MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
TAP STAND(ビアバー/新宿)|個性派クラフトが22タップ! ビール好きが唸る店

TAP STAND(ビアバー/新宿)|個性派クラフトが22タップ! ビール好きが唸る店

クラフトビールの樽生を楽しむならTAP STANDにGO! 計22タップがズラリと並んだ店内はビール好きなら思わず小躍りしたくなる光景だ。

perm_media 《画像ギャラリー》TAP STAND(ビアバー/新宿)|個性派クラフトが22タップ! ビール好きが唸る店の画像をチェック! navigate_next

TAP STAND(最寄駅:新宿駅)

造り手から直接仕入れる国産と、品質が確かなものだけを見極めた海外品を、レア物も含めバランス良くラインナップしている。合わせる料理は自家製BBQソースのピザやローストポークなど気軽なアメリカン。味付けはビールの個性に負けないようちょっと濃いめでインパクトがあるようにしているのだとか。ビアイベントも随時開催しているので要チェック。

タップスBBQスペシャルPIZZA 
1500円

トッピングは自家製ベーコン、マッシュルーム、チェダーチーズなどボリュームたっぷり。430℃の高温で焼いた薄めの生地はパリッとした軽い食感でビールに合う。大量の玉ねぎを使ったBBQソースはコクのある甘さ。隠し味にビールを加えている。パクチーをふんだんに使ったピザも人気。

スモーク鶏モツ盛り合わせ
800円

ニンニクと醤油で味付けた鶏のハツ、塩味の砂肝などのつまみ。桜チップで燻製にしたスモーキーな香りがいい

ハニーベイクドローストポーク
1400円

パイナップルなどフルーツと一緒に漬け込んだ豚肩ロース。仕上げに蜂蜜を塗って焼き上げる

[その他のメニュー]オリジナルBBQチキンウイング500円、フライドベジタブル500円、豚モツのスタウト煮込み500円、ラム&パクチーPIZZA1400円、ブルドポーク&ハラペーニョPIZZA1400円など

TAP STAND

■『TAP STAND』
[住所]東京都新宿区新宿3-35-3 森治ビル1階
[TEL]03-3226-0566
[営業時間]15時~23時半(22時半LO)、日曜日・祝日:15時~23時(22時LO)
[休日]無休
[座席]カウンター10席、テーブル25席、スタンディング5名、計40席/全席禁煙/予約可/3000円以上カード可(VISA、masterのみ)/サなし
[アクセス]JR山手線ほか新宿駅東南口から徒歩3分

電話番号 03-3226-0566
2016年9月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「ビアバーというと洋食を出す店が多いですが、うちは国産クラフトビールを扱っているので、もっと身近な料理にしたかった」と田村さん。秋田出身ということもあり、メニューにはとんぶりと和えたサーモンをはじめ、山菜や漬物、野菜など地元産のものもラインナップ。
徹底管理のドラフトが自慢のビアホール。華やかな香りと甘み、後味に訪れるコクが魅力の限定醸造「アルト」をはじめ、計8種類を置いている。
タップが5つ。黒板に書かれた、その時々、セレクトされた樽生国産クラフトビール(一杯900円位~)が居心地のいい空間でのんびり楽しめる。
 3フロアで展開するクラフトビアバー&ボトルショップ。1階はクラフトビールの生8種類を立ち飲み&テーブルで、2階では国内外800種類以上のボトルを販売。
クラフトビール好きなら、カウンター奥のタップ数を見た瞬間にいい店だと感じるだろう。こちらは国産のクラフトビール17種類を生で提供。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル