MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】麺屋 奏音 KANATO(ラーメン/八丁堀)|ふわっふわにスープが泡立った新感覚の"泡系"鶏白湯

【閉店】麺屋 奏音 KANATO(ラーメン/八丁堀)|ふわっふわにスープが泡立った新感覚の"泡系"鶏白湯

ブレンダーを使ってスープを泡立てたおしゃれな鶏白湯ラーメンが「麺屋 奏音」の名物。[交]地下鉄日比谷線八丁堀駅A3出口から徒歩4分 ※ランチタイム有

【閉店】麺屋 奏音 KANATO(最寄駅:八丁堀駅)

丸鶏を強火で炊いて乳化させた真っ白なスープは、そのまま飲んでも濃厚でマイルドだが、泡状になっているので一層クリーミーに仕立てられている。
鶏のやさしい甘みを含んだカプチーノのようなスープは中細のストレート麺との絡みも良好。
トッピングの白髪ネギには芳醇な香りのトリュフオイルが和えてあり、スープに溶けると洋風ポタージュのような印象に変化する。タレはやさしい味わいの塩味が基本。とろみをさらに立たせて、醤油の風味を強めに利かせた醤油味もある。

鶏白湯ラーメン(塩)
800円

スープの表面がふわふわに泡立った話題の“泡系ラーメン”

鶏白湯ラーメン(醤油)
900円

白髪ネギには、トリュフオイルではなくネギ油を和え、インパクトのある味を目指した。チャーシューは醤油ベースのタレで煮た分厚いバラロールと鶏むね肉のレアチャーシューの2種がのる

麺屋 奏音 KANATO

東京都中央区八丁堀3-9-5 ☎03-5542-0440 [営]11 時半~15時LO、17 時~21 時45分LO ※祝は昼営業のみ [休]日 [席]カウンター10席、テーブル4席 全14席 ※昼のみ2F席(30席)あり/禁煙/カード不可 [交]地下鉄日比谷線八丁堀駅A3出口から徒歩4分 ※ランチタイム有

電話番号 03-5542-0440
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
三軒茶屋で週に一度だけ営業していた幻の人気店『月曜の担々麺』が、路面店になって復活。自慢の汁なし担々麺は、以前と同様“胡麻” と“醤油”の2種類を展開していて、早速、新旧のファンを喜ばせている。
ひと口すすれば焦がしネギの芳しさがたまらなく食欲を刺激する。鶏ガラをメインに豚も加えたスープは店主の宮川さんが目指す「あっさりしつつコクのある味」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt