ現代人の気分だ、この際思い切って東山の芸妓さんを呼んでみるのもまた一興だったりするかもしれない。

季節の料理 イメージ・夕食

とにかく日本屈指の名旅館と言って差し障りがないこちらは、温泉・料理・建築・客室・接客などすべてにおいてGood! であり、しかも驚くべき良心的価格のお宿なのだ。

中庭

温泉は源泉かけ流しの湯が完全放流

まず温泉、そして温泉、いつでも温泉。

『向瀧』自慢の温泉は、そのすべての浴槽で自然に湧出している源泉掛け流しの湯が惜しげもなく流れ落ちる完全放流式である。あまりにも粛々とお湯が湯船の中に流れ落ちてゆくので、チョットもったいない気持ちになってしまうくらいだ。

加熱も加水もせずにラジエータ効果を使って温度をうまく調節しており、湯口には温泉成分が固着堆積していていかにも体に染み込んでいきそうである。15時のチェックインから翌朝9時30分までいつでも新鮮なお湯が楽しめるのもまた良い。

湯質はカルシウムと塩化ナトリウムを多く含む硫酸塩・塩化物泉で無色透明。さらりとした感じのお湯はとても素直で何回でも入れる、まさに癒し系の湯だ。

きつねの湯

『向瀧』にはふたつの大浴場と3つの貸切家族風呂がある

大浴場のうち「きつねの湯」は会津藩指定保養所時代から有名で、お湯も45度前後と熱めで入るのに難儀するが、湯揉みをしたりして身体を慣らしてから湯に入れば意外とあっさり入れる。

源泉から湧き出る極上の湯独特のさらりとした肌触りで、毛穴がじわじわと開いていくのが実感できる。日常から気分転換を渇望していた人にはぴったりの湯だ。

ただし熱い湯がそれこそ粛々と流れ込んでくるのでたちまち湯船の温度は高くなる。我慢せずにいったん湯船から出て体を冷まそう。「きつねの湯」の天井は、軽石でできていて湯気がこもらない作りになっているので、湯船から上がれば身体はすぐに冷却される。

こちらの平田社長曰く「僕は子どもの頃から入っているけど、身体の厳しい時に必ず入るのはいつも、きつねの湯」なんだそうだ。

浴室はシャワーはおろか蛇口は一切ない昔ながらの湯治場風のお風呂である。

さるの湯

もうひとつの大浴場「さるの湯」は41度程度に保たれているぬるめのお湯で、低温が好きな人にはたまらない浴槽になっている。疲れている時に「魂を抜く」行為をするならこちらが最適だ。

さるの湯

温泉好きなら「きつねの湯」「さるの湯」を交互に浸かり「生きてて良かった感」を満喫するのも良いだろう。こちらにはカランもシャワーも完備している。

家族風呂、ひとりで入るといと楽し

家族風呂は「鈴の湯」「瓢(ふくべ)の湯」「蔦の湯」の3つがあり、無料でいつでも利用できる。そしてこの家族風呂をひとりで利用すると本当に心が休まるのだ。

実際、家族風呂の湯船の大きさは(微妙に違うが)、やや深い感じがするだけで、決して表面積は広くは感じない。しかしこの小さめに感じる湯船に入るとすごい勢いでお湯が流れ出る、それこそ大洪水状態だ。

そしてこの湯船から一旦出ると、見る間に流れ出る源泉で湯船はたちまち満たされていく。ここの繰り返しが、何故だか人間の本能をくすぐり全くたまらんのである。家族風呂侮れず! 温泉万歳!

『向瀧』に来たら、好みによってそれぞれ違う3つの浴場に、昼間、夜、朝と最低3回は絶対に入ってしまうこと確実である。

貸切家族風呂

全24室すべてが国の文化財の客室

客室は全部で24室、そのすべてが国の文化財に登録されていて造りも各部屋異なる木造建築である。

一室しかない「はなれの間」は、まるで殿様にでもなったような錯覚を覚えるほどの壮大な書院造りになっており、野口英世博士がお母様のシカさんと泊まられ夕食を楽しまれたりもした部屋で、内部は全部で20畳、3部屋に分かれて、専用のお風呂、廻り廊下の付いたお部屋となっている。

この部屋に飾ってある野口英世博士の墨書「美酒佳肴」(びしゅかこう)もこの時に書かれたものだ。

「はなれの間」に飾られている野口英世博士の墨書

四季折々の趣向を凝らした草花に、冬は雪見ロウソクも鑑賞できる中庭向きの客室は『向瀧』の真骨頂だ。

日本の原風景を凝縮した中庭を眺めながらの滞在は、心落ち着くものになること請け合いだ。

中庭向きの客室

景観は二の次に考える温泉好きの方におすすめするのは、リーズナブルな価格で楽しめる外向きの窓がある部屋。そうは言ってもはやはり文化財に指定されていて趣深い印象的なお部屋なのだ。

その他に階段が少ない部屋と温泉付きの部屋が少数ある。何を楽しむかで好みの部屋を選んでいただきたい。


会津東山温泉「向瀧」
[住所]福島県会津若松市東山町大字湯本川向200
[電話]0242-27-7501
https://www.mukaitaki.com/


お気軽プランの場合

【料金】
[1泊2食付きの料金]
大人1名:平日・休日19950円、休前日22150円、GW・お盆・正月期間24350円
小人1名:平日・休日13860円、休前日15400円、GW・お盆・正月期間16,940円
※すべて税・サ込み。1名1部屋利用の場合、+5500円(税・サ込み)
チェックインは15時、チェックアウトは10時です。


標準プランの場合

【料金】
[1泊2食付きの料金]
大人1名:平日・休日23250円、休前日25450円、GW・お盆・正月期間27650円
小人1名:平日・休日16170円、休前日17710円、GW・お盆・正月期間19250円
※すべて税・サ込み。1名1部屋利用の場合、+5500円(税・サ込み)
チェックインは15時、チェックアウトは10時です。

写真提供/向瀧 動画撮影/鵜澤昭彦

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
全室オーシャンビューの客室で、正面に伊豆大島を臨む絶景が広がる。露天風呂の眺めも素晴らしく、毎分100ℓという湯量を誇る、美肌の湯がかけ流されている。
 江戸期には松平家の別荘だった由緒ある「新滝」と、姉妹館「千代滝」。鶴ヶ城と城下町をイメージした館内の設えなど“会津らしさ”に彩られた2つの宿には、合わせて4ヵ所の趣きの異なるお風呂がある。
 古くは湯治場として栄え、現在は宿泊利用者数全国一位の温泉リゾートへと発展した箱根。老舗旅館からホテルまで様々な宿がそろうが、おすすめは芦ノ湖畔の森に佇む「小田急箱根レイクホテル」だ。
 富士箱根伊豆国立公園内に位置する「天城荘」。落差30m、伊豆最大級の大滝が敷地内にあり、この滝を間近に見る混浴露天「河原の湯」が名物の宿だ。
里山の野菜やきのこ、川魚、赤城鶏など地元食材をふんだんに使った「山人料理」が自慢の宿。米は自家栽培、味噌も無添加で一から仕込むというこだわりよう。
最新記事
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
みなさん、お正月におせちは召し上がっていますか? お重に詰まっているのは、一つひとつにその1年の幸せを込めた意味が付いた、日本の心であるお料理たち。大切に紡いでいきたい文化の一つです。そのおせち、デパートでは早くも来年の商品が予約開始。どうするか悩んでいる方、必読ですよ。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。1970年代に「柳ジョージ&レイニーウッド」を結成し、「雨に泣いてる…」などのヒットで熱狂的な人気を誇ったロック歌手でギタリストの柳ジョージ(1948~2011年)の最終回。“夜聴き”にぴったりな世界の曲を集めた『レイト・ナイト・テイルズ』シリーズが人気です。海外の有名ミュージシャンが案内人となり、オススメの楽曲を選ぶコンピレーションアルバム。今回は、日本から柳ジョージの原点とも言うべき曲が収録されました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル