MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
銀座にガーデンテラスの「ラルフズ コーヒー」が誕生 ラルフ ローレンが1年限定のコンセプトストア

銀座にガーデンテラスの「ラルフズ コーヒー」が誕生 ラルフ ローレンが1年限定のコンセプトストア

ラルフ ローレンが2日、東京・銀座に1年限定のコンセプトストア「ラルフ ローレン 銀座」をオープン。銀座通りに面した2階建てのストア内には、「ラルフズ コーヒー」が併設されています。銀座の中心にいながら、オープンエアのガーデンテラスで自慢のコーヒーやスイーツが楽しめる贅沢な空間です。

perm_media 《画像ギャラリー》銀座にガーデンテラスの「ラルフズ コーヒー」が誕生 ラルフ ローレンが1年限定のコンセプトストアの画像をチェック! navigate_next

銀座の新たな名所に 緑がまぶしいオアシスのような空間

コーヒーカウンター

ラルフ ローレン 銀座を訪れると、コーヒーカウンターがまず目に入ります。日本で6店目(他に、東京・表参道、新宿、横浜、名古屋、京都)となるラルフズ コーヒーです。コーヒーカウンター前には13席のシッティングスペースがあります。窓際が2階まで吹き抜けとなっている開放的な空間で、銀座の街並みを眺めながら、過ごすことができます。


銀座の街並みを眺めながらコーヒーを楽しめます

ガーデンテラス

この1階フロアを少し奥に進むと、アパレルスペース。そして、入り口とは反対側のガーデンテラスに抜けられます。ガーデンテラスは、緑に囲まれた“オアシスのような空間”です。グリーンのテーブル、グリーンと白のアンブレラが配置され、44席が設けられています。

ラルフズ コーヒーは他の5店舗も、アパレルのショップと併設されています。ガーデンテラスは銀座が初めてです。

ガーデンテラスはペットもOK。外なので、コロナ禍でも安心感があります。ベンチシートにはクッションが置かれ、ゆったりとくつろげます。

コーヒーカウンターの奥がアパレルスペース、その先にガーデンテラスがあります

新メニュー「ポロバーサンデー」が日本に初上陸

ポロバーサンデー(提供写真)

ラルフ ローレン 銀座のオープンを祝って、日本のラルフズ コーヒーに加わった新メニューがあります(新宿の店舗では提供なし)。「ポロバーサンデー」(税込み880円)です。ラルフ ローレンが米ニューヨークの5番街に構えるレストラン「ザ ポロ バー」のメニューを再現したもの。ラルフズ コーヒーの紹介文には「良質なバニラアイスクリーム、ホイップクリームに、フランス・ヴァローナ社製のチョコレートを使った自家製の温かいチョコレートソースをかけてお召し上がりください」とあります。プレオープンの時に、味わってみましたが、トッピングされた「ピーカン・プラリネ」(ピーカンナッツを使ったプラリネ)のサクサク、カリカリの食感が新鮮です。アイスクリームはほどよい甘さでコクがあります。うん、美味しい!

ラルフ・ローレン本人がNYで飲むブレンド

Ralph‘s Coffee

コーヒーの代表的なメニューが、Ralph‘s Coffee(税込み550円)です。紹介文には、「クラシックな本物のコーヒーのフレーバー、深みのあるチョコレートのトーンで適度な酸味」とあります。確かに、コクがあって、深い味わいです。そして「再生可能な資源の活用や土壌や水の保護を重要視している南米、アジア太平洋の農場のオーガニックコーヒーを使用」。何よりも、ラルフ・ローレン氏本人が好きなブレンドとのことです。

銀座限定のスペシャルメニューも

ラヴァフロースムージー(提供写真)

銀座限定のスペシャルメニューもあります。「ラヴァフロースムージー」(税込み1210円)です。紹介文には、「ハワイアン・カクテルの〈Lava Flow〉をイメージし、フレッシュなパイナップルにストロベリー、ココナッツ、ライムのフレーバーを加えたトロピカルなスムージー」とあります。「Lava Flow」とは、溶岩流の意味。「赤いストロベリーのピューレがハワイの溶岩を表現」しているとのことです。

情報発信ステーション「RL NEWS STATION」

情報発信ステーション「RL NEWS STATION」

ラルフ ローレン 銀座では、新たな試みも始まりました。ストア2階にある情報発信ステーション「RL NEWS STATION」です。毎月、様々な映像コンテンツをオンライン上で配信。ラルフ ローレンと歩んできたアーティストらを迎え、スペシャルムービーも順次公開していく予定です。

また、「POLO BEAR In the House」として、AR(拡張現実)コンテンツを用意。アイコンでおなじみのポロベアと、ストア内で記念撮影できるほか、ラルフズ コーヒーで一緒にコーヒーを楽しむこともできます。

2階へ続く階段の壁には、1967年の創業以来の歴史が記されるなど、ストア全体が、ラルフ ローレンの世界観を体感できる魅力的な構成となっています

2階フロア

「ラルフ ローレン 銀座」の店舗情報

ラルフ ローレン 銀座

[住所] 東京都中央区銀座2-6-3
[電話]03-6438-5872
[営業時間]11時~19時
[交通] 地下鉄有楽町線銀座一丁目駅8番出口から徒歩約1分

撮影・文/堀晃和

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
今回は、吉祥寺のスイーツ情報をお届けします! 東京・吉祥寺と言えば、「おとなの週末Web」的には、私「おっさん女子」ですね。一応女子だが、マインドはおっさんという女子とおっさんのいいとこ取り(笑)。そんな私にぴったりのスイーツが吉祥寺に初上陸。その名も『SAKEICE(サケアイス)』です。日本酒+アイスという、ドリンク界とスイーツ界のスター同士の夢の競演。上陸した場所は、吉祥寺の地元民が愛してやまないアトレ吉祥寺本館1Fです(現在開催中で、8月31日までの限定オープン)。
がっつりしたご飯もいいけれど、甘味もパフェに洋菓子、食べたくなりますよね。喫茶店には魅力的なメニューがたくさん。ここでは懐かしくて可愛らしい“おやつ”を厳選しました。甘~いひとときをお過ごしください。
「モーニング」は名古屋のおハコとよく言うけれどいやいや、東京だって素敵なモーニングはあるんです。しかもどれもがきちんと手間ひまかかってて、姿形も愛くるしくって、もう、朝からジーン……。そんな魅惑のモーニングを、『おとなの週末』ライター・オカジュンがなぜか少々酔っぱらい気味に(?)朝散歩しました。
神楽坂エリアのカフェ「マドラグ」のおすすめサンドイッチのグルメ取材記事と写真のページ。京都の名喫茶「マドラグ」の東京進出店。オーナーがスタッフに直接指導したため、本店と同じ製法・味わいのサンドイッチを楽しめる。
ポルトガルの修道院発祥の伝統菓子はパイ生地と卵黄クリームが絶妙。人気ポルトガル料理店『クリスチアノ』が展開するエッグタルトの店「ナタ・デ・クリスチアノ」。国産小麦使用のパイとこだわりの玉子を使ったクリームは「現地のものよりも美味」と店主が胸を張る。クリスチアノの惣菜も販売している。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル