MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「圳陽」の担々麺はゴマの風味を辛さが引き締め思わず頷く旨さ!(ラーメン/高円寺)

「圳陽」の担々麺はゴマの風味を辛さが引き締め思わず頷く旨さ!(ラーメン/高円寺)

ひと口ひと口食べ進めながら、思わず「うんうん」と頷きたくなるような「圳陽」の担々麺。クリーミーだけど酸味のあるスープは辛いけどやさしい。 ※ランチタイムあり

中華銘菜 圳陽|せんよう(最寄駅:東高円寺駅)

 聞けば、「辛過ぎたり、まろやか過ぎず、皆に『あ、美味しいね』と食べてもらえるのが理想」ということで、納得である。

 ポイントは4度挽きされたゴマで自家製される芝麻醤の香りのよさ。それをやはり自家製のラー油の香りと辛さが引き締める。肉味噌のほどよい甘さも◎。

 メニューは、店主が修業した広東地方を中心に、四川の料理も並ぶ。そのどれもが、丁寧に作られ、ほっとする美味しさだ。

坦々麺

坦々麺 950円(ランチ 900円)
「あれこれ入れて複雑にし過ぎないように」という担々麺は、一つひとつの素材が丁寧に作られ、バランスが抜群

☝︎ココに注目!
風味を大切に4度挽くというゴマダレと、香りも辛さもいい自家製ラー油がポイント

丸鶏のパリパリ揚げ

丸鶏のパリパリ揚げ2100円(半羽)
何度も熱い油をかけまわして仕上げられ、皮は香ばしく中はジューシー

パリッパリの海老春捲

パリッパリの海老春捲400円
自家製の点心も人気。香ばしくきつね色に揚がり、中に詰まったエビの風味がいい

[その他のメニュー]
前菜三種盛り合わせ880円、上海小籠包(2個)480円、重慶よだれ鶏900円、季節の色々野菜、岩塩炒め1200円、国産和牛ヒレとマコモ茸のオイスターソース炒め2200円、杏仁豆腐400円など

中華銘菜 圳陽

■『中華銘菜 圳陽』
[住所]東京都杉並区和田3-18-9 パークヒルズ東高円寺1F
[TEL]03-6382-5320
[営業時間]11時半〜14時(金曜日はなし)、17時半〜21時 ※ランチタイム有
[休日]火曜日(不定休あり)、金曜日のランチ
[座席]カウンター8席、テーブル12席、計20席/全席喫煙可(ランチ時不可)/カード不可/予約可(ランチはコースのみ可)/夜のみ席料300円(アミューズ付き)
[アクセス]地下鉄丸の内線東高円寺1番出口より徒歩7分

電話番号 03-6382-5320
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
唐辛子9種類、香辛料9種類を使って作られる香り豊かなラー油。香りが飛ばないように毎日挽かれる花椒の痺れ。
テーマは“毎日食べたくなる担々麺”。濃厚ながらも重くなく、カラダにやさしい汁なし担々麺を提供する。
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt