MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
今日のランチはココ!すべてに申し分ない最強のパスタランチなら「トラットリア・コッレ」!(パスタ/日本橋)

今日のランチはココ!すべてに申し分ない最強のパスタランチなら「トラットリア・コッレ」!(パスタ/日本橋)

「トラットリア・コッレ」のシェフ柿沼さんは「イタリア料理は食材ありき」の考えのもと、現地のみならず日本の四季の素材を大切にしているのもこだわり。[交]都営新宿線浜町駅A1出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》今日のランチはココ!すべてに申し分ない最強のパスタランチなら「トラットリア・コッレ」!(パスタ/日本橋)の画像をチェック! navigate_next

TRATTORIA COLLE(最寄駅:浜町駅)

 前菜からパスタ、デザートまで、どれを味わっても間違いない感動的な美味しさ。そんな素晴らしいコストパフォーマンスのランチに、心の底から満足できるだろう。5種から選べるパスタの中でも、定番人気は「生ウニのクリームソース」。うっとりするほど濃厚な味はあえてソース作りにウニを使わず、アンチョビなどで独特の風味を演出。麺と絡める時に初めて、生ウニをたっぷり加える。そうすることで食材をストレートに楽しめるよう計算されているのだ。

毎朝築地で仕入れる旬の魚介や吟味した黒毛和牛の炭火焼きなど、そのものの味を生かした夜のメニューにも心惹かれる。パスタは手打ちも用意。一つひとつ麺棒でのばす生地のモチモチ感は格別だ。

ランチAコース
1050円

前菜の「山形豚の自家製燻製ハム」から始まり、選べるパスタ、日替わりのデザート、自家製パンのランチコース。写真は定番の「生ウニのクリームソーススパゲッティ」。パスタはほかに週替わりで用意。週末も同じ値段で、行列ができることも

北海道産ツブ貝のバジルバターソテー
1600円

夜のアラカルト。バターとニンニクの風味豊かなバジルペーストで炒めたツブ貝と、季節の野菜が彩り鮮やか

イタリア産ホワイトアスパラガスを入れたカルボナーラ

週替わりのランチパスタの1種。イタリア産ホワイトアスパラガスはしっかりした味があり、チーズたっぷりのカルボナーラの濃厚さに負けない旨み

TRATTORIA COLLE

[住所]東京都中央区日本橋浜町1-4-16 大森ビル1階
[TEL]03-5821-7882
[営業時間]11時半~15時(14時LO)、18時~23時(22時LO)、土の夜は22時(21時LO)まで
[休日]日
[座席]カウンター5席、テーブル23席、計28席/全席禁煙/予約可/夜はカード可/サなし
[アクセス]都営新宿線浜町駅A1出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-5821-7882
2016年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
郷愁そそるナポリタンを、古書の街・神保町の喫茶店で食べる……それは単なる古本探しの最中の腹ごなしなのか? 覆面で実食の結果、そこにはこの街とナポリタンの不思議な関連性が見えてくるのだった。
3種のチーズのフレッシュでミルキーな味わいに全身が幸福感に包まれた。併設のチーズ工房では、毎朝東京・清瀬市の牧場から届く搾りたての生乳を鮮度を保ったまま加工。
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル