MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
秋葉原の“あいどる”に会える串カツ田中に行ってみた

秋葉原の“あいどる”に会える串カツ田中に行ってみた

「アイドルに会える串カツ田中」がアキバ(東京・秋葉原)にオープンしたらしい……!噂を聞きつけ、『おとなの週末』編集・武内、ライター・カーツが早速行ってきました。

perm_media 《画像ギャラリー》秋葉原の“あいどる”に会える串カツ田中に行ってみたの画像をチェック! navigate_next

アキバの串カツ田中が“あいどる”に会える店になっていた

『串カツ田中』といえば、お手頃価格で豊富な串カツメニュー。大阪の串カツ文化を関東に広めたといっても過言ではない大手串カツチェーン……ですが! !

と、編集・武内が電話で話しだした。一体“ですが”の後は何?

「アイドルに会える串カツ田中が秋葉原にオープンしたって!」

その電話の24時間後。我々は、早くもその店『串カツ田中アキバあいどる店』に入店していた。

”あいどる”たちがお出迎え

エレベーターが開いた途端、「いらっしゃいませ〜」

と出迎えるのは、この店オリジナルのアイドルコスチューム風制服の店員さんというか、この若い女の子たちがアイドルなのだった。

コロナのせいでメジャーデビューを目指すアイドルたちの活動場所が秋葉原といえども激減。そんなアイドルの卵を応援し、ファンと触れ合う場所を提供したいという串カツ田中の願いから、この店は生まれたのだった。

アイドルの卵たちを応援!

「ソースをお持ちしました〜。お通しのキャベツちゃんや串カツくんにタップリとどうぞ〜」

“キャベツちゃん”ときて“串カツくん”。このムードがこの店のデフォルトのスタイルなのだ!
そんな店に58歳のオレが来てもいいんですか、武内さん?

「大丈夫! 回りを見て」

たしかにオヤジも多いね!

「年いってる客は金もありますし、いろんな意味で太い客ですよ」

そうすね。じゃ、串カツ田中名物のチンチロリンハイボールでもやってみますか。

チンチロリンのサイコロも、他店とはデザインが違うのだ!

ジョッキもオリジナルデザイン

「ファイトォォォォ!」

サイコロを振る時にすごく励まされます。ちっとうれしいです。

その他に、アイドルがケチャップで絵を描いてくれる『おえかきオムそば』などこの店のオリジナルメニューも多い。

おえかきオムそば(840円)

ふりふりポテト(490円)
アイドルがふりふりいたします!

もちろん串カツは安定の田中クオリティ。
だからといって「串カツの味はいかがでした?」とアイドルに聞かれ、

「他の串カツ田中と同じ!」

と応えた武内さんの対応は、いかがと思うぞ!!

定番5本盛り(740円)

串カツ田中 アキバあいどる店

[住所]東京都千代田区外神田4 - 4 - 2 HULIC & NewAKIHABARA3階
[電話]03-6206-4294
[営業時間]15時~20時、土・日・祝12時~20時※変動あり
[休日]無休

撮影・取材/カーツさとう
※店のデータは、2021年8月号発売時点の情報です。


※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
L字形の重厚な一枚板カウンターに、棚に並ぶグラスが暗闇の中で浮かび上がるような照明。2019年8月14日に開店したこの店では、そんなドラマチックな空間の中で焼鳥コースを楽しめる。
「カレー味のもつ煮」が看板メニューのひとつ。ごく最近発案された変化球系煮込みなのかと思いきや、歴史は3代前まで遡る。
ストップをかけるまでお任せで供される串揚げは、全種類180円とリーズナブル。定番の肉や魚介、野菜類のほか、「ハマグリ」や「生湯葉」といった独創的なメニュー、月ごとの旬のものなど約40の食材が並び、あれこれ食べたくなるはず。
開店14年を迎える焼きとん屋。昔は立ち飲みだったが10周年を機に席が設けられ、座って食事できるようになった。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル