MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
スパイス際立つ三ツ星カレー!<後編>東京でおすすめ8店(カレー/東京)

スパイス際立つ三ツ星カレー!<後編>東京でおすすめ8店(カレー/東京)

刺激的な味わいがクセになる!辛いものもあれば、辛さよりも風味豊かなもの、日本人がアレンジした傑作も多い。スパイス際立つ三ツ星カレー!<後編>も引き続き、「これは旨い!」と太鼓判の東京都内の三ツ星カレーをご紹介しよう。エリア:湯島/自由が丘/中野/麻布十番/茅場町/新大塚/新宿 ※ランチタイム有

カレー Cloverの「くろーばーカレー」【湯島】

くろーばーカレー 800円

サラサラとしてスープのようなチキンカレー。玉ネギの旨みがしっかりと味わえる。店主のオススメは大辛。※カレーはすべてサラダ付き※写真は中辛

国産食材にこだわったカレーは、油分を極力まで省いておりサラリとしていて、二日酔いの時などにも滋味が染み入る至極のひと皿だ。 一度の仕込みに使う玉ネギは10㎏だが、じっくりと時間をかけて炒めると3.5㎏ほどになるのだそう。独自に配合したスパイスはホールのものを中心に、香りを引き出すタイミングの追求をはかっている。ご飯は200g、250g、300gから、辛さは「なし」から「大辛」までを無料で選択できるのもうれしい。ルウはたっぷりで「ミニカレー」は100円引き。

東京都台東区上野1-12-9 2階 ☎070-5015-5968 [営]11時半~14時半(14時15分LO)、17時半~21時(20時半LO) [休]日・祝 [席]カウンター4席、2席×2卓、4席×1卓 計12席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード不可/サなし [交]地下鉄千代田線湯島駅6番出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

カレー ★ スーパースターの「ダブルのせカレー」【自由が丘】

ダブルのせカレー 1400円

「スラキチカレー」は、ホタテ貝柱などの魚介ダシとジャージー牛乳のまろみなどが生きる、リピーター続出の品。「キーマカレー」は飴色に炒めた玉ネギが1個分ほど入る、肉と野菜、スパイスの旨みが存分に楽しめる逸品だ ※カレーはすべてサラダ、ヨーグルト付き

しっとり柔らかな大山どりの胸肉を使った「オリジナルチキン」、“スリランカ風カレー”、“キャベツ”、“チキン”の名称をとった「スラキチ」、鶏挽き肉とこだわりのトマトジュースを使った「キーマ」の3種類のカレーで勝負している。スパイスはすべてフレッシュなものを使用しており、自家製で煎り方、挽き方、投入のタイミング、気温なども考慮しながら全てを計算し尽くしたカレーを提供。米は五つ星お米マイスターによる厳選・精米された一等品。現在はつやつやで粒が大きめでカレーにピッタリという、あきたこまちを使用している。

東京都目黒区自由が丘2-12-12 2階 ☎070-3527-5588 [営]12時~14時半LO、18時~21時LO、土・日・祝12時~20時LO※売切れ次第終了 [休]火、第1水 [席]カウンター7席、2席×2卓、4席×1卓 計15席/全席禁煙/カード不可/サなし [交]東急東横線ほか自由が丘駅正面口から徒歩4分 ※ランチタイム有

スパイシーレストランアチャラ・ナータの「スリランカワンプレートミールス 」【中野】

スリランカワンプレートミールス 800円

写真左のカレーはチキンとポークから選べる。右の豆カレーは優しい甘みがありつつも、モルディブフィッシュの旨みを利かせている。この日のおかずは、モロッコインゲンとビーツのスパイス炒め、人参サンボール(和え物)。カトレットはスリランカのコロッケ

オーナーシェフの馬渕さんが現地を旅しながら、レストランのシェフや友人の母親から習得したという料理は、油ひかえめであっさり。さらにモルディブフィッシュというカツオ節によく似た食材を旨みの素として、カレーや炒め物に使用するため、日本人にも親しみやすい味なのだ。ローストしたスパイスで深い香りを持たせるのも特徴的。日替わりの野菜の炒め物、和え物、2種類のカレーなどがひと皿に盛り込まれた「スリランカワンプレートミールス」は、現地の素朴な家庭の味をそのまま再現しており、実にクセになる旨さなのだ。

東京都中野区中野2-27-14 丸萬ビル3階 ☎03-3381-3128 [営]11時半〜14時半LO、18時〜21時LO [休]火 [席]テーブル1席×2卓、2席×3卓、4席×1卓 計12席/全席禁煙/カード不可/夜のみ予約可/サなし [交]JR中央線ほか中野駅南口から徒歩3分 ※ランチタイム有

麻布十番 薬膳カレーby DINING BAR Hidden Loungeの「(昼)鶏と生姜の煮込み薬膳カレー(普)」【麻布十番】

(昼)鶏と生姜の煮込み薬膳カレー(普) 1000円

17種類のスパイスを使用し、カレーに合わせてスタータースパイスなどを使い分け。油分は肉の脂のみで、胃もたれしにくいカレーだ。米は店主の出身地・北海道の「ななつぼし」を使用。カレーのサイズは、昼は普通・大盛・特盛の3種類、夜はハーフが加わり4種類となる

行き着いたのは「体に良いのは当たり前」とし、その上で味の良さと国産素材にこだわった薬膳カレー。ルウは、炒めた玉ネギや肉などの素材を水分がなくなるまでじっくりと煮込み、旨みを凝縮したベースを使用。それを適宜、自家製薬膳スープで伸ばして使っている。昨年10月にカレーをバーデビューさせつつ、スパイスの種類や使い方などをさらに見直し続け、満を持して今年の2月からランチを開始。デビュー作「鶏と生姜の煮込み薬膳カレー」は、体がポカポカしてくるほど、たっぷりの生姜を使った一品だ。

東京都港区東麻布3-8-9 東麻布ビル地下1階 ☎03-5545-5838 [営]11時半~14時半(14時LO) [休]日・月 [席]カウンター7席、2席×1卓、4席×1卓、6席×1卓 計19席/昼のみ禁煙/夜のみ予約可/カード不可/ランチサなし、夜チャージ540円 [交]都営大江戸線麻布十番駅6番出口からすぐ ※ランチタイム有

カリーシュダの「鶏もも肉カリー」【茅場町】

鶏もも肉カリー 900円

久しぶりに食べてみると、ビビッドなスパイス使いは健在。いや、前よりさらに香りのエッジが立っているかも。オヤジさんの愛想がないのも変わってない(笑)。食後、店を出てからまた思い出した。そうそう、ここのカレーって油が控えめだから全然重くないんだっけ。清涼感すら感じるほどの胃の軽やかさなのだ。

東京都中央区新川1-9-9 ☎03-5541-3188 [営]11時半〜13時半 [休]土・日・祝 [交]茅場町駅3番出口から徒歩6分 ※ランチタイム有

カッチャルバッチャルの「荒挽きポークと玉子カレー」【新大塚】

荒挽きポークと玉子カレー 1000円

こちらの店主は日本人で、銀座の某有名店で修業してから渡印。現地で得た知識を元に開業した。料理はインド人シェフによるものとはちょっと違う。 スパイスを味わうカレーではなく、具材の味をスパイスによって引き出している感じ。素材をいかすことに長けた日本人的インド風カレーとでも言いましょうか。人気店になるのも納得だ。いつも予約で満席だけど、カレー好きなら絶対食べるべきカレーだと断言しよう。席がとれない場合はテイクアウトして、自宅で味わうという手もあり。

東京都豊島区南大塚3-2-10 林ビル2階 ☎03-5954-5551 [営]18時~24時(22時半LO) [休]日

curry 草枕の「なすチキン」【新宿】

なすチキン 850円

大学時代にカレー作りにハマり、海外を旅しながらスパイスを学んで店を開いたという「curry 草枕」の店主。サラッとしているがスープカレーではない。スパイスが利いているがインド風でもない。ここでしか食べられないオリジナルのカレーなのだ。すりおろした大量の玉ネギをベースにしたカレーは、小麦粉を使わないせいか、スパイスのキレをダイレクトに感じる仕上がり。取材をしたどのライターも太鼓判を押すというもの大いにうなずける。こちらも超人気店なので、行列覚悟でお出かけください。

東京都新宿区新宿2-4-9 中江ビル 2階 ☎03-5379-0790 [営]11時半~15時、18時~21時 [休]無休 [交]JR新宿駅から徒歩7分、東京メトロ 丸の内線・副都心線 新宿三丁目駅A1出口から徒歩3分、都営地下鉄 新宿線 新宿三丁目駅C5出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

たくあん牡丹亭の「キーマエッグドライカレー 」【新宿】

キーマエッグドライカレー 1080円

西新宿にある『たくあん牡丹亭』は、カレーを主体とする店ではない。和牛を使ったすき焼き・ステーキの店だ。ちなみに、夜は結構いいお値段します。コチラはスパイス感あふれるカレーではない。いただいた「キーマエッグドライカレー」は、炒めた玉ネギの甘み、挽き肉のコクがたっぷり。それを包み込むような、おだやかな香りと辛さがご飯に超絶合う! これぞまさしく“ニッポンのカレー”だ。なんでも女将さんの母親が信州でカレー屋を営んでいた時のレシピで今も作っているそう。老若男女に愛されるカレーとはこういうものを言うのでしょう。

東京都新宿区西新宿4-15-1 ☎03-5354-3071 [営]11時半~15時LO、17時~22時LO [休]無休 [交]都営大江戸線西新宿五丁目駅清水橋出口より徒歩5分 、東京メトロ丸の内線西新宿駅より徒歩7分 、山手線新宿駅西口より徒歩12分 ※ランチタイム有

2016年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
これほど男心をくすぐるメニューもそうはないハズだ。カツとカレー。かぐわしく食欲をそそり、パンチも十分。とんかつ店からビストロまで、男を誘う逸品を紹介する! 撮影/瀧澤晃一 取材/池田一郎
カツ丼と並び、とんかつをより魅惑的にするカツカレー。その歴史は意外に古く、元祖的な店がいくつかあるのをご存知だろうか?そこでカツカレーの歴史をひも解きながら、その味がいかに普及に貢献していったのかを大調査! 撮影/谷内啓樹 取材/編集部
カレーの魅力は無限大。つまりカレーはどんどん進化するメニュー。そんな進化し続けるカレーには、本格インドの味わいから、日本独自に生まれたミックス系のものまでさまざま。なかでも東京で注目されているカレー店をフィーチャーします!撮影/西崎進也、貝塚 隆(プラウマカレー、Blakes)  取材/岡本ジュン
新宿エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたカレー店をご紹介!老舗の「カツカレー」から人気店の「なすチキン カレー」まで!
本格とか、インド原理主義とかではなく、日本で歴史を刻んだ〈カレーライス〉は、もはや私達の国民食であり、かけがえのない宝物。これぞ名作と言わしめる、そんな至宝のカレーたちを徹底解剖します!
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
週替わりでひと工夫された魅力的な惣菜が並ぶデリカテッセン。「デリボックス」はテイクアウトで1080円~(イートインは1350円~)。
新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。
130views F&D 最新情報
明太子の名店、福岡の『やまや』が営む天ぷら店。全席に揚げたてが運ばれる博多スタイルを踏襲し、東京ではあまり見かけない鶏肉の天ぷらが食べられる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt