MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
下町の名店「喜美松」で豚モツの魅力を味わい尽くす(モツ/浅草)

下町の名店「喜美松」で豚モツの魅力を味わい尽くす(モツ/浅草)

「喜美松 (きみまつ) 」は店先の大きな赤提灯が目印となっている、ホルモン好きの間では知られた豚モツ料理の専門店。鮮度にこだわったホルモンは埼玉の養豚場から直接仕入れる。[交]浅草駅1番出口から徒歩12分

喜美松(最寄駅:浅草駅)

まずはサイズハーフから注文できる自慢の「ゆでもつ刺し」をぜひ。低温でゆっくりと丁寧に火入れをし、レアに近い食感に仕上げてある。「れば」や「小袋」など定番部位のほか、めずらしい「キャン玉(睾丸)」は好きな人にはたまらない独特の味わい。それだけでなく「㐂美豚刺し」といった創作料理も豊富だ。下町の家庭的な雰囲気ながら、酒は純米吟醸からオーガニックワインまで幅広く揃えている。

たん刺(半人前)
400円

奥:たん刺、中央左:子袋刺、中央右:れば刺、手前:きゃん玉刺
最初に試したいおすすめの4部位。「タン」や「子袋」はクセが少なく豚ホルモン初心者でも食べやすい

子袋刺(半人前)
400円

れば刺(半人前)
350円

きゃん玉刺(半人前)
400円

㐂美豚刺し(きみとんさし)
600円

低温調理で旨みを凝縮させた豚バラ肉。わさび醤油かワインビネガーのタレで

こぶくろ (1本)
140円

手前からこぶくろ、とり、なんこつ、はつ。
串焼きの味付けはタレ、塩、味噌、醤油から選べる

とり(1本)
140円

なんこつ(1本)
120円

はつ(1本)
120円

喜美松

東京都台東区浅草4-38-2 ☎03-3874-5471 [営]17時半~22時半(22時LO) [休]土・日・祝 [席]カウンター8席、テーブル14席×1卓、小上がり座敷2席×1卓、4席×2卓 計34席/禁煙スペースあり/要予約/カード不可/サなし、お通し代270円別 [交]地下鉄銀座線ほか浅草駅1番出口から徒歩12分、つくばエクスプレス浅草駅A1出口から徒歩9分

電話番号 03-3874-5471
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
路地裏の名店とは、まさにこの店のこと。『ホルモン焼 柳』は超新鮮な国産ホルモンをウリに、20年間営業を続けてきた。
精肉店で10年働いた経験を持つ店主が厳選するホルモンを、多彩な料理で提供。良いもののみを仕入れるため欠品もあるが、本当に旨いものが並ぶ。
[もつやき ばん]のグルメ記事と写真のページ。レモンサワー初心者におすすめしたい“発祥の店”である。60年代、そのスタイルとネーミングはこの店がまだ中目黒にあったときに確立した。[交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩6分
[焼肉ホルモン龍の巣]のグルメ記事と写真のページ。肉屋直営の強みを生かし、全国から仕入れたホルモンをすぐさま店舗へ直送。丁寧に下処理した鮮度抜群のホルモンをリーズナブルな価格で提供する。[交通アクセス]地下鉄副都心線ほか新宿三丁目駅C6出口から徒歩1分
[炭火家 おだづもっこ]のグルメ記事と写真のページ。気仙沼出身の店主が切り盛りする居酒屋。炭火でふっくら焼き上げた串焼きをはじめ、メニューが充実。[交通アクセス]JR中央線高円寺駅北口から徒歩5分
「ご年配の方にも炙り寿司を気軽に召し上がっていただきたい」、そんな思いから誕生した「焼きバラちらし」。炙った大トロとサーモンハラス、そしてイカやエビをさいの目状にしてシャリに混ぜ、焦げ目をほどよく付けたウニをのせる。
鯖グルメの宝庫といえば福井。鯖街道を有する福井県は、サバが古来より郷土料理として身近な存在。 そんな福井ならではの、鯖グルメにぴったりのお酒がデビューした。 その名は「鯖光る」。開発したのは、福井県吉田郡永平寺町に居を構える「吉田酒造」だ。
「とにかくお肉は厚いほうが美味しい」というスタッフの意見からレシピを考案。棒状で届く豚ヒレ肉を丁寧に筋切りし、揚げたあとに余熱で火を通すというカツはすっとかみ切れるほど柔らかく、中に挟み込まれたモッツァレラチーズと口の中で一体に。
駅からほど近くの路地裏に建つ風情漂う一軒家。純和風の空間で、落ち着いて鶏料理が食べられる大人の店だ。
食べ物屋なら何でもある街、吉祥寺ですが、その時々で流行の“食べ物バブル”が登場します。 新しい食べ物バブルの萌芽を感じたので、ここでご紹介しようと思います。 はい、それはケバブだ!  ケバブバブル……。呪文のようです……。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt