MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「薬膳カレーじねんじょ」独自の薬膳カレー(カレー/日暮里)

「薬膳カレーじねんじょ」独自の薬膳カレー(カレー/日暮里)

スパイスの包まれる、なんて楽しみ方も!谷根千「カレー巡礼」掲載店舗、3店舗目「薬膳カレーじねんじょ」![交]JR日暮里駅から徒歩6分 ※ランチタイム有

薬膳カレーじねんじょ(最寄駅:日暮里駅)

薬膳角煮カレー
1730円

薬膳角煮(ラフテー)カレー(+五穀米) 1730円

薬膳カレーじねんじょ

東京都台東区谷中5-9-25 ☎03-3824-3162 [営]火・水・金11時半~16時、17時半~21時半LO、木~16時LO、土・日・祝11時~16時、17時~21時半LO [休]月 [交]JR日暮里駅から徒歩6分

電話番号 03-3824-3162
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
都内でも数少ない、牛カツカレーが看板メニューのカレー専門店。牛カツはほんのり赤身が残る絶妙な火入れで、歯ですっとかみ切れるほどやわらかい。
名店『ダバインディア』で腕を振るったコックを迎えて、月島に今年3月オープン。本格的な南インド料理だが、辛さは3段階から選べるので辛いものが苦手という人にも安心。
京橋の「ダバ インディア」と三軒茶屋の「シバカリーワラ」、東京の東西を代表する名店で腕を振るった兄のスレンダジーさんと弟のラムジーさんの兄弟が、タッグを組んで独立したのが一昨年のこと。インパクト抜群の店名は、もはやカレー好きの間で知られた存在だ。
隠れ家的なスパイスカレー店が多いなか、駅近・アメ村すぐの行きやすさが魅力のこちら。とはいえ主役のカレーは超本格派だ。
間借りカレーで一躍ブレイクを果たしたこの店が、目立たないビルの2階に店舗を構えて約2年。ランチのみでスタンディングオンリーだが、ひっきりなしに訪れる客に人気の度合いがうかがえる。
店主の飽くなき研究で供される寿司にハマる人、続出。赤身のヅケに福井県の地がらしをちょんと乗せたり、赤貝を昆布〆にしてみたり。
どこまでも深いスープにフルフルの豆腐、そこへ辛さの刺激が追っかける! 寒さ増すこの時期にピッタリの韓国鍋で体の中から温まろう。
船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。
上質なスイーツはもちろん、ヴィエノワズリーも頂上レベルのこちら。この「パン・オ・レザン」は、ブリオッシュ生地にラムの香り豊かなレーズンが巻かれ、噛んだ瞬間からその甘美な世界にうっとり。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル