MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
撮り鉄の「食」の思い出(3) 会津鉄道、人気の駅長ネコとソースカツ丼の旅/2017年撮影

撮り鉄の「食」の思い出(3) 会津鉄道、人気の駅長ネコとソースカツ丼の旅/2017年撮影

会津鉄道の名物は「芦ノ牧温泉駅」の駅長ネコ、2代目駅長ネコになった「ラブ」長毛で愛くるしい姿で乗客を見送っています。そして、今回の旅の目的のひとつは「牛乳屋食堂のソースカツ丼」です……。

会津鉄道、人気の駅長ネコとソースカツ丼の旅/2017年撮影



 先日、テレビ番組の撮影に参加して会津鉄道に行ってきました。

 会津鉄道は福島県の西側、奥会津を走るローカル線です。2017年4月からは、東武鉄道の浅草駅から会津田島駅まで特急列車「リバティー会津」が1日4往復走る便利な路線になりました。

 山里の景色をのんびりと楽しめる会津鉄道です。茅葺の屋根の駅「湯野上温泉駅」には足湯があって旅の疲れを癒せます。足湯のあとは駅で甘酒がおすすめ。すごく濃い甘酒と漬物でほっとします。しかも値段が100円! おもてなし価格がうれしいです。


 会津鉄道の名物は「芦ノ牧温泉駅」の駅長ネコ、2代目駅長ネコになった「ラブ」長毛で愛くるしい姿で乗客を見送っています。ただし、そこは気まぐれなネコのこと。駅の奥で寝ていることもあって、見られるか否かは運次第。駅でくつろいで待ってください。

 今回の旅の目的のひとつは「牛乳屋食堂のソースカツ丼」。

 大正14年の鉄道開業とともに牛乳屋を初め、集まる人のために食堂を始めたという由緒あるお店で、遠くから食べに来る人もいて賑わっています。私も会津鉄道撮影の間に食べに行っています。人気メニューは半ラーメン+ミニカツ丼+小鉢+もちろん牛乳の牛乳屋ミニセット(1000円)、牛乳屋食堂を堪能できます。今回は駅弁の番組だったのでカツ丼弁当を作ってもらって列車へ。できたてでなくても、肉が柔らかく甘くてフルーティな酸味のあるソースがおいしい弁当でした。

 あと、取材中にこっそりと買ったのがお土産用のカツ丼ソースです。これは、継ぎ足して使っている店のソースを再現したもの。さすがに店の味と同じというわけではないのですが、自宅で使ってみると甘さや酸味のしっかりした味で、今日はがっつり食べたいというときにぴったり。クセになる味わいでした。

 会津鉄道の名物列車、お座敷車両とオープンな窓を持つトロッコ列車を連結した「お座トロ」で駅ネコとソースカツ丼を楽しんでください。

<会津鉄道>
栃木県の県境に近い会津高原尾瀬口駅と会津若松に近い西会津駅(会津若松まで乗り入れ)を結ぶ第3セクターのローカル鉄道。会津高原尾瀬口駅~会津田島駅間は電化されていて東武鉄道、野岩鉄道からの乗り入れの電車が走る。会津田島駅~西若松駅間は非電化でディーゼル車が走る。元はJR会津線で当時は西若松駅から会津滝ノ原駅(現在の会津高原尾瀬口駅)までの行き止まり路線だったが野岩鉄道開業によって東武鉄道と繋がった。

会津鉄道名物の「お座トロ」列車、休日を中心に運転。車窓からは渓谷やダムの風景を眺められる。

会津鉄道のアイドル、芦ノ牧温泉駅の2代目駅長ネコ「ラブ」、カメラで追い回すとかわいそうなので撮影禁止になっている。目に焼き付けよう!

湯野上温泉駅の甘酒、濃厚でおいしい。100円のおもてなし価格。

牛乳屋食堂のおかみさん! 明るく出迎えてくれる。

<牛乳屋食堂>
会津鉄道芦ノ牧温泉駅からすぐ
11:00~15:00、17:00~20:00 水曜定休
☎0242-92-2512
http://www.gyunyuya.jp/index.html

今回取材したソースカツ丼弁当。

半ラーメン+ミニカツ丼+小鉢+もちろん牛乳! 一番人気の牛乳屋ミニセット。

お土産用カツ丼ソースもおいしい。

佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”。初めて鉄道写真を撮った小学生のころから約50年。鉄道カメラマンなのに、列車に乗ると走るシーンを撮影しにくいので、撮影の8割はクルマで移動。そんなワケで1年のかなりの期間をクルマで生活しています。ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。

 主な著作に「富士鉄」(講談社)「新幹線ぴあ」(ぴあMOOK)「鉄道ムービー入門」(玄光社)「ひつじがすき」(山と溪谷社)など多数、映像集に「感動の美景鉄道」(MAXAM)「日本の新幹線・特急」(シンフォレスト)など、担当番組に「素晴らしき日本・鉄道の旅」(BS-TBS)など

このグルメ記事のライター
佐々倉実@まとメシ

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
近年、富山観光がクローズアップされたのは、なんといっても2015年の北陸新幹線金沢延伸のとき。東京駅から富山駅までは、最速2時間8分。  ということで今回は、東京から身近になった富山県の昆布締めのお話です。 「富山の人は、魚でも野菜でも、なんでも昆布締めにするから」というお話しをもとに、いろいろ調べてみました……。
初夏が近づいてくると行きたくなるのが富山県の鉄道です。 地元では「地鉄(ちてつ)」と呼ばれている富山地方鉄道。 沿線の風景も美しくて、平野を走る区間では立山連峰を眺めて走り、山に分け入れば渓谷も見ることができる観光鉄道でもあります……。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
土讃線は香川県の多度津駅から徳島県西部を経由して高知県の窪川駅を結ぶ路線。 このなかでも難所になっているのが徳島県の吉野川に沿う山間部で、特に険しく景勝地として知られているのが大歩危・小歩危(おおぼけ、こぼけ)です。 この区間では1997年から2017年までの20年間、風景を楽しむトロッコ列車が走っていました……。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
23views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt