MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
「世界一おいしい焼き鳥!」臼井麗香が太鼓判を押す居酒屋『おもだか』 女子プロゴルファーの“ハートめし”

「世界一おいしい焼き鳥!」臼井麗香が太鼓判を押す居酒屋『おもだか』 女子プロゴルファーの“ハートめし”

9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》「世界一おいしい焼き鳥!」臼井麗香が太鼓判を押す居酒屋『おもだか』 女子プロゴルファーの“ハートめし”の画像をチェック! navigate_next

ゴルフ歴は9歳からという臼井麗香さん

子供の頃から通う親戚のお店

「子供のころから通っていて、今も実家に帰ったら必ず行きますね」というのが、鹿沼市の居酒屋『おもだか』だ

転戦で忙しい最近では、お店に行くときは必ず祖父母と一緒。「外で飲みたいおじいちゃんとおばあちゃんの“代行”ですね」と笑う。

オススメは「世界一おいしい焼き鳥!先に『麗香が行くから焼いといてね』って言っとかないとなくなっちゃうんです。もう、ここのしか食べれないくらいおいしい。あとは、お肉とかトマトとかチーズを食べるかな」と、子供のような口調で満面の笑み。それも無理はない。実はこの店、親戚が営んでいるのだ。

「焼き鳥」は、仕入れの状況で変わる不定期メニュー


親戚?ご関係は?と尋ねると、しばらく考えて「おばあちゃんのお姉さんの娘さんのダンナさんが光くん」というもの。光くん?「光ちゃんがやってるお店なんです」と笑う。

と、いうことで「光くん」こと大将の小林光さんにご登場頂いた。「僕の嫁さんのイトコが、麗香ちゃんのお父さんですね」と、まずは説明を受ける。当たり前だが、れいちぇるの話と言葉は違うが一致する。

中学時代の友人が付けたニックネームが“れいちぇる”

開業27年、四季折々の旬の食材が魅力

2021年で開業27年の『おもだか』は、JR日光線鹿沼駅から歩いて20分ちょっと。東武日光線新鹿沼駅からもほぼ同じぐらいの距離だ。山形県米沢市を起点に、栃木県芳賀郡益子町に至る国道121号線沿いのロケーションにある。

「四季折々の旬のものを中心にしたまぁ、居酒屋ですね。貝、お肉など、季節のもの、昔ながらのものを出して、品物にこだわって正直にやっている店です」と、小林さんは言う。

“親戚の娘”であるれいちぇるの活躍も、もちろん店ぐるみで応援している。「麗香ちゃんは、小さい頃は焼き鳥が大好きでしたが、食が細かった。でも、今は『筋肉をつけたい』と、自分でしっかり心がけてたっぷり食べるようになりましたね。大好きなトマトとチーズをオリーブオイルで食べたり、和牛の焼いたものや牛タンの塩焼きなどをよく食べるかな。自分たちはもちろん、常連のお客さんにも応援してくれている人がいます。試合はテレビで見てるし、YouTubeも見ています」と、声を弾ませた。


「和牛一口ステーキ」

「家でママが作るごはんと、おじいちゃんおばあちゃんとのごはんの“取り合い”になっちゃいます」と笑う。ツアープロとして活躍し、めったに実家に帰れないれいちぇるとの時間を、大切にしたい家族それぞれの気持ちがそこにある。

女子プロ黄金世代の“オシャレ番長”

「1日5個は食べる」 トマトが大好物

ちなみにトマトは大好物で「1日に5個は余裕で食べます」というほどだ。両親、妹弟のいる実家で過ごす時間と同様に、日ごろ、外で飲む機会の少ない祖父母を連れ出し、お酒を楽しむ時間を大切にしていることが伝わってくる。

お酒は「ビール以外なら大体飲めます。みんなといるときは、みんなと同じやつ」と、たしなむれいちぇるだが、ここに来るときはハンドルキーパーに徹している

眼の中に入れても痛くないほどかわいい孫娘が成長し、たまに帰ってきたときに連れて行ってくれて一緒に過ごす。祖父母にとっては至福の時間、れいちぇるにとっては子供に返ってリラックスしながらおいしいものに舌鼓を打つ時間。どちらにもなくてはならない時を『おもだか』が支えている。

お店のメニューにある「冷やしトマト」に、れいちぇるのリクエストでチーズを盛り合わせた

「おもだか」の店舗情報

「おもだか」の店内

[住所] 栃木県鹿沼市貝島町679-1
[電話] 0289-65-6684
[営業時間]17時~23時
[休日]月曜
※新型コロナウイルス感染拡大の影響で、営業時間は異なる場合があります。事前にお店にご確認ください。           
[交通]JR日光線鹿沼駅から徒歩約20分

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「Genと文庫食堂」。昭和生まれの人、昭和なものが「エモい」と思っている人、どちらも楽しめる動画です。
シュールで過激なのに、眺めていると童心に帰るような懐かしさと親近感があります。「粘土道(ねんどみち)20周年記念 片桐仁創作大百科展」(2021年11月20日~12月19日)は、そんなユニークな中にも観る者の心を和ませる不思議な魅力にあふれた美術展です。お笑い芸人・俳優でありながら、芸術家としての顔も持つ片桐仁さんの集大成。東京都内の会場を訪れると、22年に及ぶ創作の歴史が詰まった圧倒的な光景が広がっていました。
ワインを飲むと具合が悪くなる人がいる。二日酔いの話をしているのでない。「ワイン不耐症」と呼ばれる体質のことだ。その症状は、頭痛、吐き気、発疹、顔面紅潮など。中には赤ワインを飲んだ時に限ってこのような症状が出るという人もいる。人口の7〜8%の人(未成年者を含む)がこの不耐症だと言うのだから、ものすごい数だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から登場するのは、細野晴臣です。1969年に「エイプリル・フール」でデビューしてから半世紀以上、「はっぴいえんど」や「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」などで活躍し、日本のミュージックシーンに大きな足跡を残してきた音楽家が、まだそれほど世間に知られていなかった時代のインタビューで語った印象的な話とは―――。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル