MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
昼限定! 福岡のミシュランガイド一つ星店シェフ渾身のラーメン

昼限定! 福岡のミシュランガイド一つ星店シェフ渾身のラーメン

今やラーメンも様々。醤油や味噌といった枠にとらわれない一杯が増えています。福岡市にもまた、そんなラーメンがあります。フレンチコースからスピンオフした一杯は、組み合わせの妙に驚かされること必至です。

perm_media ミシュランガイド一つ星店シェフ渾身のラーメンを画像でチェック!! navigate_next

フレンチレストランのシェフが本気でラーメンと向き合う

福岡市南区平和の住宅街に位置する『ニシムラ タカヒト ラ・キュイジーヌ・クリアテビィテ』は、古い一軒家をリノベーションした独自の雰囲気を持つレストランだ。

西村貴仁オーナーシェフは、国内外で修業後、自身の店『ラ・ニッシュ』を一躍フランス料理の人気店にした。そして、2017年10月、さらなる可能性を見出し、料理内容などの一斉リニューアルを果たした。

フランス、中国、日本などさまざまな国の料理の技法を取り入れて、一品ごとの小皿コースで構成するレストランとして、ミシュランガイドのフュージョン部門で日本唯一の一つ星を獲得。シェフ自身が大好きだというラーメンも、コースに組み込まれ、今まで味わったことのない出合いが、大勢のゲストを喜ばせてきた。

オーナーシェフの西村貴仁さん

『ニシムラ麺』は、西村シェフの料理をより多くに人に知ってほしいと、2020年4月からランチの営業を開始。

1日限定50食、無くなり次第終了。唯一無二のスープと製麺屋慶史と共に作った麺が生み出すラーメンは評判を呼び、今では開店前に行列ができるほどだ。

『ニシムラ麺』

ポルチーニが薫る豊かなラーメン

ニシムラ麺のラーメンは3種。季節や時期によって変わるので、まさに一期一会だ。

現在の人気ナンバーワンだという「ポルチーニ茸ラー麺」は、ライ麦を練り込んだ麺が、一見するとそばのような色合いだ。見ただけだと和風のようだが、出された丼から立ち上ってくる圧倒的なポルチーニの香りに驚かされる。

ポルチーニ茸ラー麺(1000円))

食べた人の多くが、「コンソメスープのような」というのもよくわかる、奥行きのある滋味深い醤油スープが味わえる。

麺の上に乗っているのは、鶏チャーシューとバゲット、乾燥ポルチーニを戻して刻んだもの。ポルチーニの戻し汁はスープに入れて香り豊かに。添えられたバゲットを浸して食べるとしみじみ旨い。ラーメンのスープをバゲットで味わうって新鮮な体験だ。

ライ麦を練り込んだ麺

味変の方法はいろいろある、パルメザンチーズやトウガラシなど、また、入店時に注文するストウブ鍋で炊いたご飯など、味を広げる方法は多彩だ。ご飯は炊き上がると、ニシムラの豚と呼ばれるポークリエットと一緒に供される。

リエットにはバゲットだが、これは不思議とご飯にもよく合うように作られている。スープの最後の一滴、ご飯一粒まで味わい尽くせる至福のラーメンだ。

炊きたてご飯(ニシムラの豚付き) 小100円、中150円、大200円

構想1年以上! 大満足のカルボナーラつけ麺

ニシムラ麺ではつけ麺もメニューに上る。中でも、カルボナーラつけ麺は、西村シェフが完成までに1年以上の試行錯誤を繰り返したという逸品だ。

カルボナーラつけ麺(1300円)

太めのちぢれ麺にパルメザンチーズ、ベーコン、卵黄、鶏チャーシュー。つけ汁は、たっぷりのチーズと山芋が独特の食感を醸し出す。もちもち麺にスープ(つけ汁)がよく絡み、 クリーミーで豊かな風味が口の中に広がる

つけ汁がしっかり絡む

ここでも、ストウブ鍋のご飯は活躍する。スープに入れれば、もうリゾットの出来上がり。テーブルの上のパルメザンチーズを追加すれば、いっそうイタリアンな味わいが高まった。

ちなみに、ご飯は大、中、小から選ぶことができるが、店は中を推奨。でも、お腹に余裕があれば、大にしたっていいと思うくらいご飯の時間までも楽しい。ニシムラ麺のラーメンは、味わいを大きく広げてくれる一杯だ。

落ち着いた雰囲気の内観

■ニシムラ麺
[住所]福岡市南区平和2-5-29
[電話]090-4346-3153
[営業時間]11時半〜なくなり次第終了
[休日]金
[交通]天神大牟田線西鉄平尾駅平尾駅ビル口から徒歩15分

撮影/松隈直樹

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
牛島 千絵美

福岡市在住の食いしん坊ライター。美味しいものを美味しく食べるために、運動と月イチの歯のメンテは欠かせない。博多と言えばラーメンのイメージだけど、コシのないうどんも食べて欲しい。

関連するキーワード
関連記事
辛いメニューの中でもファンの多い〈麺〉は、種類の豊富さもまた楽し。じんわり系からピリピリ系、そして「あ゛ぁ゛!」な辛麺まで、どーぞ!
「ジロリアン」とも呼ばれる熱狂的なファンを持ち、首都圏を中心に約40もの直系店舗がある「ラーメン二郎」。その超人気ラーメン店をこよなく愛し、1人では行きづらいと思っている客の“ガイド役”を買って出ている学生がいます。早稲田大学の大学院修士1年の「清水くん」です。2020年1月からラーメン二郎に一緒について行く「レンタル二郎食べる人」のサービスを開始。1年間で160人をラーメン二郎に導きました。その“カリスマジロリアン”のインタビュー後編です。
ラーメンって日本中に色々ありますけど、その色々の中には本当に個性的なものもある! そんな個性的麺の中でも特に個性丸出しの「オッ!!」と思わず声が出ちゃうラーメンを、『おとなの週末』ライター・カーツさとうが勝手に試食。実力のほどを探ってまいりました。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目、『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。最後は、菅野製麺所!
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は三河屋製麺!
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル