MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
「おしゃれスイーツ激戦区」東京・神楽坂の手土産になるおやつ

「おしゃれスイーツ激戦区」東京・神楽坂の手土産になるおやつ

神楽坂を歩いていると、そこかしこにスイーツのお店を見かけます。そんな隠れたスイーツ激戦区の、イートイン・テイクアウトで楽しめる“おやつ”をご紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》「おしゃれスイーツ激戦区」東京・神楽坂の手土産になるおやつの画像をチェック! navigate_next

イートイン編

『オー・メルベイユ・ ドゥ・フレッド』

奥:オリジナルドリンクメルベイユ(750円)
手前:メルベイユ(各320円)
写真左は、メレンゲにチョコレートホイップクリームを乗せ、ダークチョコレートチップでコーティングした一番人気の「メルベユ」。右の「エキセントリック」は、チェリー風味の甘酸っぱい味わい

口溶け滑らかな甘いメレンゲ菓子の幸せな余韻に浸れる

丸くこんもりした姿が愛らしいフランスのお菓子、メルベイユ

サクッと軽い、ひと口サイズのメレンゲを2個使い、たっぷりのホイップクリームをまとわせたら、チョコレートで周りをコーティング。

ひと口食べるとスッと溶けてなくなる、儚くも繊細な甘さに魅了されてしまう。ダークチョコレートやチェリーなど、フレーバーは全部で6種類。

フランス北部のリールに本店を構え、世界に40店舗以上を展開する人気店の本場の味を、ぜひご賞味あれ。

メレンゲ(各150円)
メレンゲの焼菓子は、サックリした軽い口当たりとほど良い甘さが魅力

手土産ならコレ!

メルベイユ4個BOXセット(1200円+箱代200円)
キュートな箱が手土産に喜ばれそう

[住所]東京都新宿区矢来町107
[電話]03-5579-8353
[営業時間]11時~20時、日~19時 ※共にテイクアウトは9時~
[休日]無休
[交通]地下鉄東西線神楽坂駅1a出口から徒歩1分

『オー・メルベイユ・ ドゥ・フレッド』

『甘味とお食事 マリアーヌ』

奥:お福餅2個(550円)
手前:おすすめ3種盛り(748円)
もち米は「はくちょうもち」、小豆は「きたろまん」(共に北海道産)を使用。夫婦岩が有名な二見浦に打ち寄せる波に見立てたあんつけは、注文後に手作業で仕上げる

上品な大人の味 和モダンカフェで三色のお福餅を堪能

お福餅は、三重県伊勢市で江戸時代から280余年続く老舗『御福餅本家』の看板メニュー。元は伊勢を訪れる旅人に餡餅をお福分け(お裾分け)したのが始まりだとか。

そのお福餅を食べられるのが、ビルの2階にある和モダンカフェだ。

餡子、抹茶餡、包み餅きな粉の3種を盛り合わせたセットが人気で、爽やかな飲み口の伊勢煎茶付き。もっちりして歯切れの良いお餅、滑らかなこし餡の上品な甘さは、まさに大人の味。伝統の味わいにほれぼれする。

奥:自家製梅シロップスカッシュ(605円)
手前:あんみつ(660円)
白餅と寒天に黒蜜をかけたあんみつに、南高梅を漬けた甘酸っぱいスカッシュを添えて 

手土産ならコレ!

お福餅4個入(480円)
8個入750円も販売

お福餅4個入(480円)

[住所]東京都新宿区神楽坂6-58 RITZ神楽坂2階
[電話]03-6280-7744
[営業時間]11時~21時(20時半LO)、日・祝~19時(18時半LO)
[休日]第2・第4月(祝日の場合は翌火休)
[交通]地下鉄東西線神楽坂駅1a出口から徒歩2分

『甘味とお食事 マリアーヌ』

テイクアウト編

『Organic Natural Sweets NICO』

いちごチーズクリームタルト(400円)

柑橘タルト(450円)

Lemonクリームタルト(400円)

チョコレートクリームのタルト(400円)

オーガニック素材の甘~い焼菓子に 心も身体も大満足

住宅地の中にひっそり佇む焼菓子の店。

北海道産小麦や平飼卵のほか、フルーツやナッツなどもなるべくオーガニックの物を使い、無添加で丁寧に仕上げる。そうして出来たお菓子は素朴な味かと思いきや、甘さはしっかり!

レモンの爽やかな酸味、イチゴや柑橘の甘酸っぱさなど、素材の味を生かしたやさしい甘さに気分もほっこり。

[住所]東京都新宿区赤城下町32 岡田ビル1階
[電話]なし
[営業時間]12時~19時、土・日・祝〜18時
[休日]不定休
[交通]地下鉄東西線神楽坂駅2番出口から徒歩4分

『Organic Natural Sweets NICO』

『Cookie & Chocolatハートの小径』

神楽坂カヌレ(各320円)

神楽坂カヌレ(各320円)

当日は外側がカリッ 翌日から少しずつ しっとりモチモチに

1日限定50個の「神楽坂カヌレ」はラム酒が利いた大人のスイーツ。インドネシア産天然バニラビーンズを使っているから香りが良く、焦がしバターのコクも相まってリッチな味わいだ。

常温でそのままのほか、冷蔵庫で冷やしたり、冷凍したあと自然解凍したりと3通りの食べ方を楽しめる

オンラインストアで冷凍便も受け付け。

[住所]東京都新宿区神楽坂3-1 サイレンス神楽坂1階
[電話]03-6228-1028
[営業時間]11時~19時
[休日]日・月
[交通]地下鉄東西線ほか飯田橋駅B4a出口から徒歩2分

『Cookie & Chocolatハートの小径』

『パティスリー プティ トモ』

カマンベールチーズケーキ(460円)

カマンベールチーズの美味しさが直球で伝わる魅惑のケーキ

2020年12月に横寺町から移転。

種類豊富なケーキやムース、マカロン、クッキーなどが並ぶなか、ひと際存在感を放つのが「カマンベールチーズケーキ」。岡山県にある吉田牧場のチーズの美味しさを最大限引き出したケーキはチーズのコクや旨みがストレートに伝わり、実に美味。

カウンターが6席あり、イートインもOK。

[住所]東京都新宿区神楽坂6-22 田南神楽坂ビル1階
[電話]03-5579-2450
[営業時間]11時~19時半(カフェ19時LO)
[休日]月(祝日の場合は翌火休)
[交通]地下鉄東西線神楽坂駅1a出口から徒歩2分

『パティスリー プティ トモ』

『チカリシャスNYアマリージュ』

コブラーギフトボックス12個(2700円)

コブラーギフトボックス12個(2700円)

素朴な焼菓子が 現代的でオシャレなギフト用スイーツに

コブラーとは果物にビスケット生地をのせて焼くアメリカの伝統的なホームメイドスイーツ。

ストロベリー、チョコ&バナナ、フィグ(いちじく)、りんごキャラメリゼ、ブルーベリー、季節限定フルーツ(取材時はさくら)の6種類があり、ザクザクしたクッキー生地と甘い自家製コンフィチュールが好相性

日持ちは常温で約30日。

[住所]東京都新宿区神楽坂3-2
[電話]03-6265-3191
[営業時間]11時~22時
[休日]無休
[交通]地下鉄東西線ほか飯田橋駅B4a出口から徒歩2分

『チカリシャスNYアマリージュ』

オシャレなスイーツが 集まる街・神楽坂

神楽坂は粋な大人が飲める街。ずっとそう思い込んでいたが、今回の取材で、美味しくオシャレなスイーツが集まる街でもあることを知った。

まずはフランス菓子の『オー・メルベイユ・ドゥ・フレッド』

シャンデリアが燦然と輝くゴージャスな店内に、メレンゲを使ったかわいらしいお菓子が並んでいる。2、3階はカフェになっていて、どの階にもキッチンスペースが併設され、お菓子を作る様子が眺められるのがユニークだ。

メレンゲとホイップクリーム、チョコレートのハーモニーが素晴らしいメルベイユのほか、ブリオッシュやワッフルなども販売。

季節限定フレーバーのメルベイユや、今後はアイスクリームなども登場するかもとのこと。新作が登場していないか、こまめにチェックしたくなる店だ。

イートインでもう1軒は『甘味とお食事 マリアーヌ』。創業元文3(1738)年という歴史を誇る伊勢の名店『御福餅本家』がプロデュースした和カフェである。

ここで食すべきは、なんといってもお福餅。波打つように盛り付けられた餡子が見目麗しく、粘りがありつつ歯切れの良いお餅は美味。香り高い伊勢煎茶を飲むと、心の底からホッと落ち着く。

この他、『Organic Natural Sweets NICO』のオーガニック素材を使った無添加焼菓子、『ハートの小径』のラム酒たっぷりカヌレなど、レベルの高いスイーツが目白押し。

また、『チカリシャスNYアマリージュ』では、アメリカの伝統スイーツ“コブラー”が手土産に最適。全部で6種類のフレーバーがあり、6~30個まで大小さまざまなギフトボックスが用意されているのも便利。

『パティスリー プティ トモ』のカマンベールチーズケーキは、こんなにもカマンベールチーズを全面に押し出したケーキはない!と感動したスイーツ。空いていれば、店内のカウンター席でゆっくり食べるのもおすすめだ。

食べて美味しく、贈る人にも喜ばれるとびきりのスイーツを求めに、神楽坂をぶらりと歩いてみてはいかがだろう。

撮影/小島昇 取材/松田有美
※店のデータは、2021年5月号発売時点の情報です。


※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
まんじゅう、お菓子、ケーキetc.…麻布十番をぶらり歩けば、そこかしこでおやつにぴったりなアイテムに出会います。自分用によし、手土産によしな逸品を集めてみました。今回は、洋菓子・つまみ編!
人気・実力ともに急上昇中の国産チーズ。見た目も味わいもさまざまな、絶品チーズが揃っているお店をご紹介します。4軒すべて、オンラインショップもあります!どれを買おうか迷ってしまったらお店のスタッフに相談するか、「チーズ豆知識」にあるチーズタイプも参考に探してみて。
国内ナンバーワンシェアを誇るデリバリーピザチェーン「ドミノ・ピザ」が7月7日、新作メニュー「夏のよくばりクワトロ」を8月末までの期間限定で発売しました。「夏にこそ食べたい3大テイスト『さっぱり』『スパイシー』『揚げ物』」(広報資料より)がひとつのピザで味わえる贅沢な一品です。
都会の真ん中の渋谷にオープンしたのは2012年のこと。「街にできたてのチーズを」をコンセプトに、多摩地域にある牧場直送の搾り立てミルクを使い、チーズを手作りしている。
まんじゅう、お菓子、ケーキetc.….。東京・麻布十番をぶらり歩けば、そこかしこでおやつにぴったりなアイテムに出会います。自分用によし、手土産によしな逸品を集めてみました。今回は、和菓子編!
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル