MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
酒じゃらしの唄(和食/茅場町)

酒じゃらしの唄(和食/茅場町)

1階は気軽なカウンター席、2階はちゃぶ台の座敷と古民家の情趣が感じられる。注目すべきは全国から厳選した約50種類の純米酒が全てグラス(90㎖)450円から楽しめること。[住所]東京都中央区日本橋茅場町3-3-3 ☎03-3808-5566

perm_media 《画像ギャラリー》酒じゃらしの唄(和食/茅場町)の画像をチェック! navigate_next

酒じゃらしの唄(最寄駅:茅場町駅)

『Nico Chelsea』と隣接するこちらは日本酒と和食の店。1階は気軽なカウンター席、2階はちゃぶ台の座敷と古民家の情趣が感じられる。注目すべきは全国から厳選した約50種類の純米酒が全てグラス(90㎖)450円から楽しめること。まずはその道20年の大将が作る季節の八寸盛りと共に杯を傾けよう。旬の食材を吟味した料理はすこぶる美味で、誰かを連れて行けば一目置かれるに違いない。

本日の八寸五点盛り
750円

「本日の八寸五点盛り」は築地で仕入れた魚介などを使って丁寧に仕込んだ肴が揃う。写真は金目鯛の煮こごりや稚鮎の山椒煮など。内容はその日で変わる。

煮穴子マッシュ
880円

酒じゃらしの唄

東京都中央区日本橋茅場町3-3-3 ☎03-3808-5566 [営]17時~23時半(22時45分LO)、土16時~23時(22時15分LO) [休]日・祝 [席]1階カウンター8席、2階座席14名 計22席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし、お通し300円別 [交]地下鉄日比谷線茅場町駅2番出口から徒歩3分

電話番号 03-3808-5566

隣のお店『Nico Chelsea』

2016年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
最新記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
小説『バスを待つ男』や、講談社の「好きな物語と出会えるサイト『tree』」で連載中のエッセイ『日和バス 徘徊作家のぶらぶらバス旅』など、作家生活25周年を迎えた西村健さんは、路線バスをテーマにした作品の書き手としても知られています。「おとなの週末Web」では、東京都内の路線バスを途中下車してふらり歩いた街の様子と、そこで出会った名店のグルメを紹介します。
「江戸っ子は屋台で寿司をつまんだ後、帰り際に暖簾で手を拭いて店を後にしたそうです。なので暖簾の汚れっぷりが、旨い店の判断基準だったとか」。と、話してくれたのは『挙母鮨』の星野店長。
get_app
ダウンロードする
キャンセル