MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
極上のご馳走「スキレットで焼く牛肉ステーキ」週末に“肉キャンプ”を楽しむ(1)

極上のご馳走「スキレットで焼く牛肉ステーキ」週末に“肉キャンプ”を楽しむ(1)

新型コロナウイルスの感染拡大で、3密を避けたアウトドアライフが注目を浴びています。 週末に楽しむバーベキューなどのキャンプ料理で、「肉」にスポットを当てました。第1回は、写真を眺めるだけで、お腹が鳴りそうな極上ステーキの紹介です。

perm_media 《画像ギャラリー》極上のご馳走「スキレットで焼く牛肉ステーキ」週末に“肉キャンプ”を楽しむ(1)の画像をチェック! navigate_next

スキレットひとつでソースまで完成

予算は3500円前後

数年前にブームとなったスキレット。スキレットは焚き火との相性が抜群で、スタンダードな味付けでも極上のステーキになる

強火でガンガン熱を入れるのではなく、表面に焼き色がついたら中火〜弱火でじっくり熱を通すことで、ふっくらやわらかく仕上がる。さらに赤ワインを煮詰めたソースは、ニンニクの香りと肉のうまみがたっぷり。ひとつのスキレットでソースまで作るから、片付けも簡単だ。

ステーキはサラダに載せたり、サンドイッチに挟んだり、応用が利くのもいい。


(1)肉を3㎝ほどの厚さに切って筋切り

(2)塩、コショウをたっぷりふる

(3)十分に熱したスキレットで軽くつぶしたニンニクをオイルで炒め(中火)、香りが出たら(2)の肉を中〜弱火で焼く

(4)あればミートプレスを使用

(5)焼き色がついたら赤ワインを入れる

(6)バターを入れ、弱火で煮詰めながら好みの焼き加減に

完成です

【ここが隠しワザ!】常温に戻した肉を焼く

スキレットをしっかり熱しておく

スキレットをしっかり熱し、ステーキ肉は筋切りをして常温に戻しておく。中~弱火で加熱し、焼き上がったら15分ほど焚き火のそばで休ませておくと、肉汁が閉じ込められ、美味。

【知っててよかった小ワザ】 ご当地の特産品は地元スーパーを狙え!

地元食材を探しに、ローカルスーパーをパトロール

日本各地にご当地ブランドの肉を扱う名物精肉店やスーパーがある。道の駅や直売所も付け合わせの旬の食材が手に入る可能性が高い。思わぬおいしい食材や珍しい肉との出合いを期待できるので、ぜひ調べておこう。わからなければキャンプ場を予約する際に相談。紹介してくれればラッキーだし、キャンプ場の食材セットに採用されている可能性も。

ただし、ブロック肉や珍しい部位、野菜を手に入れる場合は、事前に予約が必要だったりする。キャンプに出かける5〜10日ほど前に店舗に問い合わせをして、取り置きしてもらうと確実だ。

文/大森弘恵、撮影/鈴木優太


※『ベストカー』(2021年6月10日号より転載)

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
連日の猛暑ですが、バーベキュー(BBQ)に出かけたいテンションになっている人も多いのではないでしょうか。昨今は食材も道具も持たずに楽しめる“手ぶらでBBQ”がトレンドです。都会でも非日常を演出できる施設が多くありますが、7 月22 日には横浜赤レンガ倉庫前に屋外BBQ特設会場が初登場します。8月29日までの会期中、世界各国の名物料理から地元の新鮮な海産物まで、豪華な食材が豊富にラインナップ、旅行気分で堪能できます。
新型コロナウイルスの感染拡大で、3密を避けたアウトドアライフが注目を浴びています。 週末に楽しむバーベキューなどのキャンプ料理で「肉」にスポットを当て、4回にわたって絶品料理を紹介してきましたが、今回は調理で使う焚き火の基本編です。
新型コロナウイルスの感染拡大で、3密を避けたアウトドアライフが注目を浴びています。 週末に楽しむバーベキューなどのキャンプ料理で、「肉」にスポットを当てました。第4回は、焚き火で煮込む「燻煙丸鶏の日本ソバ」の紹介です。
新型コロナウイルスの感染拡大で、3密を避けたアウトドアライフが注目を浴びています。 週末に楽しむバーベキューなどのキャンプ料理で、「肉」にスポットを当てました。第3回は、焚き火で作るワイルドな“ローストビーフ”の紹介です。
最新記事
20年前、私はひたすら世界を旅をしていました。南米から中米の旅を終えて、メキシコから国境を越え、いよいよ自由の国アメリカへ。テキサス州ヒューストンまでの夜行バスと図書館で遭遇した驚きのルールをご紹介します。
ハワイ名物から、オリジナルフードまで味わえるレストラン「ザ・アイランド」 1号店が12月2日、東京・銀座にオープンしました。現地定番の味や創意工夫を凝らしたメニューはもちろんのこと、ホテルのロビーのような洗練された店内も大きな魅力です。ゆったりとした時間が流れる優雅な空間で料理をいただけば、慌ただしい師走にあっても、南国ハワイにいるような自分だけのくつろいだ時間を送ることができるでしょう。
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
get_app
ダウンロードする
キャンセル