MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
創作料理・無国籍料理
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
和食
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』

本誌紹介(最新号)

  • やっぱりうなぎ
  • 旅気分で極楽グルメ 東京でソロめし
  • ホントはどれが旨いのか? 冷凍食品覆面大調査

「 鹿児島県 」 の検索結果

表示順:
今回、訪れた鹿児島でのミッションは「鹿児島市電の全形式を撮影する」でした。 これが、なかなか厳しい! 鹿児島市電の場合は15種類もあります。 早朝から線路脇で通勤電車撮影作戦から始まり……。 どうにかミッションをクリアしたあとは、桜島で美味しいものの名産を探しに出かけてみました!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。
「南国の魚のウマさを知ってもらいたい!」そうアツく語るのは店主の神山さん。名瀬漁協に足を運び、その日の水揚げから特に上質な魚介だけを自身でセリ落としている。
 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。
 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。
 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt