MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
江ノ島小屋|江ノ島を眼前に眺めながら、海の恵みをとことん堪能(海鮮料理/江ノ島)

江ノ島小屋|江ノ島を眼前に眺めながら、海の恵みをとことん堪能(海鮮料理/江ノ島)

江ノ島の対岸、片瀬橋のたもとにある一軒家の和食店が「江ノ島小屋」。朝8時に営業が始まると、地元民や釣り人たちが次々と店内へ吸い込まれていく。客の目当ては、ずばり“旨い魚”。[交]小田急線片瀬江ノ島駅から徒歩2分 ※ランチタイム有

江ノ島小屋(最寄駅:片瀬江ノ島駅)

片瀬漁港や相模湾産はもちろんだが、「とにかく美味しいモノを提供したい」と、あえて地元産に限定せず、オーナーが全国の漁港に出向いて魚を厳選。九州玄海灘や福岡県鐘崎港、石川県鹿渡島定置網の漁港から船上で神経締めされた鮮魚などが直送されてくる。これら旬の魚を様々な調理法で楽しめるコースは3500円~。漁師メシらしいボリューム満点の丼もあり、ファンが多い。 もともとこの場所は、漁師だったオーナーの父親が所有する網小屋だったという。モダンな店内には太い梁がそのまま残され、かすかに往時を偲ぶことができる。ウッドデッキのテラスから眺める江ノ島の風景もまた、昔のままだろうか。

週末限定コース
3500円(要予約、2名より)

内容は日により変わる。自慢の魚に加え、仏産シャラン鴨の藁焼きや地鶏の唐揚げなどこだわりの食材を使った美味の連続だ

本日の魚のフライ
時価※この日はカマス1260円

新鮮な魚をさっくりと揚げた。仕入れ次第でアジやサヨリも登場する

ホロホロ丼
1620円

魚の燻製のほぐし身に焦がしバター醤油がかかった人気の丼

江ノ島小屋

神奈川県藤沢市片瀬海岸2-20-12 ☎0466-29-5875 [営]8時~15時(14時半LO)、17時~22時(21時半LO) [休]第一火、第一水 [席]計50席/カード可/平日夜のみ予約可/サなし [交]小田急線片瀬江ノ島駅から徒歩2分 クルマ第3京浜〜横浜新道〜国道1号線・134号線で約2時間 ※ランチタイム有

電話番号 0466-29-5875
2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
まずは名物「貝の籠蒸し」をご覧あれ。日替わりで自慢の新鮮な貝を取り合わせ、豪快に蒸しあげた一品だ。
夜はサロマ湖の牡蠣、函館直送の寒ブリ、オホーツクのカニやジンギスカンといった北海道の食満載の料理店。だが昼の丼もまさしくザ・北海道! 
ほどよく脂をたたえた瑞々しい身の輝きから、間違いなしの旨さを確信する。刺身で食べても抜群の本マグロの中トロを、しゃぶしゃぶにするというのだから、なんとも贅沢。
カルパッチョが2段のスタンド仕立てで登場するなんて初体験だ。それも濃厚な甘エビからフレッシュオレンジを添えた真鯛まで、味も見栄えも華やかなあれこれに目がランラン&心ウキウキ。
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
305views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt