MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
五島うどんびぜん家|つやつやの美しさとつるりとした舌触りが魅惑的なうどん(うどん/武蔵小金井)

五島うどんびぜん家|つやつやの美しさとつるりとした舌触りが魅惑的なうどん(うどん/武蔵小金井)

「五島うどんびぜん家」の店主は五島の製麺所などで修業した経験の持ち主。ダシのメインとなるアゴは毎日店で炙って、前日からじっくりと旨みを抽出、本場の味を再現している。[交]JR中央線武蔵小金井駅南口から徒歩5分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》五島うどんびぜん家|つやつやの美しさとつるりとした舌触りが魅惑的なうどん(うどん/武蔵小金井)の画像をチェック! navigate_next

五島うどんびぜん家(最寄駅:武蔵小金井駅)

うどんのつるりとした喉ごしと豊かなダシの風味、つややかな美しさには、思わず胸が高鳴るだろう。「地獄炊き」はいわゆる釜揚げだが、つけ汁はコクのあるアゴダシと生卵の2種類。薬味がたっぷりつくので、自分流のアレンジでいただける。前日までに予約が必要で、提供は13時半以降のみなので要注意。

地獄炊き【予約制・2人前より】
1人前 1280円

「地獄炊き」は五島の“おふくろの味”とも言える家庭料理だそう。風味を増すため、つけ汁に焼きアゴが入る

ざるうどん
600円

キリリと冷やされたうどんのお供は、九州しょうゆの甘みと五島の塩にアゴダシが利いた、素材の良さが旨みとして実感できるつゆ。「ごぼう天」はぶ厚めにカットされていて、ゴボウのしっかりとした香りと味わいが楽しめる

ごぼう天
200円

五島うどんびぜん家

[住所]東京都小金井市本町6-9-42 [TEL]042-382-1833 [営業時間]11時半〜14時半LO、18時~21時(20時45分LO) ※ランチタイム有[休日]月※祝の場合営業、翌火休 [席]全23席/全席禁煙/13時半以降予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR中央線武蔵小金井駅南口から徒歩5分 

電話番号 042-382-1833
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
端正で見目麗しく透き通るほどの美しさ。これぞシンプルの極みの関西ダシ文化の賜物!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
千駄木『うどん 汐満』|「豚カレーうどん」と「肉汁うどん」の二枚看板の店。カレースープは約20種類のスパイスに高級ミルクを加えた濃厚でクリーミーな味わい。
うどんとご飯。関西人が愛する炭水化物の共演です。このセットは奥が深いですよ。
気さくで小気味よく話す、店主・小嶋さんの人柄ゆえか、遠くから足を運ぶ常連さんも多し。店は快活な雰囲気に溢れている。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1170views 本誌紹介

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル