MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
食欲の秋!この秋食べたい都内の絶品うなぎ店3選!

食欲の秋!この秋食べたい都内の絶品うなぎ店3選!

『おとなの週末』で過去に取材したうなぎの名店の中から、編集部が「これは!」と旨さに目を見張った殿堂入りの店をドドンッとご紹介。 歴史をつなぐ老舗から予約困難の人気店まで、 うなぎ好きならぜひとも足を運んでほしい。口福な気分を共有いたしましょう!

perm_media ≪画像ギャラリー≫都内の絶品うなぎの画像はこちらから! navigate_next

『わたべ』@春日

うな重 特上(4840円)
肉厚の身は脂の甘みが最高。創業から受け継ぐタレはあっさりしつつコクがある

ホロリとろける淡雪のような肉厚うなぎ

およそ70年前に蒲焼きや佃煮の小売店として創業。伝統の技を受け継ぐ香ばしい身を口いっぱいに頬張れば、淡雪のような口溶けに驚愕する。秘密は素焼き後に小骨を1本1本丁寧に取り除いているから。この繊細な仕込みが極上の旨さを生み出しているのだ。

使用するうなぎは主に三河一色産で、太くて脂がのったものを厳選。

さらに特筆すべきは「鰻の蒲焼きとフォアグラのテリーヌ」などフレンチのような季節料理もあること。
ワインが進むこと間違いない。

鰻の蒲焼きとフォアグラのテリーヌ(3190円)
キャラメリゼしたフォアグラとうなぎのタレをベースにしたソースが相性抜群

うなぎ肝ソテー卵黄添え(1430円)
粉山椒とタレでからめた肝は卵黄を崩すとまろやかに

住所:東京都文京区小石川1-9-14
TEL:03-3812-7448
営業時間:11時半~14時(13時半LO)、17時~21時(20時LO)※変動あり
定休日: 水・木
交通:都営三田線ほか春日駅駅A5出口から徒歩1分

『わたべ』@春日

『八重洲 鰻 はし本』@八重洲

鰻重「ろ」(4620円)
重箱を埋め尽くすうなぎは見事な火入れ。飴色の照りが食欲をそそる。
モチ米もブレンドした米は粒がしっかりしてうなぎに合う

指名買いする上質なうなぎを江戸前の仕事で

備長炭で焼き上げた工芸品のごとき美しい姿に惚れ惚れする。一朝一夕にはできない美味の要、そのひとつは継ぎ足しのタレだろう。

年数の経過を自慢しがちだが、そうではない。4代目は言う。「大事なことは質のいいうなぎをいかにコンスタントにくぐらせているか」。


ゆえに腕のいい生産者や信頼の置ける池のうなぎを指名買いしているのだとか。焼きは備長炭で香ばしく。ほどよい甘さのタレと舌の上でやさしくほどける身の上品さに、もう唸るしかない。

備長炭で丹念に焼き上げる

画像上:きも焼(770円)
画像下:ばら焼(550円)
あばらのすき身と尾を合わせた希少な「ばら焼」など

住所:東京都中央区八重洲1-5-10
TEL:03-3271-8888
営業時間:11時~13時半LO、17時~20時LO、土11時半~14時LO ※変動あり
定休日:日・祝
交通:JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩5分

『八重洲 鰻 はし本』@八重洲

『御蒲焼所 鰻家』@石川台

うな重 竹(3500円)
頬張ればふんわりとろける味わい。注文があってから捌いて調理。
提供に40分ほどかかるため予約がおすすめ。夏場は原則予約のみだという

捌き、蒸し、焼き 全てに妥協ナシの職人魂にゾッコン

肉厚でふかふかの身がまるで高級羽毛布団のようにご飯を覆い尽くす。こんな美味布団が本当にあったらどんなにいいか……という妄想は置いといて。

捌きたて、蒸したて、焼きたての美味しさは名人技があってこそ。ふわっと理想の仕上がりになるよう素焼きで何度も返して小骨を柔らかくするのだそう。


あっさりした風味のタレと、粒に張りのある米、それらがうなぎと共に仲良く手を取り合えば、口の中で旨さ爆発。体の底から活力がみなぎってくる。

骨煎餅(650円)
シンプルな塩味でポリポリと手が止まらない

うなぎは九州産が多い

住所:東京都大田区石川町2-29-6
TEL:03-3726-0838
営業時間: 11時半~14時(13時半LO)、17時~21時(20時半LO)※変動あり
定休日:火(祝の場合は営業)
交通:東急池上線石川台駅から徒歩5分

『御蒲焼所 鰻家』@石川台

美味しいうなぎ店をもっと知りたいあなたに!

『おとなの週末 2021年9月号』


撮影/西﨑進也(わたべ、鰻家)、大西尚明(はしもと) 文/肥田木奈々
※店のデータは、2021年9月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
全国各地に個性あふれる唐揚げ専門店がオープン中。そう、世は空前の唐揚げブームです。カリッとした衣の食感、あふれる肉汁と旨み。思い出すだけで涎もじゅわり。というわけで、衣や部位、揚げ方にとことんこだわった“極み”の唐揚げを堪能できる実力店に突撃!
ランチなら定食でご飯と一緒に、夜はお酒のつまみとして楽しむ。その万能さから嫌いな人はいない(はず)「チキン南蛮」。調査の結果、様々なタイプから厳選の逸品をお届けします!
カレーライス好きですか? 今やスタイルも百花繚乱。ここでは王道からアート系までひと皿で味が完結する三ツ星を厳選しました。見るだけでお腹がぐう~。やっぱカレーが好き!なアナタに届けます!
夜のお寿司も楽しいけれど、昼のお決まりを頬張るのもまたオツなものです。今号は夜ほど肩肘張らず、少し気軽に贅沢できる昼寿司をピックアップ! ここ1〜2年で開業した新店、知っておきたい町の名店、銀座・日本橋の店からチェーン店、さらに家で作れる寿司レシピまで幅広くご紹介いたします。ほか、秋のパン、お茶の特集もあります。
うなぎは東京だけにあらず。千葉、埼玉、神奈川にも珠玉の店は数多い。 なかでも「ここにはぜひ!」と自信を持っておすすめする店を選び紹介します。 電車に揺られ、あるいはクルマでドライブがてら出かけてうなぎを頬張る。そんな美味しい小旅行も楽しいですよ。
最新記事
店主が研究を重ねた上で完成させたお好み焼きは、「本物の大阪の味を届けたい」と大阪出身者のプライドを持って焼き上げた逸品。関西人が食べれば「これ、これ!」と興奮するのは間違いないし、それ以外の人は、絶妙な焼き加減に感動を覚えるだろう。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「中華一筋」。飲食店で働く方がYoutubeをアップしているのだ。まかない料理や営業中の調理風景が実に美味しそう。見ているだけでちょっとお腹が満たされます。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
作家の村上春樹さんから寄託・寄贈された蔵書やレコードなどの資料を展示し、「村上ワールド」を間近に体感できる「早稲田大学国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)が2021年10月1日にオープンする。村上作品や国際文学などの研究をはじめ、文化交流の拠点ともなる。国立競技場の設計でも知られる建築家の隈研吾さんが手掛けた館内は木の温もりが感じられ、やわらかな雰囲気が漂う。資料の閲覧だけでなく、村上さんの書斎が再現されたほか、ハイエンドなオーディオでLPレコードを聴くことができ、カフェではコーヒーや料理も味わえる。ジャズ喫茶の店主から世界的な作家となり、膨大なレコードの収集でも有名な村上さんの魅力を五感で楽しめる殿堂だ。
「ミガキイチゴ」のスイーツを楽しめる店が2017年7月にオープン。先端技術で最適な風や水の量が算出され、栽培方法が管理されているというミガキイチゴは、大粒で強い甘みが特長だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル