SNSで最新情報をチェック

すべての客室に露天風呂が付いた宿だけを集めました。部屋から出る回数を極力少なくできるので、ほかの人と一緒になるのは……と抵抗感がある人も心おきなく快適に過ごすことができます。

【箱根宮ノ下温泉】箱根吟遊(はこねぎんゆう)「名湯が注ぐ客室の露天風呂で『花鳥風月』を感じる贅沢さ」

『箱根吟遊(はこねぎんゆう)』【type-HOSHIメゾネット】4万7450円〜 宿の3、4階部分に位置するメゾネットタイプ。テラスに露天風呂を配し、吹き抜けのリビングや掘りごたつ式のダイニングを備える

箱根登山鉄道宮ノ下駅のすぐ近く、箱根山の中腹に位置し、標高約420mという立地ならではの風光明媚な眺望を随所で愉しめる宿。

最上階の5階に位置するエントランスロビーに足を踏み入れると、目の前に広がる箱根連山の圧倒的な景観。まるで渓谷を抱くような角度で客室を連ねた1階から4階の客室フロアに下っていくと、すっと心も静やかになっていく。

客室は階により「月・空・星・風」のタイプがあり、和室・洋室・メゾネットなど多様な間取り。全20室の客室はすべてに箱根の山々を望むオープンテラスと、広々とした専用露天風呂を備える。檜造りや木造りなどそれぞれ意匠の異なる湯船に、箱根の名湯・宮ノ下温泉がたっぷりと注がれている。

また、温泉大浴場 山のインフィニティ風呂「月代」と「月音」は、大自然と一体化するような非日常の湯浴みを楽しめると評判。水平線の向こうに箱根連山を望む露天風呂とサウナは、時間により男女入れ替え制となっているので風情の異なる湯浴みを楽しめる。

森の回廊を抜けた離れにある「Ginyu Spa」は幻想的にライトアップされた極上空間で、セラピストによるハンドトリートメントを受けられる。シングルだけでなくペアルームもあり、ワンランク上のラグジュアリーな癒しを体感できる

食事は当日の朝に水揚げされた相模湾の地魚や国産和牛、鎌倉野菜など国内屈指の食材を用いた懐石料理。各部屋に設けられた専用ダイニングルームで気兼ねなくいただける。

〈温泉DATA〉
【泉質】ナトリウム・塩化物泉
【効能】慢性婦人病、虚弱児童、慢性皮膚病など
【大浴場】(源泉かけ流し+循環式)
【Ginyu Spa 貸切風呂】(源泉かけ流し)
【客室風呂】(加温、循環式)

〈料金・宿泊プラン/2名1室の1名料金〉
【露天風呂付き客室】(全20室)
[平日・休日]3万8650円〜
[休前日]4万3050円〜
※1泊2食付き/税・サ込
※特別日(GW、お盆など)は要問い合わせ。

〈基本情報〉
【住所】神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下100-1
【アクセス】電車/小田急ほか宮ノ下駅より徒歩約3分、車/東名高速道路御殿場ICより国道138号経由で約30分
【駐車場】15台
【送迎】なし

https://www.hakoneginyu.co.jp

【強羅温泉】箱根強羅 白檀(はこねごうら びゃくだん)「香りと温泉・ダブルの癒やしに夢中」

『箱根強羅 白檀(はこねごうら びゃくだん)』【萬(Man)】6万9450円〜 和室と洋室の二間に、眺望デッキと露天風呂が備わる。遠くに箱根連山と広大な自然園の眺望とかけ流しを独占できる。二間の部屋は計6室を用意

強羅温泉の中心地をやや外れた山あい、白檀香の香り漂う館内は、一歩足を踏み入れた瞬間から癒やしの心配りが満載。

ロビーではハーブティー等のドリンクを用意。デザイナー家具が配された和モダンな部屋でも香がたかれ、香りを聞きながら上質な時間を過ごせる。

天井の高いロビーからは箱根の山々や朝日を見ることができ、森に包まれた部屋ではテラスの露天風呂で森林浴をしながら、黄金色の自家源泉の湯を浴びることができる

窓が全開放できる大浴場の爽快感も格別だ。湯上がりには自家製アイスクリームや、銘水使用のところてんも身体に染みる。

夕食は本格懐石料理。箱根や伊豆の山の幸、地元真鶴や相模湾の海の幸を使い、出汁には箱根外輪山から流れる地下天然水を利用して仕立てた美食に舌鼓を打ちたい。

〈温泉DATA〉
【泉質】弱アルカリ性ナトリウム-塩化物泉
【効能】神経痛、関節痛、筋肉痛など
【客室風呂】源泉かけ流し
【大浴場・客室風呂】温泉(源泉かけ流し)

〈料金・宿泊プラン/2名1室の1名料金〉
【露天風呂付き客室】(全16室)
[平日・休日]3万6450円〜
[休前日]4万3050円〜
※1泊2食付き/税・サ込
※特別日(GW、お盆など)は要問い合わせ。

〈基本情報〉
【住所】神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297-5
【アクセス】電車/箱根登山鉄道小涌谷駅よりタクシーで約5分、車/小田原厚木道路小田原ICより国道1号経由で約30分
【駐車場】16台
【送迎】あり(小涌谷駅より。前日までに要予約)

https://www.byakudan.co.jp

次のページ
【箱根強羅温泉】HAKONE NICA(はこね にか)「1日...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…