MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
龍の巣(ホルモン/新宿三丁目)|大阪発!肉屋直営のホルモン屋が新宿に初出店!

龍の巣(ホルモン/新宿三丁目)|大阪発!肉屋直営のホルモン屋が新宿に初出店!

大阪から関東初出店「焼肉ホルモン 龍の巣」、使用するホルモンは国産牛のみで、問屋を介さず自社で仕入れてから、すぐさま店に直送することで、手頃な価格ととび切りの鮮度の良さを実現した。

perm_media 《画像ギャラリー》龍の巣(ホルモン/新宿三丁目)|大阪発!肉屋直営のホルモン屋が新宿に初出店!の画像をチェック! navigate_next

焼肉ホルモン 龍の巣 新宿三丁目店(最寄駅:新宿三丁目駅)

1頭丸ごと買い付けるため、「こぶくろ(子宮)」や「まめ(腎臓)」といった稀少な部位もメニューに並ぶ。その日のおすすめを盛り合わせた「ホルモン8種盛」は、食感や味わいの異なる部位を1切れずつ味わえる。シメには風味豊かなダシと、油かすにこだわった、大阪名物「かすうどん」を堪能したい。

ホルモン8種盛(2人前)
1944円

この日はレバー、ツラミ、センマイ、コブクロ、ウルテなど。炭火でサッと炙ってほおばれば、どれも臭みが一切なく上質なホルモンの底力をまざまざと見せつけられる。内容は仕入れにより変更する

大将たんづくし
1620円

リンパ部分でコリコリとした食感の「ゴロたん」、柔らかでジューシーな「厚切り」、タン先を使用する「薄切り」の3種類を盛り込み、食感と味わいの違いを愉しめる。塩ときざみワサビでさっぱりといただこう

名物ホルモン
518円

炙れば新鮮そのものの身がたちまちぷっくりと膨らみ、噛みしめればプリプリの食感と共に、甘みたっぷりの脂が口いっぱいにあふれてくる。訪れたらぜひ注文したい必食のひと皿だ

スタミナかすうどん
1058円

仕入れたばかりの牛の小腸を自社で加工した“油かす”がウマさの決め手。じっくり素揚げすることで旨みが凝縮し香ばしさが生まれる。カツオやサバ、アゴに加え鶏ガラからとる力強い風味のダシにさらなるコクをプラス。モチモチ食感のうどんと相性抜群。

焼肉ホルモン 龍の巣 新宿三丁目店

■『焼肉ホルモン 龍の巣 新宿三丁目店』
[住所]東京都新宿区新宿3-9-3 1階
[TEL]03-6273-0429
[営業時間]17時〜翌8時(翌7時半LO)
[休日]無休
[座席]カウンター6席、テーブル2席×1卓、4席×3卓、6席×3卓 計38席(他にテラス席あり)/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、焼き物注文の場合のみお通し代324円別
[アクセス]地下鉄副都心線ほか新宿三丁目駅C5出口から徒歩1分

電話番号 03-6273-0429
2016年9月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ぷるんつるんの姿が艶めかしいホルモン。刺しならばその美肌のまま堪能でき、網の上で焼けばバチッと音を立てながら湛えていく脂の甘みを満喫できる。果ては隅々まで食べ尽くすコース仕立ても。官能的なホルモンの世界へ誘う名店5選をご紹介!
プリップリの牛モツと麻婆豆腐が出合ったキセキのひと皿! 新鮮な国産ホルモンが自慢のキッチンストリートの繁盛店、もつ焼き酒場が生んだ名物メニューだ。
路地裏の名店とは、まさにこの店のこと。『ホルモン焼 柳』は超新鮮な国産ホルモンをウリに、20年間営業を続けてきた。
精肉店で10年働いた経験を持つ店主が厳選するホルモンを、多彩な料理で提供。良いもののみを仕入れるため欠品もあるが、本当に旨いものが並ぶ。
[もつやき ばん]のグルメ記事と写真のページ。レモンサワー初心者におすすめしたい“発祥の店”である。60年代、そのスタイルとネーミングはこの店がまだ中目黒にあったときに確立した。[交通アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩6分
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル