MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
甘味よしや|下町情緒溢れる老舗和菓子店の甘味処(カフェ/銀座)

甘味よしや|下町情緒溢れる老舗和菓子店の甘味処(カフェ/銀座)

歌舞伎座の裏手にある、どら焼きが有名な老舗和菓子店『木挽町よしや』が、2015年11月にすぐ隣に出した甘味処。甘味よしや[交]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅3番出口から徒歩4分 ※ランチタイム有

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

甘味よしや(最寄駅:東銀座駅)

店内は気取らず下町のような温かい雰囲気。隣で作られる上品な和菓子やしっかりした歯応えのところてんがおすすめだが、あんみつやアイスクリームなど、どの甘味も良心的な値段で毎日でも通いたくなる店だ。しらす丼や玉子ぞうににミニ甘味がついたランチセットも近所のビジネスマンに人気がある。

抹茶セット
600円

店主が休日に自作した“抹茶台”で丁寧に立ててくれる抹茶は渋みが少なく優しい味。『木挽町よしや』で作られた練り切りとのセットは、お財布に優しい600円

ところ天
500円

海草の香りがするコシの強いところてんに醤油や酢をかけ、からしを添えた関東風。暑い日にピッタリの一品

甘味よしや

■『木挽町 甘味よしや』
[住所]東京都中央区銀座3-12-14
[TEL]03-3541-9405
[営業時間]11時~18時
[休日]日曜日・祝日
[アクセス]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅3番出口から徒歩4分

電話番号 03-3541-9405
2016年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
こだわりは鉄板でトーストするパン。鉄板焼き料理人出身の店主が、その日のパンの状態を見極めて表面はパリッ、中はふっくらと焼き上げている。
京都の四条支店がオープンした1965年に先代の猪田七郎が考案したレシピが今も受け継がれている。ほどよくジューシーさが残った柔かなカツは、国産牛のランプに近い部位を使用。
カツサンド専門店として2018年12月オープン。いろいろ食べ比べて吟味したという岩中豚ロース肉のカツは旨みが濃い! 
幸せを分かち合う “お福分けのこころ”というコンセプトを通し、全国から吟味された茶葉を使ったお茶ドリンクが楽しめる。抹茶は、鹿児島や京都・宇治以外にも名産地があることを伝えたいと、福岡の八女茶が選ばれた。
コーヒー専門店として開店するも料理が評判を呼び、数年で現在のレストランスタイルに。独創的な味と圧倒的な量で近隣の大学の運動部員など数多くの人のお腹と心を満たしている。
中国東北部出身の女性店主が丁寧に作る、本場そのままの点心が評判。皮から手作りの小籠包や水餃子はほっこりする家庭の味で、毎日でも食べられそう。
当サイトではここ数日、トレンドや人気No1だと書いてきましたが、密かに売れている隠れたヒット商品も数知れず存在しています。ここでは本誌コラム記事でおなじみ“裏モノライター”カーツさとうが見つけた“裏ヒットイート”を表立って公開します!
東京が誇る江戸料理のひとつがねぎま鍋。7年前の開店当初から、この鍋を看板に据えたのが荒木町の路地裏にあるこちらの名割烹だ。
ホットスナックが充実しているコンビニで、驚きの新商品が登場しました。その名も「ファミチキバンズ」。2021年1月12日の発売以降、人気を博しているこちら。ファミチキを挟む専用バンズとのことだが、本当にそれでいいのか!? いろいろ挟んでみた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル