MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
萬来亭(中華料理/元町・中華街)看板メニューの上海焼きそばは絶対食べて欲しい逸品!

萬来亭(中華料理/元町・中華街)看板メニューの上海焼きそばは絶対食べて欲しい逸品!

今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。

perm_media 《画像ギャラリー》萬来亭(中華料理/元町・中華街)看板メニューの上海焼きそばは絶対食べて欲しい逸品!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

萬来亭(最寄駅:元町・中華街駅)

肉味噌と絡み合う自家製麺の旨み! やみつき必至

供されるのは、昼と夜で具材が異なるバンメンという冷たい和え麺だ。平日昼は肉味噌&ネギ、夜ならチャーシュー&白ネギと、具はいたってシンプル。しかし、毎日その日の分だけ作られる細麺に小麦の香りがしっかりとあり、やや甘めの肉味噌やチャーシューを崩していくと、食べ進むほどに味が重なり奥行きが生まれてくる。中国醤油を少し加えた胡麻ダレもしつこくなく、それもまたいい。向かいの製麺所では自家製麺(細麺・平打麺・縮れ麺)を購入できる。

涼坢麺
700円(平日ランチのみ)

やや甘めでやさしい味わいの肉味噌が美味。麺にもよく絡む。好みで旨辛の自家製ラー油を入れても◎

叉焼、葱入り冷やし和え麺
946円

シャキシャキのネギとじっくり焼いたチャーシューの旨みが、麺の味わいを際立たせる

上海風ゆで鶏の老酒漬け
1507円

紹興酒と山椒、塩だけで漬け込み仕上げた。老鶏ならではの引き締まった肉質は噛むほどに味わい深い

お店からの一言

店主 魏賢民さん

「麺は昔ながらの製法で作っています。看板メニューの上海焼きそばもぜひ」

萬来亭の店舗情報

[住所]神奈川県横浜市中区山下町126 [TEL]045-664-0767 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時~21時(20時半LO)、土・日・祝は11時半~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]木(祝の場合は営業) [席]全36席/全席禁煙/4名以上の利用に限り予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]みなとみらい線元町・中華街駅2、3番出口から徒歩5分


電話番号 045-664-0767

撮影/谷内敬樹 取材/飯田かおる

2020年8月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
「武蔵小山の夏の風物詩」と言われるとかないとか(?)のご覧の名物。冷水でキュッと締めた麺の上に片栗粉でカラリと揚げた熱々のエビが1、2、3……8個も! 
世の中にはさまざまな203号室があるけれど、このビルの203号は冗談抜きですごかった。何がってカフェ風の空間から想像もできない本格中華が店主の濵田さんによって夜な夜なふるまわれているから。
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル