MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
町田双葉(うなぎ/町田)|レストラン街で発掘稀少「共水うなぎ」を熟練の技で食す

町田双葉(うなぎ/町田)|レストラン街で発掘稀少「共水うなぎ」を熟練の技で食す

「町田双葉」では東京で現在15軒ほどしか使用することができないブランド養殖「共水うなぎ」を食べられる貴重な店だ。 ※ランチタイム有

町田双葉のうなぎ丼(最寄駅:町田駅)

水温調節により四季を体験させ、通常の2倍もの養殖期間を経て出荷されるうなぎは、かぎりなく天然ものに近いと称されるほど。この道40年のベテラン職人の手により丁寧に焼かれることで、その身にひそんだ芳醇な香りと力強い風味をあますところなく引き出している。また、7月から9月頃までは都内ではほとんど流通していない超稀少な岡山県児島湾産の「天然しゃこうなぎ」が入荷することも。これを目当てに訪れる常連客も多い。

うなぎ丼(大)
4180円

主に九州産の質の高いうなぎを使用。肉厚な身には脂がたっぷりとのっている 

特選うな重 極
5940円

共水うなぎを丸ごと2匹贅沢に使用。脂の甘みと柔らかな身を堪能できる

うまき
1300円

ミルフィーユ状に巻いた玉子のほのかな甘みが、うなぎのコクをさらに引き立てている

[その他のメニュー]
うなぎ丼(中)2925円、うなぎ丼(小)2275円、うなぎ蒲焼き(大)3570円、白焼き3570円など

町田双葉

『町田双葉』
[住所]東京都町田市原町田6-12-20 小田急百貨店町田店9階 [TEL]042-726-8844 [営業時間]11時〜22時(21時半LO) [休日]小田急百貨店町田店の休館日に準ずる [座席]テーブル2席×12卓、4席×7卓 計52席/全席禁煙/カード可/7月•8月の繁忙期以外は予約可/サなし [アクセス]小田急線小田原線町田駅直結 [個室]半個室あり [子供]可

電話番号 042-726-8844
2016年7月号発売時点の情報です。

[その他のメニュー]
うなぎ丼(中)2925円、うなぎ丼(小)2275円、うなぎ蒲焼き(大)3570円、白焼き3570円など

[その他のメニュー]
うなぎ丼(中)2925円、うなぎ丼(小)2275円、うなぎ蒲焼き(大)3570円、白焼き3570円など

[その他のメニュー]
うなぎ丼(中)2925円、うなぎ丼(小)2275円、うなぎ蒲焼き(大)3570円、白焼き3570円など

[その他のメニュー]
うなぎ丼(中)2925円、うなぎ丼(小)2275円、うなぎ蒲焼き(大)3570円、白焼き3570円など

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
約220年前、江戸後期・文化文政時代に始まった老舗のうなぎ専門店。『前川』の屋号のとおり、創業時は大川(江戸期の隅田川)に面し、お客も舟で通っていた。
毎年のようにテレビで流れる“ウナギが超高騰!”のニュースはどこ吹く風。なんとワンコインからうな丼が食べられる、新橋ビジネスマン感涙の店。
JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
1681年創業。うなぎの名産地として知られる柳川を代表する名店だ。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt