MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
茅場町の路地で見つけた『Nico Chelsea(ニコ チェルシー)』(フレンチ/茅場町)

茅場町の路地で見つけた『Nico Chelsea(ニコ チェルシー)』(フレンチ/茅場町)

ジビエ好きのみならず、少し苦手な人もこの店の味を試せばその食べやすさに驚くかもしれない。と言うのも国産のキジ、鹿、猪、ウサギなど冷凍ものを一切使用しない品質の良さはもちろん、それらをフレンチ出身のシェフがあらゆる調理法で提供してくれるから。[交]地下鉄日比谷線茅場町駅2番出口から徒歩3分

perm_media 《画像ギャラリー》茅場町の路地で見つけた『Nico Chelsea(ニコ チェルシー)』(フレンチ/茅場町)の画像をチェック! navigate_next

Nico Chelsea(ニコ チェルシー)(最寄駅:茅場町駅)

ジビエ好きのみならず、少し苦手な人もこの店の味を試せばその食べやすさに驚くかもしれない。と言うのも国産のキジ、鹿、猪、ウサギなど冷凍ものを一切使用しない品質の良さはもちろん、それらをフレンチ出身のシェフがあらゆる調理法で提供してくれるから。シンプルな炭火焼きのほか、ハムやパイ包みなど料理のバリエーションはお見事。各地の猟師から直接仕入れているため、お手頃な値段設定もうれしい。

雉半身の炭火焼
2480円

ミディアムレアにグリルした国産蝦夷鹿のモモ肉は、鹿や猪など各種ジビエで取ったダシに赤ワインや赤スグリのジャムを加えたソースで味わう。

蝦夷鹿のモモ肉のグリエ ヌイユ添え ソースグランヴヌール
1580円

自家製ジビエのシャルキュトリー5点盛り
1380円

すべて自家製。ウサギ肉で作ったハムや蝦夷鹿のサラミなどお酒が進む味。ワインは国産とフランス産が揃う

Nico Chelsea(ニコ チェルシー)

東京都中央区日本橋茅場町3-3-3 ☎03-5643-7799 [営]17時~23時半(22時45分LO)、土16時~23時(22時15分LO) [休]日・祝 [席]1階カウンター9席、テーブル12席、2階テーブル27席、個室(6名)1室 計54席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし、お通し300円別 [交]地下鉄日比谷線茅場町駅2番出口から徒歩3分

電話番号 03-5643-7799

徒歩10秒ではしご酒『酒じゃらしの唄』

2016年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
市場では仔牛を産んだことのない未経産牛が最も価値が高いと言われている。が、果たしてそれは本物の旨さなのか? 
ミシュランで三ツ星を獲得し続ける名店の味を肩肘張らない雰囲気の中いただける。最大の魅力は旬の素材の美味しさをシンプルな調理法で引き出した料理たち。
「冬には温かい料理を何か用意しておきたいですね」という料理長横山さん。「仔牛のクリーム煮込み」も毎年のように作るという。
皿のキャンバスに配した料理はまるでアート。なんて気取ってみたら店主の椿さん、「ただ収まりよくしてるだけです(笑)」とサラリ。
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
最新記事
酒田ラーメンの名店が、創業60年を機に姉妹都市の東京·三鷹市へ。スープは、煮干しとアゴの焼き干し、昆布でとった魚介ダシと、丸鶏とチャーシュー肉、野菜でとった動物スープを半量ずつ合わせたもので、澄んだ黄金色をしている。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
本誌でも! おと週WEBでも! 美味しいニュースで“日本を元気にします”宣言! 美味しいニュースを発信する「おとなの週末WEB」の注目度が高まっています。コロナ禍でも元気に過ごせるよう、ステイホームを楽しむためのステキなプレゼントをご用意! ふるってご応募ください。
創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル