MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ベイリーフ(カレー/赤坂見附)|牛カツカレーが看板メニューのカレー専門店!夜はおつまみもあります♪

ベイリーフ(カレー/赤坂見附)|牛カツカレーが看板メニューのカレー専門店!夜はおつまみもあります♪

都内でも数少ない、牛カツカレーが看板メニューのカレー専門店。牛カツはほんのり赤身が残る絶妙な火入れで、歯ですっとかみ切れるほどやわらかい。

perm_media 《画像ギャラリー》ベイリーフ(カレー/赤坂見附)|牛カツカレーが看板メニューのカレー専門店!夜はおつまみもあります♪の画像をチェック! navigate_next

ベイリーフ(最寄駅:赤坂見附駅)

牛カツのために考え抜かれた辛・甘・酸のハーモニー

これを美味しく味わうために考えたというカレーは、口に入れた瞬間、強い甘みを感じるが、直後に鋭い辛さが訪れる。続いて、奥のほうからじんわり広がる酸味。食べ進むうちにそれらの味が一体化してくるのが何とも心地良い。チリや唐辛子を利かせているほか、リンゴなどのフルーツを溶け込ませているのがポイントだそう。最後に、甘酸っぱい自家製の福神漬けを混ぜて締めくくる爽快なリセットも最高!

牛カツカレー
1030円

牛カツの下味は塩コショウだけで、肉の旨みが引き出されている。ビールにも合う。オリーブオイルと塩コショウで味付けされたセットのサラダは、シンプルだけど食欲をそそる味で、箸休めにもぴったり

野菜たっぷりカレー
950円

ベースは牛カツカレーと同じ。野菜は、ナスやニンジン、シシトウ、ズッキーニなど。油で揚げることで甘みが凝縮され、とろとろに。それぞれの味の違いで飽きずに食べられる

お店からの一言

店長 佐藤裕子さん

「夜はつまみもいろいろ揃えています」

ベイリーフの店舗情報

[住所]東京都港区赤坂3-20-6 川木ビル3階 [TEL]03-3584-0137 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、18時~23時(22時半LO)※昼はなくなり次第終了 ※ランチタイム有 [休日]土・日・祝 [席]カウンターあり、全31席/全席禁煙/夜は予約可(カレーのみ注文の場合は不可)/カード可(夜のみ)/サなし [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか赤坂見附駅10番出口から徒歩3分


電話番号 03-3584-0137

撮影/貝塚 隆  取材/井島加恵

2019年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
カレーの要であるスパイスをまとったご飯「ビリヤニ」は、スパイスカレーとはまた別次元の旨々メニュー! しかも最近、じわじわとファンが増殖中。注目&食べどきの、スパイスフード界のキラーメニューなのです!
巣ごもりの食生活で何かと便利なのがレトルト食品。中でも食べた満足感が特に高いのがカレーではないでしょうか。スーパーには多くの商品が並んでいますが、『おとなの週末』ではちょっとリッチな「無印良品」推し! 41種類から選んだ人気3品+1はコレだ。
ダシを使うことが多い大阪のスパイスカレー。だがこちらはあくまで現地の味にこだわる。
メニューの大半が南インド・ケララ州の料理というこちらの看板は、もちろんカレー。皿に副菜がのった「ミールス」で提供される。
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル