MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
ラルテ(ピザ/三軒茶屋)|ナポリと同じ製法で焼く本物のピッツァを三軒茶屋でいただく

ラルテ(ピザ/三軒茶屋)|ナポリと同じ製法で焼く本物のピッツァを三軒茶屋でいただく

職人歴21年の井上さんが作るピッツァは「現状に満足せず、味を追求したい」という入魂の1枚。薪窯の状態を見て瞬時に焼き方を判断し、一途に窯と生地に向き合う姿に食す前から味への期待感が高まる。生地はイタリアの小麦粉を2種類配合し、重過ぎず軽過ぎずの絶妙な食感。ラルテ[交]東急田園都市線三軒茶屋駅南口から徒歩3分

ラルテ(最寄駅:三軒茶屋駅)

ワインやビールと一緒に、
陽気に楽しんでください!


マルゲリータなど定番のほか旬の魚や野菜を使った季節品も人気だ。チーズベースなら豚肉のラード煮をのせた「チッチョリ」。肉の塩気とチーズのコクが濃厚だが、思いのほかさっぱりとしたバランスで、食べる手が止まらない。

マルゲリータ
1500円

粉はイタリア・カプート社「サッコロッソ」など2種を配合。トマトソースはシンプルな旨み。イタリアの石と日本製の煉瓦を積み上げた特注の薪窯で焼く

チッチョリ
2000円

モッツァレラチーズがベース。塩漬けにした豚バラ肉のラード煮をバランスよくトッピング。香りのいいナラと、火力が強くなる杉の薪で香ばしく焼く

窯の出し入れで使うパーラという道具の上で形を整える。ナポリ市に本部を置く「真のナポリピッツァ協会」認定店

冷製リコッタチーズを詰めたナスのオーブン焼き
1300円

リコッタチーズを揚げナスで巻いてトマトと一緒にオーブンで焼き、冷やして供する前菜

自家製ソーセージの薪窯焼き(2本)
1700円

豚肩ロースとバラ肉を使う自家製ソーセージ。薪窯で香ばしく焼いて仕上げる。フェンネルシードの香りがアクセント

[その他のメニュー]
ピッツァランチ1100円~ ヒシコイワシのマリネ1000円、水牛のモッツァレラとフルーツトマトのカプリ風サラダ1500円、ヤリイカとジャガイモのトマト煮1300円など

ラルテの関連記事

ラルテ

■『ラルテ』
[住所]東京都世田谷区三軒茶屋1-35-17 
[電話番号]03-3424-3003 
[営業時間]12時~14時LO、18時~22時LO、水曜日:18時~22時LO 
[休日]火曜日、水曜日のランチ
[座席]カウンター4席、テーブル2席×13卓、個室10名×1室、計40席/全席禁煙/予約可(昼はアラカルト注文のみ可)/カード可/サなし、夜のみコペルト300円別 
[アクセス]東急田園都市線三軒茶屋駅南口から徒歩3分

電話番号 03-3424-3003
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
石神井公園『ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ』|「貧乏人のスパゲティ」は目玉焼きを崩してパスタに絡めた素朴な料理。カルボナーラの原形とも言われている。
浅草の人気ロメスパといえばここ。メニューは4種類のみだが、店名に掲げている通りイチオシはカルボ。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。
住宅街の細い路地に構える瀟洒な一軒家。1984年に紅茶専門店として開店以来、店主の樋口浩子さんが腕をふるっている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt