MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ピラブカウ(カレー/池袋)│辛みとコクのバランスが絶妙でスプーンが止まらない

ピラブカウ(カレー/池袋)│辛みとコクのバランスが絶妙でスプーンが止まらない

タイ国商務省が、本場のタイ料理を味わえる店として認定した“タイ・セレクト” の実力店。専用窯でじっくり焼き上げる名物の「タイ風アヒル焼き」(1280円)をはじめ、本格料理が豊富に揃う。※ランチタイムあり

ピラブカウ|PIRABUKAO(最寄駅:池袋駅)

ランチの「鶏肉のグリーンカレー」(800円)は、やや辛みの強いグリーンカレーに香り高いジャスミンライスを添え、フチをカリカリに仕上げた目玉焼きをのせて完成。目玉焼きをくずして食べればコクが増してマイルドな味わいになる。辛いもの好きなら、ナムプラーに生の唐辛子やライムなどを加えた辛酸っぱい調味料“プリックナムプラー”をかけるのがおすすめだ。

鶏肉のグリーンカレー
800円

▲大きなチキンがゴロゴロ入り、食べ応えバツグン。チキンのほか、具はナスとピーマンで、とろとろに煮込まれたナスが美味。ランチはスープ付き(内容は日替わり)。ディナーは980円で、ライスが別皿(250円)で供され、目玉焼きはのらない

タイ風アヒル焼き
1280円

▲艶やかに焼き上げられたアヒル肉はビールのお供に最高。中華系タイ人がオーナーだからこそ実現できた絶品メニューだ

ユバ巻き
900円

▲エビをメインに、豚肉やカニ肉のミンチを具にして湯葉で巻き、カラリと揚げた新メニュー。甘酸っぱいソースにつけて召し上がれ

[その他のメニュー]
豚足煮込みライス800円、タイラーメン(スパイシー)650円など アヒル挽肉のスパイシーサラダ1580円、蟹のカレー炒め1380円、ピラブカウセット4280円(2時間飲み放題付き)など

タイカレーといえばコレ!
本国でも定番の一品


タイ語で「ゲーン」と呼ばれる汁物の一種で、まだ熟していない青いときに収穫したプリック・キーヌー(唐辛子)をはじめ、バイマクル(こぶみかんの葉)など、緑色のハーブ類を使うため、美しい
緑色をしているのが特徴だ。何種類ものハーブや香辛料を合わせてすり潰したペーストを炒め、ココナッツミルクやナムプラー、パームシュガーなどで味付けし、鶏肉や野菜などを加えて煮込む
のが基本。熟しきっていない唐辛子を使用しているが、辛みはしっかりと感じられる。タイ語で「ゲーンキャオワーン」と呼ばれ、ゲーンは汁物、キャオは緑、ワーンは甘いという意味。

ピラブカウ

■『ピラブカウ』
[住所]東京都豊島区池袋2-48-4 
[TEL]03-3988-8889 
[営業時間]11時半~24時(ランチ~14時半) 
[休日]無休 
[座席]テーブル席4席×11卓 計44席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし 
[アクセス]JR山手線ほか池袋駅北口から徒歩3分

電話番号 03-3988-8889
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
今人気のカレーといえば、大阪発のスパイスカレー。しかし、北海道ではスープカレーが根強い人気を誇っている。
現地感満載の内装やスパイシーな香り。入った途端、異空間の広がる本格的なスリランカ料理店。
カレーは「ポークキーマ」、「チキン」、「エビ」の3種類。メニューは1~3種のカレーが選べる「スリランカカレープレート」(1100円~)、今月のカレーと豆カレーなどが付く「鳩ノ森カレー」(1000円)がある。
ママの出身地大分の料理と、美味しいカレーを食べられる店なのです。カレーはもともと昼の人気メニューで、辞めちゃった人からママが受け継いだ味だとか。
骨付きスペアリブに、ごろっと大きな根菜類、スープの中には自家製豆腐も浮かんでいる。専門店が放つインパクト抜群の豚汁だ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt