MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
囲炉裏と鍋 三九(すき焼き・しゃぶしゃぶ/池尻大橋)|駅徒歩2分!目の前の囲炉裏で焼かれる料理は臨場感抜群

囲炉裏と鍋 三九(すき焼き・しゃぶしゃぶ/池尻大橋)|駅徒歩2分!目の前の囲炉裏で焼かれる料理は臨場感抜群

赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。

perm_media 《画像ギャラリー》囲炉裏と鍋 三九(すき焼き・しゃぶしゃぶ/池尻大橋)|駅徒歩2分!目の前の囲炉裏で焼かれる料理は臨場感抜群の画像をチェック! navigate_next

囲炉裏と鍋 三九(最寄駅:池尻大橋駅)

心が躍る囲炉裏端最高の宮崎牛を使った関西風すき焼き

まずは前座に目の前で炙ってくれる海鮮串などを堪能したら、いよいよ真打ちの登場だ。すき焼きに使用するのは宮崎牛。ほとんどが店主・谷口さんの実家で丹誠込めて育てられた牛肉だという。関西風に鉄鍋で焼いてから割り下と昆布ダシを絡めて出来上がり。美しい霜降り肉の上品なコクと甘みは息を飲むほどの旨さだ。さらに手頃な値段も拍手喝采! この観客席は通常9席のみで、10名まで貸切も可能だ。

宮崎牛サーロインのすき焼き(写真は2人前)
3780円

囲炉裏の炭火を眺めながらいただくすき焼きは、風情もあいまって格別の味わいだ

肉入り太焼きそば(写真は2人前)
540円

すき焼きの〆はうどんが定番だが、こちらは中華麺をチョイス。鍋に存在感あふれる太麺を投入し、具材の旨みや割り下を絡め取る! 香ばしく焼き色が付いたところで召し上がれ。宮崎牛の切り落とし肉もたっぷり入って、〆まで贅沢な味わいだ。残った生卵につけて食べるのもオススメ

宮崎牛とウニの炙りユッケ
1400円

表面だけを炙った牛肉を賽の目にカットし、ウニをトッピング。店主の叔父が作る、ほんのり甘い宮崎醤油でいただく

ぼたん海老串
1本 320円、1本 480円~540円

炭の柔らかな火で炙った海鮮串焼きも絶品! 本ししゃもは身に旨みを蓄えたオス。ぼたん海老は弾けるようなプリプリ食感がたまらない(季節により、入荷がない場合もある)

お店からの一言

店主 谷口大輝さん(左)、料理長 千葉拓究さん

「2018年9月にオープンしたばかりです」

囲炉裏と鍋 三九の店舗情報

[住所]東京都目黒区東山3-1-7 スウィフト東山102 [TEL]03-6875-8893 [営業時間]18時~24時(23時半LO)、土・日・祝17時半~24時(23時半LO) [休日]月 [席]囲炉裏席のみ、全9席/全席喫煙可/予約可/カード可/炭代2%、席料540円別 [交通アクセス]東急田園都市線池尻大橋駅東口から徒歩2分


電話番号 03-6875-8893

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2018年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ラムへの愛に満ちている、代表の越坂部さん。「日本各地や世界中でラム料理を食べまくった」と言う彼がいちばん美味しいと思う食べ方を追求した結果が「焼き」と「しゃぶしゃぶ」。
しゃぶしゃぶを提供し続けて40年以上。肉問屋との長い付き合いから、上質な肉を低価格で仕入れられるのが強みだ。
銀座ですき焼きならこの店を置いて他になし! 肉皿に乗るのはびっしりサシの入った黒毛和牛の大判リブロース。
客はそれをネギのタワーともチョモランマとも呼ぶ。看板「葱豚しゃぶしゃぶ」のネギのことである。
福岡を代表するサバ料理といえば、サバの刺身を醤油ベースのたれ、白ごま、薬味であえた「ごまさば」。 でも、あんなすばらしい味は福岡に行かなければ到底ムリ(涙)と思っていたら……。 「東京都内で福岡の料理を提供しているお店の多くに、ごまさばがありますよ」と、Facebookグループ『東京にある福岡のお店に行こう』発起人の宮脇さんが情報を提供してくれた。
自宅での晩酌やリモート飲みも増え、自宅用の酒肴が欠かせない今日この頃。ウニの濃厚さとからすみの塩気が絶妙な『天草産うにからすみ』や、焼くだけで至福の味わい『広島産 殻付きかきグラタン』等、見た目も味も抜群な通販商品を、厳選してご紹介します!
台湾の軽食や甘味が楽しめる。豆乳プリン・豆花に舌鼓を打つのもいいが、寒い冬には「鹹豆漿」がおすすめ。
城下町である松本は喫茶店やカフェが多いことで知られている。特に人気があるのが女鳥羽川沿いにある珈琲まるも。
毎年数百軒のお店を紹介している雑誌「おとなの週末」編集部が、2021年に飲食業界でブレイクするフード・ドリンク、業態を勝手に大予想。信じるか信じないかはあなた次第です……。
475views コラム

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル