MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
博多 水炊き専門 橙(鍋/大濠公園)|尻上がりにスープが美味しくなる先発完投型の“エース級”水炊き

博多 水炊き専門 橙(鍋/大濠公園)|尻上がりにスープが美味しくなる先発完投型の“エース級”水炊き

昼夜ともに予約がなかなかとれない人気店。福岡県近郊の新鮮な鶏をまるごと仕入れ、店舗で捌いて使用している。※ランチタイム有

博多 水炊き専門 橙(最寄駅:大濠公園駅)

鍋に入るモモ、スネ、ムネ、手羽は各部位ごとに適した時間で火入れ。黄金色に輝くスープにこれらを投入し、ポン酢でいただく。つみれ、野菜と具材が加わることでスープに甘みや旨みが増して、味に変化が生じる。鍋を作るのをはじめ、食べごろのタイミングで取り分けてくれるなど、接客の良さも秀逸だ。

水炊き
1人前2800円

水炊きはすべて店員さんが目の前で作り、取り分けも行ってくれる。スープそのものでも美味しいが、ポン酢や薬味を入れながら食べても美味。〆の雑炊は1人前300円、素麺は1人前200円。ぜひどちらかは食べてほしい

STEP1
まずはスープを

STEP2
鶏肉をいただく

STEP3
つみれをポン酢で

STEP4
野菜も一緒に

STEP5
〆は雑炊か素麺

お酒はビールはもちろん、ワイン、日本酒、焼酎を用意。特に自然派で揃えたワインがおすすめ。ボトルのみの提供で、赤が3600円〜、白が3500円〜。日本酒は福岡をはじめ、各地のこだわりの酒をグラスで600円〜提供している

博多 水炊き専門 橙

■『博多 水炊き専門 橙』
[住所]福岡県福岡市中央区大手門1-8-14
[TEL]092-726-0012 
[営業時間]12時〜22時(20時半最終入店、21時半LO) 
[休日]日曜日(月曜日が祝日の場合は、日曜日は営業で翌月曜日が休み) 
[座席]計74席/全席禁煙/予約可/カード可/お通し代300円 
[アクセス]地下鉄一号線大濠公園駅4番出口から徒歩5分

電話番号 092-726-0012
2016年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
福岡市高砂エリアの居酒屋[相撲茶屋 大塚] のおすすめメニューのグルメ記事と写真。福岡場所の力士たちのお目当てのひとつが、あら(くえ)鍋。こちらのあらシャブは、身が厚く、食べ応えがあり、旨みがしっかり。[交通アクセス]地下鉄七隈線渡辺通駅2番出口から徒歩6分、西鉄天神大牟田線薬院駅中央出口から徒歩7分
 佐賀産の赤鷄から丁寧にとった白濁スープは、旨みたっぷり。これに、鶏ミンチや野菜を加えていくごとに、ふくよかな味わいが増す。
両国のちゃんこ鍋「割烹 吉葉」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。第43代横綱・吉葉山に由来する割烹・吉葉。旧宮城野部屋の姿がそのまま残る珍しい店だ。[住所]東京都墨田区横網2-14-5
4753views 両国グルメ
 鶏肉を使ったすき焼き「ひきずり鍋」が名物。鶏肉は地元の奥三河鶏をはじめ、全国から厳選。
東京軍鶏と比内地鶏の鶏ガラ100羽分を、厳選した鹿児島の天然水でじっくりと炊いた水炊き。余計な脂が徹底して除去されているので、一見濃厚なのに、味わいはとてもスッキリ。
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
194views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt