MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
うなぎ料理 よね山(うなぎ/大崎広小路)|ご飯を覆う圧倒的ボリュームのうなぎに店主の心意気を知る

うなぎ料理 よね山(うなぎ/大崎広小路)|ご飯を覆う圧倒的ボリュームのうなぎに店主の心意気を知る

「うなぎ料理 よね山」は創業から約40年、昨年11月に大崎広小路駅に移転オープンした。使用するのは、産地を指定せず、店主自らの舌で確かめた身のしまりがよく、脂ののったうなぎのみ。[アクセス]東急池上線大崎広小路駅から徒歩1分、JR五反田駅から徒歩6分、大崎駅から徒歩6分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》うなぎ料理 よね山(うなぎ/大崎広小路)|ご飯を覆う圧倒的ボリュームのうなぎに店主の心意気を知るの画像をチェック! navigate_next

うなぎ料理 よね山(最寄駅:大崎広小路駅)

 重箱の蓋をあければ、大振りの蒲焼きがご飯を覆いつくす様は圧巻のひと言。「うなぎが小さかったら悲しいじゃない」と語る店主の心意気が伝わってくるようだ。その日仕入れるうなぎのサイズにもよるが「鰻重(上)」では基本的に丸ごと2匹分をのせている。

 白焼きしてから、30分ほどかけてじっくりと蒸すことで、ふんわりとした口どけのいい食感に。醤油、みりんなどから作るタレは、あまり煮詰めず、うなぎの風味や旨みがしっかりと伝わるよう、あえて薄味に仕上げている。値段以上の満足感を得られることうけあいだ。

鰻重(上)
4600円(昼は4200円)

重なり合うよう盛りつけられたうなぎのボリュームに目を見張る。箸で持ち上げれば、ホロリとほぐれてしまいそうなほどの柔らかさを堪能したい

う巻(小)
1500円

ダシをたっぷりふくんだ玉子焼きはふんわりとした口当たり。なかにはこれまた大振りの蒲焼きが仕込まれていて食べ応えも充分だ

八幡巻
800円

柔らかく炊いたゴボウを芯に、生のうなぎを巻き付けじっくりと焼き上げていく。ゴボウの豊かな香りがうなぎと相性抜群だ

[その他のメニュー]
うな丼2000円(昼は1800円)、まむし丼3800円(昼は3500円)、鰻まぜ御飯2500円(昼は2000円)、骨のから揚げ350円、うざく800円、串焼き350円、白焼2100円〜、蒲焼2100円〜など

うなぎ料理 よね山

■『うなぎ料理 よね山』
[住所]東京都品川区大崎4-1-2 ウィン第2五反田ビル 1階 [TEL]03-6417-3020 [営業時間]11時〜14時LO、17時〜21時30分(食事20時45分LO)、土曜日:17時~20時30分(食事19時45分LO) [休日]日曜日・祝日 [座席]テーブル4席×5卓、カウンター6席 計26席/昼は全席禁煙、夜は禁煙席なし/カード不可/夜のみ予約可(7月は予約不可)/サなし [アクセス]東急池上線大崎広小路駅から徒歩1分、JR五反田駅から徒歩6分、大崎駅から徒歩6分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6417-3020
2016年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「若い頃から東京に支店を出すのが夢だった」と話すのが、浜松で最古のうなぎ屋『中川屋』の4代目である村越武さん。本店を息子に任せ、昨年それを実現させた。
うな重、蒲焼き、白焼き……。うなぎ料理といえば、このあたりが定番ですが、和食の枠を外れたうなぎ料理はないのだろうか。ということで、探したところ中国料理店を中心に発見! 中華なうなぎ料理をご覧あれ。
かつて、手賀沼で獲れたうなぎは江戸にまで運ばれ贈答品として珍重されたのだとか。その湖畔に位置する我孫子市は、今も数多くの店があるうなぎ処だ。
近年オープンした都内のうなぎ店を調査した結果、自信をもっておすすめできる三ツ星店を4軒ご紹介。老舗の支店や、関東や関西から東京初進出を果たしたお店まで粒揃いです。土用丑の日に合わせて、ぜひご賞味ください!
『おとなの週末』はもちろん、ミシュランにも掲載された名古屋を代表するうなぎ店『炭焼 うな富士』。2021年3月にオープンした『天白別邸』は、築104年の古民家をリノベーションした趣あるお店。ゆったり、のんびりと食事ができる話題の最新店へ伺いました。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル