MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
目の前に立ちはだかる「山」を「牛肉」パワーで越えよう|2021年8月の開運メシ

目の前に立ちはだかる「山」を「牛肉」パワーで越えよう|2021年8月の開運メシ

「山」という象意を持つ八白土星が司る8月は、私たちの前に突如「山」が立ちはだかる。「山」は「目標」や「夢」「理想」の象徴だ。山を見上げワクワクする人、ビビる人、登っていくのはあなた自身! 「山登り」パワーをくれるのは、八白土星食材の「牛肉」。夏真っ盛りの8月、「牛肉」を食して目の前の山を越えていこう!

perm_media 写真で2021年8月の開運メシをチェック!! navigate_next

まず知っておきたい! 2021年8月の全体運

これまで調子がよかった人にも、今ひとつだった人にも、
8月は「動かない」「止まっている」という感覚や状況がやってくる

そう感じたら、今月の八白土星の気に乗って、
目の前に「山」がきたと思って間違いない。

その山、行く手を阻む「障害」の場合もあるが、
自らもう一度自分の「目標」や「夢」を
設定し直すべきときにきているという合図
でもある。

止まっている間はむしろどっしりと構え、
次への一歩を踏み出す準備をしっかりと。

再び歩き出した先には新しい世界が待っているはず!

どんな「山」=「目標」「夢」も真っ向勝負! 「牛肉」で山登りパワーをゲット

八白土星が司る8月には、その象意である「山」が私たちの前に現れる。

その山を、前向きに「目標」「夢」と捉えるのか、ネガティブに「障害」と捉えるのかによって向き合い方も変わるけれど、今月の「山」にはぜひ挑戦していきたい

ハイキング気分で楽しみながら登れる山もあれば、命がけで挑む山もある。高い山であればあるほど、山頂についた時、目の前にはきっと今まで見たことのない景色が広がっているはず。「目標」や「夢」という山頂を目指し、ルートを決め、ペースを考え、時には誰かと協力し合いながら一歩一歩着実に進んでいこう!

そんな山登りに挑戦するパワーをくれるのが、八白土星の食象意「牛肉」。ガッツリと牛肉を食して、ぜひ目の前の「山」を制覇しよう!

さらに、人間の体を作るのに必要な栄養素であるタンパク質をしっかりと補え、エネルギー代謝に不可欠なビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンが含まれた「牛肉」は、夏バテ防止にもぴったり!

残暑もまだまだ厳しい8月、「牛肉」で心身ともにパワフルに!

8月に食べるべき、オススメの開運メシをチェック!

熟成和牛厚切り上ハラミ

『味道苑』の熟成和牛厚切り上ハラミ

スタミナといえば「焼肉」は絶対外せない。最強のコスパを誇る名店の上ハラミで最強の山登りパワーを!

ハンバーグランチ

『鉄板焼さとう』のハンバーグランチ

目の前の鉄板でジュウジュウ焼かれる300gのハンバーグ。きつい山道だってて「楽しみながら」が鉄則!

牛カツカレー

『ベイリーフ』の牛カツカレー

牛カツカレーは夏バテ防止の最強メニュー! ここ一番「ファイト一発!」の正念場にオススメ!

宮崎牛サーロインのすき焼き

高い山をがんばって登った自分にご褒美するなら、ちょっと贅沢にごちそう「すき焼き」!

九星別 8月の運勢


「九星気学」とは、世の中に流れる「気」を9つの質や象意に分類し、運勢を読み解いていく学問です。

「運命は自ら切り拓く」という考えのもと、「気」の流れをとらえ、今が「攻め」なのか「待ち」なのか? 「動」なのか「静」なのか?

行動の指針として活用できます。

個人の九星は「生まれた年」により「本命星」として決まっています。

まずは下の本命星一覧表から生まれ年を元に自分の「本命星」を調べ、今月の運勢を見てみましょう。


※九星気学では2月4日〜翌年2月3日を1年としているため、1月1日〜2月3日生まれの人は前年生まれとなります。
例)1966年1月15日生まれ → 1965年生まれ=八白土星



立秋を境に、人と関わることが楽しくなる8月。
少し出費はかさむけれど、お誘いにはすべてOKを!
しばらく連絡をとっていなかった友人に、
自分から連絡をしてみるのもオススメ。
ふだんはLINEやメールなど文字のやりとりが多い人も、
今月は、直接電話で話すことで、
言葉以上の何かを感じることができるはず。
聞こえてくる懐かしい声が、
ちょっと停滞気味の心と体に、
やさしい風を吹き込んでくれる予感。

予想外の出来事や、突発的なアクシデントに見舞われる8月。
中でも家族や親族とのトラブルが起こりやすい。
ちょうどお盆の時期と重なって、
久しぶりの顔が集まる場で火の粉が降りかかることも。
「私、関係ないですよね?」と思っても、
今月のトラブルはできるだけ「引き受ける」覚悟が必要。
正論が伝わらない場面もあるけれど、
そこは柔軟に、諦めず、不貞腐れず、
押したり引いたり試行錯誤をしてみよう!

気分も明るくアグレッシブに過ごせる8月。
持ち前の行動力に加え、頭の回転も早くなり、
自分を「天才!」とか「無敵!」と感じてしまいそう!
ただし、自惚れや自信過剰になると、
足元をすくわれるので気をつけて!
今月は、周囲からの評価が上がる一方で、
思いがけない妬みや嫉みも生まれやすい。
そんなときには、自分の正しさを主張するより、
相手へのやさしさや思いやりが大切!
寝冷えや夏風邪にご用心!

運気ダウンの8月。出足から体調を崩したり、
仕事がうまくいかないなど、躓くことが出てきそう。
今年何か新しくスタートをきった四緑木星も、
日々忙しくて動き回っていた四緑木星も、
8月はペースを落としてゆっくりと。
思い切って夏休みをとり、充電やメンテナンスがおすすめ!
慌ただしさの中では見えなかったものが、ふっと見えてくるかも。
秋から再び活発に動けるように健康管理もしっかりと!

しばし低迷気味だった運気を経て、調子が戻ってくる8月。
気持ちもフットワークもスッと軽くなりそう。
持ち前のリーダーシップで、大勢の人をまとめるなど、
明るく元気に活動する五黄土星は人気者に!
そのとき大切なのは、外面よりも内面性。
「口ばかりで行動が伴わない」と
一気に信頼を失うので気をつけて!
たくさんの情報もゲットできるので、
必要・不必要なものをしっかりと選択して活用しよう!

8月から数ヶ月、好調運気の波に乗り充実した日々が続く。
特に今月は、やる気や活気に溢れ、滞っていたことも動き出す。
物事が自分が思ったよりもスピーディに進むため、
「決断力」と「行動力」が試される場面も!
また、男女ともに予期しない出会いやうれしいご縁に恵まれ、
新しいスタートを切るきっかけが生まれるかも!
どんな場面でも、誠実であることを心に留めよう。
早寝早起きが開運ポイント!

運気は絶好調! 思い切り自分らしさを発揮したい8月。
ただ、七赤金星はいざというときに足踏みしたり、
最後の最後であきらめてしまいがち。
自分の可能性を信じて、自信を持って前に進むこと!
そうすれば、良き仲間、良き仕事に出会い、
自分自身の器が大きくなっていく。
恋愛運も急上昇! 「それ、わかる!」と
何かで意気投合することから始まりそう。
調子に乗りすぎて羽目をはずすと痛い目に! 要注意!

八白土星が主役になる8月は、
逆に自分を見直す1ヶ月になりそう!
生活や仕事、中でも自分と周囲との関係において、
これまで気づかなかった小さな問題が浮上するかも。
立場の上下は関係なく、自分から目配り、気配りを!
先月までの勢いが止まるため、不満を感じることもあるが、
今月は、前や先ばかりを見るよりも、
しっかりと足元に注意を払うことが大切!
そこには次なるチャンスの芽が生えているかも。

8月、運気は上昇! 再び忙しい毎日が到来する。
良いことも、面倒なことも吉凶混合でやってきそう。
思いも掛けない出来事に遭遇しててんやわんやとか、
感情のアップダウンも激しくなりがちに。
腹がたっても周囲とのケンカは避けること!
コップに入った水を見て、
「これしかない」と思うのか?
「こんなにある」と思うのか? で、
状況が違って見えるように、
どんなこともポジティブに楽しむ気持ちを忘れずに。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
鈴木彩夏

しゃべること、食べること、飲むこと大好きの七赤金星。 「九星気学」読み解きのおもしろさにハマり、ただいま絶賛開運中!!

関連するキーワード
関連記事
9月は「人生の悦び」というキーワードを持つ七赤金星が司る。人生の楽しみ方は人によって違うが、七赤金星が絡むと必ずそこには「人とのコミュニケーション」がついてくる。「人と会って話す」「いっしょに美味しいものを食べる」など、コロナ禍の現在では難しいが、9月はさまざまな方法でコミュニケーションを楽しみたい。そんなあなたを七赤金星の食材「卵」がバックアップする!
マスク生活にもだいぶ慣れてきたけれど、思わず「暑い〜」という言葉が口をつくこの季節。さらに7月は「太陽」「光」の象意をもつ九紫火星が司るので、天候だけでなく運勢にも強烈な光が降り注ぎ、私たちの頭上を照らすことに。でもこの光は「閃き」や「直感」「気づき」をもたらしてくれる。そんな九紫火星の気をゲットするには、夏にぴったりのあの苦い食材がオススメ!
梅雨の季節と重なり体も気分も凹みがちな6月。今年はさらに「穴」という象意を持つ一白水星の気がコラボするため、運気にも穴があく。しかしこの穴、運気の流れの中では大切なポイントで、そのメッセージは「自分メンテナンス」。サーキットで過酷なレースを走る車が何度もピットインして整備をするように、人間もときどき整備が必要。6月がまさにそれ。「穴」の空いたものが目についたらしっかり自分メンテナンスを!
春に芽吹いた新緑たちが本格的にすくすくと伸びていく5月は、「二黒土星」の運気が地球を包み込む。木々や植物がどんどん繁茂するように、今月は私たち人間も「自分を育てる」チャンスに恵まれる。そのために必要な二黒土星の「気」は? そして今月食べて欲しい「開運めし」とは???
新年度や新学期がスタートする4月。背筋がシャキッと伸び、心が引き締まる一方で、これから出会う新しい何かにワクワクドキドキする人も多いはず。そんな4月を司るのは、九星の中でも一番やんちゃで明るい「三碧木星」。今月はとにかく「陽気に明るく」、「無邪気に楽しむ」ことが開運のカギになる!
最新記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
コロッケ、ハムエッグ、明太子…人気のおかずの多くは、惣菜パンとして商品化されています。皆さんのおススメ商品は何でしょうか?個人的なお気に入りは断然「ちくわパン」です(北海道出身です)。 JR東日本のエキナカの「NewDays」「NewDays KIOSK」で開催中(9月27日まで)の「北海道フェア2021」で、そのちくわパンがラインアップされていると聞いてチェックしました。ちくわパンといえば、札幌の人気パン店「どんぐり」が発祥です。どんぐりのちくわパンとの比較もしてみました。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から取り上げるのは、“ユーミン”ことシンガー・ソングライターの松任谷由実。今も胸に残る初対面の時の言葉とは…。
get_app
ダウンロードする
キャンセル