MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「鰻処 とらじろう」は厳選うなぎを美味しく、安く堪能させる(うなぎ/大山)

「鰻処 とらじろう」は厳選うなぎを美味しく、安く堪能させる(うなぎ/大山)

「鰻処 とらじろう」は大山の地で開業して11年、うなぎをリーズナブルに楽しませてくれると地元客に愛される店。[交]東武東上線大山駅から徒歩7分 ※ランチタイム有

鰻処 とらじろう(最寄駅:大山駅)

美味しさの理由は、全国各地から大ぶりなうなぎを仕入れること。肉厚で脂が乗った身だからこそ、軽やかなながらコクあるタレと相性が抜群。うな重にはひと切れ85gの身がふた切れ鎮座し、食べ応えも十分だ。 
ほかに白焼きと蒲焼きが付く「とらじろう定食」、「うなとろ丼」、「ひつまぶし」などもあり、人気となっている。

うな重
3000円(昼)

美味しさの理由は、全国各地から大ぶりなうなぎを仕入れること。

鰻処 とらじろう

■『鰻処 とらじろう』
[住所]東京都板橋区大山50-1 [TEL]03-3554-5677 [営業時間]11時半〜14時、17時〜21時 [休日]金曜日 [座席]カウンター5席、テーブル16席 計21席、カード不可、サなし [アクセス]東武東上線大山駅から徒歩7分

電話番号 03-3554-5677
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
1681年創業。うなぎの名産地として知られる柳川を代表する名店だ。
関東では一般的と言っていいうな串。関西ではほとんど見かけることのないこのスタイルで、10年以上前から人気を集めている。
明治から受け継がれる店の伝統は、とにかく質のいいうなぎを使うこと。上物をいかにたくさん継ぎ足しのタレにくぐらせるか。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
週替わりでひと工夫された魅力的な惣菜が並ぶデリカテッセン。「デリボックス」はテイクアウトで1080円~(イートインは1350円~)。
新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。
133views F&D 最新情報
明太子の名店、福岡の『やまや』が営む天ぷら店。全席に揚げたてが運ばれる博多スタイルを踏襲し、東京ではあまり見かけない鶏肉の天ぷらが食べられる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt