MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
QINO'S Manhattan New York|肉や野菜を何層にも重ねた夢のサンドイッチ(サンドイッチ/茗荷谷)

QINO'S Manhattan New York|肉や野菜を何層にも重ねた夢のサンドイッチ(サンドイッチ/茗荷谷)

キノーズ マンハッタン ニューヨークは「食事としてのサンドイッチ」をコンセプトに食材・パン・ボリュームにこだわったサンドイッチ専門店。約25種類あるメニューの中でも、うずたかく積み上げられた量に度肝を抜かれるのが「アメリカンクラブハウスサンドイッチ」だ。[交]地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅から徒歩6分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》QINO'S Manhattan New York|肉や野菜を何層にも重ねた夢のサンドイッチ(サンドイッチ/茗荷谷)の画像をチェック! navigate_next

QINO'SManhattan New York(最寄駅:茗荷谷駅)

約25種類あるメニューの中でも、うずたかく積み上げられた量に度肝を抜かれるのが「アメリカンクラブハウスサンドイッチ」(2250円)だ。チキンやチーズなど7種の具を挟んでいるが、これが絶妙のバランス!パンは十穀を使った特注品で、程良い酸味と風味が、主役の食材を引き立てる。 定番の「ニューヨークルーベンサンドイッチ」(1750円)は塩漬けの牛肉に香辛料をまぶして燻製にした特製パストラミを何層にも重ね、チェダーチーズとザワークラウトを入れたスペシャルな組み合わせ。商品は地域や注文量に応じてデリバリーしてくれるのもうれしい。

アメリカンクラブハウスサンドイッチ
2250円

2つ重ねて運ばれてくるサンドは20㎝以上あろうかという迫力。チキンやベーコン、ゴーダチーズなどの具が入る。新鮮な野菜もたっぷり

ニューヨークルーベンサンドイッチ
1750円

パストラミは160gの迫力。しっかりとした肉の旨みだ

QINO'SManhattan New York

[住所]東京都文京区小石川4-21-2 [TEL]03-6231-5527 [営業時間]10時〜14時、土・日・祝 11時〜15時、デリバリーは6時〜19時(電話受付 平日:7時~17時半、土日祝:11時~19時半) [休日]無休(夏期・冬期・休業有) [座席]テーブル席、計17席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [アクセス]地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅から徒歩6分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6231-5527
2015年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
玉子サンドといえば、パン屋さん、スーパー、コンビニ、デパ地下など、ありとあらゆる場所で手に入るサンドイッチの代表格。にも関わらず、入手に苦労する玉子サンドがあるのだ。そのお店とは通称「玉子サンド研究所」。どれほどまでに苦労するのか、ライター菜々山が突撃!
2021年3月号の『おとなの週末』にて、東京で楽しめる「世界のパン」14カ国の味を食べ比べ! その中から、手軽に注文できて春のブランチにもぴったりのサンドイッチ3選をお届けします。
近所で働く人や住民が行き交う路地に漂う香ばしい匂い。焼鳥店?と思いきや、サンドイッチ専門店だった。
恵比寿にベトナムで親しまれている料理「バインミー」の専門店「EBISU BANH MI BAKERY(エビス バインミー ベーカリー)」がオープンした。マネージャーの片岡享さんとスタッフのトゥンさんが、ベトナム北部にある老舗ベーカリー店で2週間住み込み、本場の製パン法を習得。
あふれそうなくらい具の詰まったサンドイッチ。常時15種ほどが販売されており、そのどれもが、ダシ、味噌、醤油などを使用し、どこか懐かしさを感じる味付けだ。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル