MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
東京駅の駅弁買うなら『駅弁屋 祭』の駅弁ランキングベスト8(駅弁/東京駅)

東京駅の駅弁買うなら『駅弁屋 祭』の駅弁ランキングベスト8(駅弁/東京駅)

東京駅構内の『駅弁屋 祭』が全面リニューアルし、日本各地の有名・人気駅弁のほか、ライブキッチンでのできたて弁当も販売。総勢200種の駅弁が集まる、国内屈指のお店となりました。 ※ランチタイム有

駅弁屋 祭(最寄駅:東京駅)

31品を食べ比べて決定 『駅弁屋 祭』の初登場駅弁ベスト8

店内では、あれやこれやと迷い、20分近く滞在するお客さんも。実はこの弁当群の中に、リニューアルに合わせて東京駅に初登場した駅弁が多数あったのです。「おと週駅弁調査隊」が新発売の駅弁を購入&実食し、喧々囂々感想を言い合うこと約3時間。いま東京駅で買うべき初登場駅弁ベスト8を決定いたしました。

黄金 うにと数の子いくらがけ
1350円

酒蒸しウニの濃厚な口当たり、イクラのプチプチ食感、数の子の小気味よい歯応えなど、様々な味や食感が楽しめ、酒にもピッタリの弁当。口直しにレンコンの甘酢漬けが入っており、最後まで美味しくいただける/こばやし

きつねの鶏めし
850円

駅弁に多数ある鶏肉のきじ焼き弁当とは、一線を画す品。大ぶりの鶏の照り焼きや鶏つくねのほかに、甘く炊いたお揚げさんと山菜入り。素朴で旨みあふれる味わいで低価格。美味と良心の詰まった弁当だ/淡路屋

のどぐろと香箱蟹弁当
1600円

金沢の名産品、ノドグロと香箱蟹を贅沢に使用。塩焼きにしたノドグロの上品な旨みと、カニの甘みを甘酸っぱい酢飯と共に満喫できる。カニは内子(卵巣)も入っておりイクラもたっぷり。価格にも納得の味わいだ/高野商店

スタミナ源たれ弁当焼肉だらけ
1100円

青森の人気調味料「スタミナ源たれ」を使い、県産の肉を牛カルビ焼き、鶏の塩照り焼き、豚味噌焼きにした弁当だ。『祭』には19時以降に少数入荷/つがる惣菜

瀬戸内たこめし弁当~芋たこなんきん~
1080円

柔らかく煮付けた瀬戸内海産のタコや、なんきん(カボチャ)、サツマイモなど煮物がたっぷり。単素材、ガッツリ系が多い中ヘルシーさが際立っていた/まねき食品

私の好きな金色うにめし
1600円

蓋を開けると一面に広がる蒸しウニ。これを箸で持ち上げるとウニが二重にも三重にも重なっていることがわかる。小ぶりな体だが、期待を裏切らない贅沢弁当だ/斎藤松月堂

鯛めし
880円

鯛めしに鯛の焼きびたしをのせた弁当。見た目はシンプルだが、食べてみてダシの旨さに唸った。価格も手ごろで、ちょっと小腹が空いたときにも良さそう/大船軒

上州牛肉弁当
1200円

上州牛のステーキと、自家製のタレを使った牛しぐれ煮入り。このステーキが秀逸。低温調理を施しているため、厚みがありながら柔らかい一品だ/高崎弁当

駅弁屋 祭

☎03-3213-4352 [営]5時半〜23時 [休]無休 [交]八重洲中央口改札から徒歩2分

電話番号 03-3213-4352
2017年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
4087views エリア特集
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
さっぱり風味のあんとコクのあるバター、その相性の良さは言うまでもないが、これにくるみパンをプラス。低温長時間発酵させた味わい深い生地に、食感も心地よいくるみの香ばしさ、あんバターの甘じょっぱさがあいまって、後を引く味に。
ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt