MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
うなぎ藤田(うなぎ/白金台)|浜松のうなぎ老舗が都心に出店!

うなぎ藤田(うなぎ/白金台)|浜松のうなぎ老舗が都心に出店!

浜松に本店を構える老舗「うなぎ藤田」が白金台へ出店。明治期に初代がうなぎの行商をはじめたのがこの店のルーツ。そのため素材には徹底したこだわりを持ち、使用するのは浜名湖産を中心とした特に質の高いうなぎのみ。[アクセス]地下鉄南北線ほか白金台駅1番出口から徒歩5分

うなぎ藤田(最寄駅:白金台駅)

浜名湖産を中心とした特に質の高いうなぎのみを約1週間、地下115mからくみ上げた井戸水の中でエサを与えず泳がせる“活かし込み”という独自の手法をとることで、泥臭さを完全に抜き脂に甘みをもたせている。蒲焼きは、創業以来継ぎ足すタレにくぐらせつつ、備長炭でしっかりと焼きを入れることで、身からえもいわれぬ香ばしさがあふれてくる。

うな重(花)
3800円

創業以来継ぎ足すタレは芳醇な脂の甘みをしっかりと受けとめる

きもの天麩羅
756円

素焼きした肝をカラリと揚げる。ニガ玉(胆のう)をあえて残すことで、ほろ苦さがあり酒に合う

きもわさ
756円

生の肝を塩でもみ洗いしてからさっと湯通し。プリプリとした歯ごたえがたまらない

[その他のメニュー]うな重(川)3024円、うな重(特山)5076円、うなぎ茶漬3834円、白焼3348円、きも焼756円、う作1026円、う巻1296円、コース料理は5400円〜

うなぎ藤田

■『うなぎ藤田 白金台店』
[住所]東京都港区白金台4-19-21 IGAXビル3階 [TEL]03-6432-5636 [営業時間]11時半〜14時LO、17時〜21時LO [休日]月曜日 [座席]テーブル2席×6卓、4席×4卓、6席×1卓、8名用個室1室、カウンター6席 計48席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし [アクセス]地下鉄南北線ほか白金台駅1番出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6432-5636
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
毎年のようにテレビで流れる“ウナギが超高騰!”のニュースはどこ吹く風。なんとワンコインからうな丼が食べられる、新橋ビジネスマン感涙の店。
JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
1681年創業。うなぎの名産地として知られる柳川を代表する名店だ。
関東では一般的と言っていいうな串。関西ではほとんど見かけることのないこのスタイルで、10年以上前から人気を集めている。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt