MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
馬×牡蠣がたまらない グリコのポーズで乾杯を!(フレンチ/麻布十番)

馬×牡蠣がたまらない グリコのポーズで乾杯を!(フレンチ/麻布十番)

「一粒で300メートル!」のグリコの語源、グリコーゲンは、即効性のあるエネルギー源。そのグリコーゲンが牛肉の3倍という馬肉は疲れた体にぴったりだ。※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》馬×牡蠣がたまらない グリコのポーズで乾杯を!(フレンチ/麻布十番)の画像をチェック! navigate_next

マルシェデジュウバン(最寄駅:麻布十番駅)

そこで、熊本の赤身馬肉を牡蠣のコンフィと一緒にタルタルに、しかも大量のクレソンとともに食すこちらのひと皿をぜひ。ちなみに牡蠣もグリコーゲンやミネラルの宝庫。赤身タルタルの食感と牡蠣の潮気やミネラル感、ほどよくビネガーやピスタチオオイルも効いてワインにも合う〜。大人のビストロで密かに熱くなれ!

牡蠣と馬肉のタルタルとクレソン
1800円

馬肉はサシが極力ない赤身肉。牡蠣はオリーブオイルとニンニクでじっくりコンフィされている。自家製のビネグレットの味付けも◎

熟成黒毛和牛の炭火焼
3600円(150g)※ほかに200g、300g

黒毛和牛の上ミスジを炭火でじっくりグリル。食感とともに肉の旨みを堪能できる

〝クリスチャン・バラ〟の豚の血入り黒いテリーヌ
1350円

豚の血を使ったいわゆるブーダン・ノワール。テリーヌ仕立ては伝説のシェフ、クリスチャン・バラのスタイル

マルシェデジュウバン

東京都港区麻布十番1-6-4 ☎03-6434-0481 [営]18時〜23時(22時LO)、平日のみランチあり12時〜15時(14時半LO)(要予約) [休]日 [席]カウンター6席、テーブル10席、2階20席 全36席/全席禁煙/カード可/予約可/夜のみサ5% [交]都営大江戸線麻布十番駅7番出口から徒歩3分

電話番号 03-6434-0481
2016年9月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ノルマンディ地方の料理を得意とするフレンチレストラン。圧巻のテイクアウトメニューが150g超(!)のソテーを乗せたフォワグラ丼だ。
これぞ懐深き下町のフレンチ! と声高らかに言わせてください。腕を振るうのはその道43年のシェフの須藤さん、ソムリエは気さくな接客の篠田さん。
ひと口いただけば「実直」という言葉が浮かんでくる料理の数々は、素材が持つ味を生かしつつ、一つひとつ丁寧に手作りされている。自宅でこの上質な味を楽しめると好評なため、テイクアウトはしばらく続ける予定。
オープンキッチンの小粋なフレンチバール。サラダやマリネのタパスから、パテやテリーヌの前菜、コンフィやローストのメインまで、正統派フレンチが楽しめる。
市場では仔牛を産んだことのない未経産牛が最も価値が高いと言われている。が、果たしてそれは本物の旨さなのか? 
最新記事
20年前、私はひたすら世界を旅をしていました。南米から中米の旅を終えて、メキシコから国境を越え、いよいよ自由の国アメリカへ。テキサス州ヒューストンまでの夜行バスと図書館で遭遇した驚きのルールをご紹介します。
ハワイ名物から、オリジナルフードまで味わえるレストラン「ザ・アイランド」 1号店が12月2日、東京・銀座にオープンしました。現地定番の味や創意工夫を凝らしたメニューはもちろんのこと、ホテルのロビーのような洗練された店内も大きな魅力です。ゆったりとした時間が流れる優雅な空間で料理をいただけば、慌ただしい師走にあっても、南国ハワイにいるような自分だけのくつろいだ時間を送ることができるでしょう。
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
get_app
ダウンロードする
キャンセル