MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
二◯加屋長介|酒・肴・麺が旨い“トリプルスリー”なうどん居酒屋(居酒屋/薬院)

二◯加屋長介|酒・肴・麺が旨い“トリプルスリー”なうどん居酒屋(居酒屋/薬院)

多くの客で賑わう人気うどん居酒屋。専門店よりも高いクオリティを誇るうどんは、博多と讃岐の中間をいく、つるもち麺。※ランチタイム有

二◯加屋長介(最寄駅:薬院大通駅)

かけ、ぶっかけ、釜揚げなど様々なスタイルでいただける。カウンター席の頭上にあるメニューには料金が書かれておらず、一瞬不安になるが、これは必要に応じて料理の量を調整できるから。そもそも単価も安いため、むしろ良心的。土・日・祝は13時から開いているので、昼飲みに最適だ。

もつしょうゆつけうどん
950円

博多名物のもつ鍋をつけ麺スタイルで手軽に食べられる。新鮮なモツを使っており、プリッとした食感がたまらない。

雲仙ハムカツ
600円

一番人気のハムカツなど、いずれも酒が進む料理ばかりだ

鯨テキ
1100円

蒲鉾バター
450円

二◯加屋長介

福岡県福岡市中央区薬院3-7-1 ☎092-526-6500 [営]16時〜翌1時(24時LO)、土・日・祝13時〜翌1時(24時LO) [休]火 [席]計18席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交]地下鉄七隈線薬院大通駅から徒歩5分

電話番号 092-526-6500
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
赤と白、アナタはどちら?いえ紅白歌合戦ではありません、煮込みの味の種類のこと。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
巷では中国茶ブームだが、極上の烏龍茶でお茶割りを作ろうというのはナイスなアイデア! ここはそんなお茶割りの専門店。
小町通り脇の小路に佇むナチュラルワインと野菜料理の店。店主はレストランの厨房で働いた経験があり、サラダなど野菜の惣菜はもちろん、鶏レバームースや鴨のコンフィといった肉料理までレストランクオリティだ。
神保町の路地裏で、午後3時の開店から続々とお客さんがやって来る。しかも皆さんお勤め人風だから、昼飲みとはいえ雰囲気はなごやか。
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
夏本番を目前にした今。湿度や気温の高さに負けないよう、元気になれる食べ物をお取り寄せしませんか?夏バテ対策や食欲のないときにオススメな逸品揃いです!カレー、うなぎ、冷たい麺、ホルモンや肉、といった人気ジャンル別に、厳選してご紹介します!
204views お取り寄せ
江戸幕府第五代将軍・徳川綱吉に仕えた川越藩藩主・柳澤吉保による大名庭園。吉保自らが設計し、元禄15年(1702)に完成させた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt