MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ピラブカウ(カレー/池袋)│辛みとコクのバランスが絶妙でスプーンが止まらない

ピラブカウ(カレー/池袋)│辛みとコクのバランスが絶妙でスプーンが止まらない

タイ国商務省が、本場のタイ料理を味わえる店として認定した“タイ・セレクト” の実力店。専用窯でじっくり焼き上げる名物の「タイ風アヒル焼き」(1280円)をはじめ、本格料理が豊富に揃う。※ランチタイムあり

perm_media 《画像ギャラリー》ピラブカウ(カレー/池袋)│辛みとコクのバランスが絶妙でスプーンが止まらないの画像をチェック! navigate_next

ピラブカウ|PIRABUKAO(最寄駅:池袋駅)

ランチの「鶏肉のグリーンカレー」(800円)は、やや辛みの強いグリーンカレーに香り高いジャスミンライスを添え、フチをカリカリに仕上げた目玉焼きをのせて完成。目玉焼きをくずして食べればコクが増してマイルドな味わいになる。辛いもの好きなら、ナムプラーに生の唐辛子やライムなどを加えた辛酸っぱい調味料“プリックナムプラー”をかけるのがおすすめだ。

鶏肉のグリーンカレー
800円

▲大きなチキンがゴロゴロ入り、食べ応えバツグン。チキンのほか、具はナスとピーマンで、とろとろに煮込まれたナスが美味。ランチはスープ付き(内容は日替わり)。ディナーは980円で、ライスが別皿(250円)で供され、目玉焼きはのらない

タイ風アヒル焼き
1280円

▲艶やかに焼き上げられたアヒル肉はビールのお供に最高。中華系タイ人がオーナーだからこそ実現できた絶品メニューだ

ユバ巻き
900円

▲エビをメインに、豚肉やカニ肉のミンチを具にして湯葉で巻き、カラリと揚げた新メニュー。甘酸っぱいソースにつけて召し上がれ

[その他のメニュー]
豚足煮込みライス800円、タイラーメン(スパイシー)650円など アヒル挽肉のスパイシーサラダ1580円、蟹のカレー炒め1380円、ピラブカウセット4280円(2時間飲み放題付き)など

タイカレーといえばコレ!
本国でも定番の一品


タイ語で「ゲーン」と呼ばれる汁物の一種で、まだ熟していない青いときに収穫したプリック・キーヌー(唐辛子)をはじめ、バイマクル(こぶみかんの葉)など、緑色のハーブ類を使うため、美しい
緑色をしているのが特徴だ。何種類ものハーブや香辛料を合わせてすり潰したペーストを炒め、ココナッツミルクやナムプラー、パームシュガーなどで味付けし、鶏肉や野菜などを加えて煮込む
のが基本。熟しきっていない唐辛子を使用しているが、辛みはしっかりと感じられる。タイ語で「ゲーンキャオワーン」と呼ばれ、ゲーンは汁物、キャオは緑、ワーンは甘いという意味。

ピラブカウ

■『ピラブカウ』
[住所]東京都豊島区池袋2-48-4 
[TEL]03-3988-8889 
[営業時間]11時半~24時(ランチ~14時半) 
[休日]無休 
[座席]テーブル席4席×11卓 計44席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし 
[アクセス]JR山手線ほか池袋駅北口から徒歩3分

電話番号 03-3988-8889
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
カレーの要であるスパイスをまとったご飯「ビリヤニ」は、スパイスカレーとはまた別次元の旨々メニュー! しかも最近、じわじわとファンが増殖中。注目&食べどきの、スパイスフード界のキラーメニューなのです!
巣ごもりの食生活で何かと便利なのがレトルト食品。中でも食べた満足感が特に高いのがカレーではないでしょうか。スーパーには多くの商品が並んでいますが、『おとなの週末』ではちょっとリッチな「無印良品」推し! 41種類から選んだ人気3品+1はコレだ。
ダシを使うことが多い大阪のスパイスカレー。だがこちらはあくまで現地の味にこだわる。
メニューの大半が南インド・ケララ州の料理というこちらの看板は、もちろんカレー。皿に副菜がのった「ミールス」で提供される。
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル