×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

フリーライター白石あづささんが、街の美術館では見かけないけれど、未来に残したいコレクションを紹介する、本誌人気連載『奇天烈ミュージアム』。2月15日発売号の第20回は、音楽が規制されていた旧ソビエト時代の違法レコード、「肋骨レコード」の世界を探ります。

人の骨から音が聞こえる 違法な手作りレコード

1940年代から60年代にかけての旧ソビエトでは、音楽産業も国の管理下に置かれ、レーニン賛歌やワルツなど、「聴いていい音楽」が決められていました。

それでも色々な音楽が聴きたい、という人々の思いから生まれたのが「肋骨レコード」と呼ばれる、違法な手作りレコード。使用済みのレントゲンを使って作られています。

人の背骨が写ったレントゲンで作られた肋骨レコード。日本語のジャズが入っているものも

大衆文学に詳しい編集者・都築響一さんも、肋骨レコードの魅力を知るひとり。厳しい規制の中で生まれたこのレコードに、「クリエーターとして背中を押される」と言います。

人の骨だけではなく、精密機械と思われる写真も

命がけでも音楽を聴きたい、という人々の思い。それを感じられるのが「肋骨レコード」の世界なのです。

『おとなの週末2023年3月号』は2月15日(水)発売!

「肋骨レコード」の世界、その全貌はぜひ本誌で!

おとなの週末2023年3月号

icon-gallery
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…