MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
眠れない夜……200万枚突破の陰で感じていたプレッシャー 音楽の達人“秘話”・松任谷由実(3)

眠れない夜……200万枚突破の陰で感じていたプレッシャー 音楽の達人“秘話”・松任谷由実(3)

『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。“ユーミン”こと松任谷由実の第3回は、アルバムがミリオン・セールスを連発していた1980年代後半から90年代前半のお話です。大ヒットの陰で大きな重圧を感じていたユーミンの胸の内とは……。

perm_media 《画像ギャラリー》眠れない夜……200万枚突破の陰で感じていたプレッシャー 音楽の達人“秘話”・松任谷由実(3)の画像をチェック! navigate_next

天真爛漫な性格、常にポジティヴ

松任谷由実~ユーミンの夫である正隆氏とはfacebookでつながっている。そこでは度々、由実さん(正隆氏はユーミンをそう呼ぶ)が登場する。facebookの正隆氏の投稿を見るとユーミンという人が、あまり裏表のない天然というか天真爛漫なことが分かる。常にポジティヴ、思ったことを親しい人ならすぐに口にする、そういう性格に思える

1980年代、ユーミンのアルバム売上は年々、上昇して行った。50万枚が100万枚、そして90年代に200万枚と自身の記録を塗り替えながら、アルバム・セールスは伸びていった。当時のユーミンのアルバムは、毎年12月発売と決まっていた

所属する東芝EMI邦楽部(当時)は、毎年12月はユーミンのアルバム・プロモーションのためにだけ動き、他のミュージシャンの作品はリリースしないという力の入れようだった。途中からはレコード会社だけでなく大手の広告代理店もセールス・プロモーションに協力していた。

膨大なセールスを期待されるミュージシャンは、レコード会社でVIP待遇される。その一方でミュージシャンにかかるプレッシャーやストレスは、とてつもなく大きなものになる。その売上がスタッフの給料、レコード会社の損益やその社員の給料にまで影響してくるのだ

ユーミンの名盤の数々。アルバムの総売上枚数は3000万枚以上を誇る

「私の場合は70~80万枚が理想」

では、そこまで影響を及ぼすミュージシャン~ユーミンは、そういった状態をどう思っていたのだろうか?200万枚というセールスを超えるようになった頃、その気持ちをユーミンに訊ねたことがある

“私には、自分が受け入れられるファンのキャパシティが分かるの。私の場合は70~80万枚が理想で、最大100万枚というところだと思っているの。実際にそれくらいのセールスの時は、精神的に楽だったし。200万枚を突破して嬉しい気持ちとプレッシャーが増えたという気持ちがある”

ヒットを約束する音楽を創造するというのは、非常に難しいことだ。商業的販売物として、セールスの向上を狙いながら、ミュージシャン、クリエイターとしての自分も満足させねばならない。数千枚、数万枚というセールスなら、クリエイターとしての自分を満足させ、そこそこの創造性があればいい。しかし、200万枚超というセールスは、当時、6000万人と言われた音楽人口の30人にひとりが聴くのだから、それは大変なことだ

ヨットの帆をかけるリールが回る 「カラカラっ、カラカラって音を聴いていると……」


“ストレスなんてものじゃないわよ。ストレスを超えた凄いプレッシャー。だから、1年に何日か眠れない夜があるの”

そうユーミンは話し始めた。当時、彼女は三浦半島にあるマリーナに暮らすこともあった。

“眠れなくて、涙が出てきて、枕がビッショリになるほど泣いたりする。そんな眠れない夜は、マリーナのヨット置き場に、フラフラっと歩いてゆくの、真夜中。夜風が波の音しかしないヨット置き場を吹き抜けていく。するとヨットの帆をかけるリールが回る、カラカラって音がするの。風に吹かれて、そのカラカラっ、カラカラって音を聴いていると、そのうち、段々と心の荒ぶりみたいなのが治まってくる”

そんなユーミンを思い浮かべるだけで、ぼくの心もつぶされそうになった。

“1時間くらいそうしていて、ベッドに戻ると、疲れでやがて眠りに入る。そして、翌日起きて、すべて忘れることにして、ガーッと頑張るぞと思うのね。私はもう私だけのものではない。多くのファンやスタッフのファンのものなんだぞと思うことにしてね。だって現実は現実として受け止めなければしようがないでしょう”

ミリオン・セールスして、ツアーを重ねる。ソロのシンガー・ソングライターだから、最終的な責任は、すべてが自分にかかってくる。気丈に思えるユーミンだって、プレッシャーで泣く時がある。ぼくはそこに、凄く人間的なものを感じた。

人生で1回くらいなら、人は心のヒットを産み出せるかも知れない。だが、それを持続することのプレッシャーが、いかに大きな忍耐が必要なのかをユーミンは教えてくれた。


2012年発売の『日本の恋と、ユーミンと。』は、デビュー40周年記念ベストアルバム

岩田由記夫

岩田由記夫

1950年、東京生まれ。音楽評論家、オーディオライター、プロデューサー。70年代半ばから講談社の雑誌などで活躍。長く、オーディオ・音楽誌を中心に執筆活動を続け、取材した国内外のアーティストは2000人以上。マドンナ、スティング、キース・リチャーズ、リンゴ・スター、ロバート・プラント、大滝詠一、忌野清志郎、桑田佳祐、山下達郎、竹内まりや、細野晴臣……と、音楽史に名を刻む多くのレジェンドたちと会ってきた。FMラジオの構成や選曲も手掛け、パーソナリティーも担当。プロデューサーとして携わったレコードやCDも数多い。著書に『ぼくが出会った素晴らしきミュージシャンたち』など。 電子書籍『ROCK絶対名曲秘話』を刊行中。東京・大岡山のライブハウス「Goodstock Tokyo」で、貴重なアナログ・レコードをLINNの約350万円のプレーヤーなどハイエンドのオーディオシステムで聴く『レコードの達人』を偶数月に開催中。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。“ユーミン”こと松任谷由実の最終回では、名曲誕生の秘密が明かされます。そして、筆者が推すユーミンのベスト3を紹介します。
SNSやテレビなどで、北海道の人気ご当地コンビニエンスストア「セイコーマート」の話題が耳目を集めています。それに関係してか、東京都内など道外の小売店でもプライベートブランド(PB)商品を見かける機会が増えました。物産展のようなイベントではなく、常時、購入できます。特に大手ドラッグストアチェーンの「ウエルシア」に多くの商品が展開していて、SNSでも話題になりました。2021年現在、都内にセイコーマートの店舗はありません。なぜドラッグストアにセイコーマートの商品が並んでいるのでしょう?
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル