MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
【閉店】洗練された味わいで見た目もゴージャスな三ツ星マッサマン!(カレー/目白)

【閉店】洗練された味わいで見た目もゴージャスな三ツ星マッサマン!(カレー/目白)

サイアム ヘリテイジ』『サイアム セラドン』といった人気タイ料理店を経営する『ブルーセラドン』の新業態として2015年11月にオープン。“食べて美しくなる”をテーマにタイの産地から仕入れたハーブとフレッシュ野菜を使って、身体にいいタイ料理を提供する。※ランチタイムあり

※閉店※White Jasmine

「牛肉のマッサマンカレー」(1800円)はパイナップルの実をくり抜いた器が印象的。ひと口食べると最初は強い甘みを感じるが、しっかりしたコクがあり、奥行きのある味わいに感動する。柔らかく煮込まれた牛肉、甘みのあるホクホクしたジャガイモなど、細部まで手抜かりのない逸品だ。

牛肉のマッサマンカレー
1800円

具は牛肉、ジャガイモ、玉ねぎ、ピーナッツ。基本はディナーメニューだが、ピーク時でなければランチでもオーダーが可能。マッサマンカレーとも相性がいい黒米入りのジャスミンライスは、食べ具合にあわせておかわりをよそってくれる

茄子とチキンのグリーンカレー
昼1000円、夜1500円

チキン、ナス、ピーマンが入ったグリーンカレーは、後から辛さがじんわりこみ上げてくる一品

シーフードの玉子カレー炒め
1500円

イカ、エビ、ホタテ、カニの海の幸をふんだんに使ったひと皿で、なんとも豪華! 卵もふわふわの仕上がりで、生クリームをたらしたコクのある味わいにファンが多い。ランチのみ提供

※閉店※White Jasmine(最寄駅:目白駅)

東京都豊島区目白3-14-20 永長ビル1階 ☎03-6908-1944 [営]11時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO) [休]月 [席]テーブル席2席×3卓、4席×4卓 計22席/全席禁煙/予約可※ランチの場合は12時までに入店の場合のみ/カード可/サなし [交]JR山手線目白駅から徒歩1分

電話番号 03-6908-1944
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
お米屋さんが作ったフォー専門店だけあって、麺の食感がつるりと気持ちよく舌触りも抜群。化学調味料不使用のスープは上品で深い旨みをたたえ、後引く味わい。
この店のタイスキは、鶏ガラスープと4人前のてんこ盛り野菜が付いた基本セットに好きな具を追加するスタイル。具は牛肉、エビ、イカ、魚すり身団子、レバーなど全15種類で、すべて550円。
「生スーパータイサワー」は焼酎を使ったオリジナルフローズンドリンク。「パッポン(レモン)」はレモンの風味が爽やかな一杯だ。
夏にピッタリの刺激的な辛さ恵比寿や麻布十番に店を構えるタイ料理専門店「ブルーパパイア タイランド 」が、「京橋エドグラン」に出店。タイ人シェフらが作る料理は、まさに本場の味。
 ガード下に突如現れる、タイの屋台を彷彿とさせる店。開放的な雰囲気のなかで本場さながらの味わいが楽しめると評判だ。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
208views F&D 最新情報
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt