MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
湯島ひよこ堂(担々麺/湯島)│広島汁なし担々麺を東京に広めた立役者的存在

湯島ひよこ堂(担々麺/湯島)│広島汁なし担々麺を東京に広めた立役者的存在

「広島式 汁なし担々麺湯島ひよこ堂」は東京でいち早く「広島汁なし担々麺」を名乗った先駆け店。店主の近藤考行さんは広島の出身で、食べ歩きの末に独学でこの味を作り上げた。 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》湯島ひよこ堂(担々麺/湯島)│広島汁なし担々麺を東京に広めた立役者的存在の画像をチェック! navigate_next

広島式 汁なし担々麺湯島ひよこ堂(最寄駅:湯島駅)

広島の製麺所から取り寄せたコシのある細麺は、ゴマを粗めに挽いた香ばしい芝麻醤や特製ラー油、魚介ダシなどがあらかじめ軽く和えられた状態で供される。3種類の唐辛子で作るラー油には八角やシナモン、クローブといったスパイスも多数使っていて、2種類の花椒と共に軽快に香る。

汁なし担担麺(麺140g・3辛)
690円

辛さはラー油と練り唐辛子、山椒の量で変えている。肉味噌がたっぷりのるので、最後は“肉飯”にして楽しみたい

レタス盛り
+100円

山盛りのレタスが麺を覆いつくす採算度外視のトッピングメニュー

温泉たまごとご飯
+110円

プラス110円で汁なし担担麺に温泉たまごとご飯が付けられるお得な内容。たまごは麺と絡めてもよいし、追い飯のタイミングで加えても美味

ココに注目!
本場•広島でも珍しいというレタスのトッピング。ピリ辛の味付けに驚くほど合う

[その他のメニュー]
汁なし担担麺(1~4辛•麺210g)790円、(1~4辛•麺100g)650円、汁なし担担麺 麺140gセット(1~4辛•温泉たまご•ごはん付き)800円、汁なし担担麺 麺210gセット900円、汁なし担担麺麺100gセット760円、温泉たまご100円、ごはん100円

広島式 汁なし担々麺湯島ひよこ堂

[住所]東京都文京区湯島2-33-10 深野ビル1F [TEL]03-5812-4979 [営業時間]11時~14時LO、17時~21時LO(土・日・祝は20時LO) ※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンター8席 [交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅5番出口から徒歩4分

電話番号 03-5812-4979
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
『ホテルオークラ』や『希須林』で中華の腕を磨き、担々麺の某名店でも働いた経験を持つ店主が満を持して独立。昼間は「汁なし担々麺」と「担々麺」を看板に掲げる専門店ながら、夜はその腕を生かして、お酒が進む一品中華も提供する。
 和食屋、ラーメン店、定食屋と経験した店主が、その魅力を忘れられずに再びラーメンの世界へ。有名ラーメン店で働いていた頃に生み出したというふたつの無化調担々麺を引っ提げて、専門店として新たなスタートを切った。
唐辛子9種類、香辛料9種類を使って作られる香り豊かなラー油。香りが飛ばないように毎日挽かれる花椒の痺れ。
テーマは“毎日食べたくなる担々麺”。濃厚ながらも重くなく、カラダにやさしい汁なし担々麺を提供する。
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル