MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】オーシャンズクラブ葉山|湘南の海を見渡す高台の洋館で優雅な時を(フレンチ/葉山)

【閉店】オーシャンズクラブ葉山|湘南の海を見渡す高台の洋館で優雅な時を(フレンチ/葉山)

葉山の高台に佇む白亜の洋館は、旧伯爵邸を改装したもの。現在ブライダル施設として用いられているが、実は3階に絶景のフレンチレストランがある。 オーシャンズクラブ葉山 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】オーシャンズクラブ葉山|湘南の海を見渡す高台の洋館で優雅な時を(フレンチ/葉山)の画像をチェック! navigate_next

【閉店】オーシャンズクラブ葉山(最寄駅:逗子駅)

大きな窓の向こうには湘南の海。心地よい眺望とともに楽しめるのは、地元の食材を盛り込んだ優美なフレンチだ。三浦や鎌倉で生産者から直接仕入れる味の濃い野菜、相模湾の新鮮な海の幸など、吟味した食材が華やかなひと皿に仕立てられる。 例えば、地魚のポワレにはバスク地方の郷土料理である赤ピーマンのマリネがアクセントに。鶏の煮込み料理は隠し味の海老でコクを生み出し、鎌倉産のアイコトマトの爽やかな酸味も添えるなど、工夫とセンスが光る。ランチコースは4104円と7020円の2種類。ともに肉と魚が付くダブルメインで、質量ともに申し分なし。 食後は、テラスで潮風に吹かれ、のんびり過ごすのもいい。

ランチコース
4104円

内容は仕入れにより変わる。この日の魚は相模湾で獲れたスズキのポワレ。三浦スイカとホワイトチョコのムースを合わせたスイーツも絶品

オーシャンズクラブ葉山

神奈川県横須賀市秋谷4238-1 ☎046-857-3577 [営]11時半〜15時半(14時半LO)、18時~23時半(22時半LO)、土・日・祝19時~ [休]火、ブライダルで貸切りの日 [席]4席×13卓、個室2室 計80席/カード可/要予約/サ10% [交]JR逗子駅〜バス「久留和」停留所から徒歩約3分 クルマ第3京浜〜横浜横須賀道路〜三浦半島中央道路〜国道134号線で約2時間

電話番号 046-857-3577
2015年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ノルマンディ地方の料理を得意とするフレンチレストラン。圧巻のテイクアウトメニューが150g超(!)のソテーを乗せたフォワグラ丼だ。
これぞ懐深き下町のフレンチ! と声高らかに言わせてください。腕を振るうのはその道43年のシェフの須藤さん、ソムリエは気さくな接客の篠田さん。
ひと口いただけば「実直」という言葉が浮かんでくる料理の数々は、素材が持つ味を生かしつつ、一つひとつ丁寧に手作りされている。自宅でこの上質な味を楽しめると好評なため、テイクアウトはしばらく続ける予定。
オープンキッチンの小粋なフレンチバール。サラダやマリネのタパスから、パテやテリーヌの前菜、コンフィやローストのメインまで、正統派フレンチが楽しめる。
市場では仔牛を産んだことのない未経産牛が最も価値が高いと言われている。が、果たしてそれは本物の旨さなのか? 
最新記事
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
get_app
ダウンロードする
キャンセル