MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
♪おばァああこナァ♪ コイコイ!!【民謡の店 おばこ】(居酒屋/千駄木)

♪おばァああこナァ♪ コイコイ!!【民謡の店 おばこ】(居酒屋/千駄木)

民謡の店 おばこは尺八奏者のご主人・鈴木孝幸氏と民謡歌手のキエ子ママ夫婦で営む居酒屋。

民謡の店 おばこ(最寄駅:千駄木駅)

「夫婦二人でやってるもんだから、我々が民謡をやるのは、手が空いた時なんだけどね」 だそうだが、その時こそ夫婦息のあった民謡が最高の酒の肴。 さらに!! 和楽、邦楽、そして老若男女を問わず、音楽好きやミュージシャンが集まり、多くの楽器の置かれた奥の座敷がクロスオーバー音楽セッション会場を化す夜もあるという。 また尺八未経験者にも、塩ビ管で作った尺八に挑戦させてくれる。とにかく呑んで音を楽しめる。これぞ音“楽”の店!

いぶりがっこ
450 円

とり天しぐれ
650円

焼きたまご
450円

にごり酒 白川郷(グラス)
800 円

酒が進みすぎる「ほやしお」600 円

民謡の店 おばこ

東京都文京区千駄木2-43-4 外波ビル1F ☎03-3822-8411 [営]5時〜24時半 [休]月 [席]カウンター10席 座敷16名 予約可/カード不可/サなし/チャージ、お通しなし [交]地下鉄千代田線千駄木駅から徒歩3分

電話番号 03-3822-8411
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
小町通り脇の小路に佇むナチュラルワインと野菜料理の店。店主はレストランの厨房で働いた経験があり、サラダなど野菜の惣菜はもちろん、鶏レバームースや鴨のコンフィといった肉料理までレストランクオリティだ。
神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。
鉄板で焼きつけるクワ焼きは大阪大衆酒場の花形。それをモダンに取り入れ、ワインや日本酒と合わせた話題の新店。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt