MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
自家製さぬきうどんと肉 新橋 甚三(うどん/内幸町)残ったダシにご飯を入れて〆までウマい!

自家製さぬきうどんと肉 新橋 甚三(うどん/内幸町)残ったダシにご飯を入れて〆までウマい!

“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。

perm_media 《画像ギャラリー》自家製さぬきうどんと肉 新橋 甚三(うどん/内幸町)残ったダシにご飯を入れて〆までウマい!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

自家製さぬきうどんと肉 新橋 甚三(最寄駅:内幸町駅)

鶏天×豚バラ肉! 肉好きのための冷やうどん最高峰!!

ジューシーなモモ肉のとり天が3つに、香川県産オリーブ豚を使用したあっさり味の豚バラ肉がどっさり乗るド迫力のビジュアルに恐れ入る。麺は北海道産などの小麦粉をブレンドした風味豊かなもの。これらすべてをイリコの利いたやさしい味のツユが受け止め、死角ナシの最強の一杯が完成する。このままで十分の旨さだが、粗挽きのブラックペッパーと一味唐辛子、天かすをたっぷりかけて食べるとパンチが増し、ヤミツキの味わいに。

冷やし スペシャル
700円

肉でうどんが見えないほどのボリュームに大満足

冷やし 肉ざるRED
700円

ラー油を利かせたピリ辛味のツユが激旨。1玉約280gの麺がすんなりお腹に収まってしまう

冷やし 鳴門天然わかめ
590円+すだち100円、大根おろし60円

うどんとシャキシャキした鳴門天然わかめの美味しさをシンプルに味わえる一杯。すだち、大根おろしを加えて夏らしい味に

お店からの一言

スタッフ 阿部博章さん

「残ったダシにご飯を入れて、天かすを加えると天茶漬けとして楽しめます」

自家製さぬきうどんと肉 新橋 甚三の店舗情報

[住所]東京都港区西新橋1-19-3 第2双葉ビル1階 [TEL]なし [営業時間]11時~15時半、土11時~14時※共に麺が無くなり次第終了 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全40席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]都営三田線内幸町駅A3出口から徒歩2分、地下鉄銀座線虎ノ門駅1番出口から徒歩4分、地下鉄銀座線ほか新橋駅8番出口から徒歩6分


電話番号 なし

撮影/小島 昇 取材/松田有美

2020年8月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
例えば伊吹島産イリコは、頭とはらわたをすべて除き、水出しでじっくり時間をかけるなど、厳選素材を使い丁寧に取ったダシがツユのベース。滋味を感じるほど旨みにあふれたダシを生かすべく、かえしには白醤油を使用。
あったか〜いツユで食べるのもいいけど、夏はやっぱりちょっと濃い目のツユがかかったぶっかけやキーンと冷たい冷やかけうどんでツルツル、ワシワシ食べるのもまた美味。そんなうどんを調査。結果、今食べるべき一杯が見つかりました!
店に足を踏み入れると鰹ダシの豊潤な香りに包まれる。加えて名古屋人絶賛の味噌煮込みうどんがいただけると聞けば、自然と期待値も上がるはず。
ガッツリ食べたいときも、年末年始でお疲
れ気味のときも、どんと来いなのがこちら。「大阪讃岐うどん」の旗手が提供するのは、茹で置きは一切しない、釜抜きでむっちりとした食感が魅力のうどん。
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル