MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
[ジオ] おすすめピザのグルメ記事と写真(ピザ/神楽坂)|

[ジオ] おすすめピザのグルメ記事と写真(ピザ/神楽坂)|

神楽坂エリアでピザならココ「Pizzeria Gelateria zio(ジオ)」!縁までソースと具がのる極薄生地が特徴のローマピッツァの人気店。定番人気はローマの食材のみにこだわった「ロマーナ」。ローマサラミなどを使った香り高い逸品だ。[交]飯田橋駅B3出口から徒歩3分、神楽坂駅から徒歩9分 ※ランチタイム有

Pizzeria Gelateria zio(ジオ)(最寄駅:飯田橋駅)

軽やかで繊細な生地のローマピッツァを楽しむならこの店

麺棒で延ばす生地はわずか5㎜程度の薄さ。高温の石窯で焼けば2層状に膨らみ、上層はパリッと軽やかな食感ながら、牛乳やオイルを加えているため下層は程よくモチモチに仕上がっている。トマトソースは熟したトマトの旨みと甘みがコクのある味だ。定番人気はローマの食材のみにこだわった「ロマーナ」。ローマサラミなどを使った香り高い逸品だ。

ロマーナ
1680円

ローマサラミとオレガノのほか、モッツァレラはコクのある味と伸びのいい種類のふたつを使う。ペコリーノチーズは風味を生かすため焼いた後にのせる

マルゲリータ
1680円

酸味が強過ぎないように仕上げたトマトソースが縁までたっぷり。繊細な薄さの生地は天然酵母を使って発酵させている。クリスピーでヤミツキになる食感

本日のいろいろ冷製盛り合わせジオ風(2人用)
2400円

内容は日替わり。写真はセミドライにしたグリーントマト入りの豚肉のテリーヌや生ハムなど5種類

Pizzeria Gelateria zio(ジオ)

東京都新宿区神楽坂3-1 本橋ビル1階 ☎03-3267-1995 [営]11時半~14時半LO(昼は予約制)、17時~23時半(22時半LO)、土・日・祝12時~23時(ランチコースは12時〜15時、夜は22時LO) [休]年末年始 [席]カウンター4席、テーブル2席×2卓、4席×7卓、テラス席4名、計40席/21時まで禁煙/予約可/カード可/サなし、夜のみコペルト300円別 [交]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3267-1995
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
3種のチーズのフレッシュでミルキーな味わいに全身が幸福感に包まれた。併設のチーズ工房では、毎朝東京・清瀬市の牧場から届く搾りたての生乳を鮮度を保ったまま加工。
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
石神井公園『ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ』|「貧乏人のスパゲティ」は目玉焼きを崩してパスタに絡めた素朴な料理。カルボナーラの原形とも言われている。
1925年に創業した老舗レストラン。当代の祖父にあたる2代目が考案して以来の看板メニューがこの「ヤキメシ」だ。
次から次へと運ばれる小さなつまみに、酒飲みならば誰しもぐっとくるはず。気取りのない下町の居酒屋だけれど、洗練された料理の味わいと盛り付けの美しさは割烹かそれ以上。
予約必須の食パンが有名な超超人気店。けれど魅力はそれだけではない! 
文政6年(1823)年から続く酒蔵『木内酒造』が経営。クリアで味わい深い「常陸野ネストビール」と清酒「菊盛」、石臼自家製粉の常陸秋そば。
大正3年に日本橋浜町で創業。スーラーメンなど名物料理は多いが、今回はザ・王道と呼びたくなるラーメンに注目したい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt