MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
カトパン結婚で話題のスーパー「ロピア」のPBグルメがアツい!!

カトパン結婚で話題のスーパー「ロピア」のPBグルメがアツい!!

「ロピア」というスーパーをご存知だろうか? 6月6日に結婚したばかりの“カトパン”こと加藤綾子さんのお相手が社長ということで話題になっている。神奈川県を中心に59店舗を展開し、その多くが郊外の大型店。弁当・惣菜に続いては、プライベートブランド商品をご紹介する。

perm_media 記事にない写真もあり! 「ロピア」のPB商品を写真でチェック!! navigate_next

大人も子どももワクワクするスーパー、それが「ロピア」

先の記事でも書いたように、個人的にロピアのファン。どこかの店舗に足を運んだことのある方ならご存知かと思うが、肉売り場には巨大なステーキや、1本丸ごとの牛タンが並び、魚売り場では1kg近いアトランティックサーモンのどデカイ切り身が売られていたりする。

私のような独身&一人暮らしには、全く必要のないボリュームなのだが、売り場を歩き回るだけでなぜか気分が上がる。

それに、天井から吊り下げられた線路を走るオモチャの機関車は見知らぬチビッコたちに混じってずっと眺めていられるし、「ラブラブ、ロ〜ピア♩」でおなじみの、ちょっとダサめの店内BGMは妙に耳に残る。近くのスーパーに行くのとは異なるエンタメ性がロピアにはあるのだ。

ロピアの店内で販売するオリジナル保冷バッグ(ライター私物)

肉の加工品が充実のラインナップ

前回の記事では惣菜を紹介したが、ロピアではプライベートブランドの商品も実はアツい。元が精肉会社からスタートしたという経緯もあり、肉系の加工品が充実しているのだ。

ある日足を運んだ、船橋にある『ららぽーとTOKYO-BAY店』でゲットした商品をご紹介していこう。

「手造りベーコン」100g当たり149円

まずは、自社製の手造りベーコン。ロピアでは各所に自社工場を持っており、こちらは「自社湘南ハム工場より!」とのシールが貼られている。

大手メーカー製のものよりも、燻香が深く、脂身の甘さやコクもしっかりと感じられ、一般的なスーパーの棚に並んでいるなかでも、ちょっとお高めのベーコンという印象だが、お値段は100g当たり149円。

「串付きフランク」1袋537円

こちらは串付きフランク。1袋に6本入りで537円。

パリッとした厚めの皮からあふれるジューシーな肉汁。しっかりとした味付けなので、ビールのつまみにもぴったりだ。これだけ入ってこの値段なら納得のコスパ!

太く食べ応えがある

冷凍食品も実食、その実力は!?

ちなみに冷凍食品にもプライベートブランド商品がある。

今回は「若鶏モモ肉のトマトソース添え」と「ビーフシチュー」、いずれも322円を購入した。さて、実食。

「若鶏モモ肉のトマトソース添え」322円

まずは「若鶏モモ肉のトマトソース添え」。

若鶏のジューシー感はありつつも、ソースの味がちょっとボンヤリしているような? というのが、酒飲みの舌を持つ濃い味好きの個人的な感想。しかし、あとひと味加えれば、劇的に伸びそうな予感もする。

若鶏のジューシー感はあるが……

打って変わって、ぜひオススメしたいのが「ビーフシチュー」だ。

「ビーフシチュー」322円

牛バラ肉はホロッと繊維がほどけるように柔らかく、デミグラスのコクも抜群で高級感あふれる味わいだ。

ビーフがゴロリ

きちんと皿に移し替え、同じくプライベートブランド商品の「グラハムロール」(10個213円)でも添えれば、400円弱でかなり気合いを入れて作った食事と思われるだろう。ほのかに渋みを感じるデミグラスはワインのお供にもぴったりだった。

「グラハムロール」(10個213円)

編集部スタッフから最大の評価を得た商品

そしてこの日、撮影スタジオに集まったスタッフから一番の高評価だったのが、豪州産の鳴尾牛を使ったローストビーフである。

「鳴尾牛ローストビーフ豪州産」1944円

お値段は700g入りのジャンボパックで1944円とかなりお手頃。一枚一枚が大判で、火入れも文句なしのしっとり感。

ホテルのビュッフェに並んでいてもおかしくないほどの上質な味わいに驚愕したのだった!!

見よ、このボリューム!!

他にも、焼肉ダレや辣油メンマ、キムチなど、プライベートブランドの商品は多岐にわたっている。

PB商品には焼肉ダレ、辣油メンマも

それぞれの店舗ごとに扱っている商品は違うので、それを発見する楽しさもある。ぜひ近くの店舗で探してみては? 

撮影/小島 昇

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
菜々山いく子

「おとなの週末」ライター歴15年。毎月の覆面調査により、これまで食べ歩いた飲食店は都内を中心に3000軒くらい。趣味は海釣りとYouTubeの視聴という陽キャと陰キャを行ったり来たりの生活を送っています。好きな食べ物はTKGと旬の時期限定の生イクラの醤油漬け。

関連記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「Genと文庫食堂」。昭和生まれの人、昭和なものが「エモい」と思っている人、どちらも楽しめる動画です。
シュールで過激なのに、眺めていると童心に帰るような懐かしさと親近感があります。「粘土道(ねんどみち)20周年記念 片桐仁創作大百科展」(2021年11月20日~12月19日)は、そんなユニークな中にも観る者の心を和ませる不思議な魅力にあふれた美術展です。お笑い芸人・俳優でありながら、芸術家としての顔も持つ片桐仁さんの集大成。東京都内の会場を訪れると、22年に及ぶ創作の歴史が詰まった圧倒的な光景が広がっていました。
ワインを飲むと具合が悪くなる人がいる。二日酔いの話をしているのでない。「ワイン不耐症」と呼ばれる体質のことだ。その症状は、頭痛、吐き気、発疹、顔面紅潮など。中には赤ワインを飲んだ時に限ってこのような症状が出るという人もいる。人口の7〜8%の人(未成年者を含む)がこの不耐症だと言うのだから、ものすごい数だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から登場するのは、細野晴臣です。1969年に「エイプリル・フール」でデビューしてから半世紀以上、「はっぴいえんど」や「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」などで活躍し、日本のミュージックシーンに大きな足跡を残してきた音楽家が、まだそれほど世間に知られていなかった時代のインタビューで語った印象的な話とは―――。
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル