MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
注目キッチンアイテム・レポート(1) 超人気! パンが気持ちよく切れる「タダフサ]の パン切り包丁

注目キッチンアイテム・レポート(1) 超人気! パンが気持ちよく切れる「タダフサ]の パン切り包丁

“鍛冶の町”として知られる新潟県三条市で昭和23年に創業した包丁工房タダフサ。職人のハンドメイドによる本格派がそろう包丁のなかでも、とくに評判なのが、切れ味抜群のパン切り包丁だ。

[包丁工房タダフサ] パン切り包丁

パン切り包丁の概念を超えてパンがスパッと気持ちよく切れる!

“鍛冶の町”として知られる新潟県三条市で昭和23年に創業した包丁工房タダフサ。現在も伝統の技を継承する同社では、「基本の3本」と、料理の腕が上がったらそろえていきたい「次の1本」(4種)という、7本をシリーズ展開。職人のハンドメイドによる本格派がそろう包丁のなかでも、とくに評判なのが、切れ味抜群のパン切り包丁だ。
 パン切り包丁といえば一般的な、波刃でガリガリ切るタイプではないので、パンの切り口がとてもなめらかでパンくずもほとんど出ない。フランスパンのように表面が硬いパンも、先端の波刃で少しきっかけを作ることですんなり切れるし、サンドイッチなど柔らかい調理パンもつぶれることなくスッと刃が入っていく。従来の、全体が波刃のタイプでは困難だった研ぎ直しも容易で、シャープな切れ味が手入れ次第で一生続く。もちろん工房ならではのアフターサービス、職人による研ぎ直し(有料)も受け付けている。

波刃のパン切り包丁のようにガリガリこすって切る感じはなく、スパッと気持ちよく刃が入っていく感覚は、なんとも新鮮だ。

包丁の柄には、タダフサの特許である「抗菌炭化木」を使用。抗菌使用で痛みにくく、衛生的に使える。

包丁工房タダフサの、「基本3本」と「次の1本」(4種)の、全7本。左から、パン切り、万能170mm(三徳)、万能125mm(ペティ)、万能210mm(牛刀)、出刃150mm、出刃105mm(小出刃)、刺身。

包丁工房タダフサのパン切り包丁¥9,500(税別)
(※現在は人気のため売り切れの可能性があります)
株式会社タダフサ Tel.0256-32-2184

櫻井克彦(さくらいかつひこ)
 オーディオ専門誌やグッズ雑誌などで活躍する大人ライター。とくに家電に対する情報に強く、(決して得意ではないが…)料理の腕もそこそこ?。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
パナソニックから11月に発売される食器洗い乾燥機NP-TH1は、従来のデザインを見直し、庫内容量を16%アップ。昨年発売されたNP-TR9の43ℓに対し、50ℓに拡張。その使い勝手も進化しているのだ……。
 2004年に誕生した「ヘルシオ」は、300度以上に加熱した水蒸気で調理する家庭用ウォーターオーブンだ。代を重ねるごとに進化し、今夏発売された第14世代目のXW400は、食材表面に短時間で焦げ目をつけることができる「あぶり焼き機能」を搭載……。
内釜に伝統工芸品として名高い南部鉄器を使用する贅沢な逸品、極め炊きシリーズの最新モデルNW-A10が発売された。
 すき焼き鍋やダッチオーブンなどに使われる鉄鋳物。従来のものは厚みが4〜5mmもあり、分厚くて重く、普段の料理では扱いづらい素材だった。ところがこの魔法のフライパンは、鉄鋳物でありながら厚みはわずか1.5mmなのだ!
 高知県の竹虎は、創業明治27年。すでに120年以上の歴史をもつ竹材専業メーカーで、キッチン用品からインテリアまで幅広く手がける同社の人気アイテムが、大根おろしの鬼おろしだ。鋭く並んだ竹の刃が“鬼の歯”を連想させることから、この名で呼ばれている。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt